ゼアノート単語

ゼアノート
2.4千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ゼアノートとは、「キングダムハーツシリーズに登場するキャラクターであり、ある意味、すべての物語の始まりを作った人物である。非常にややこしい経緯があり、シリーズ中、ゼアノートと呼ばれるキャラクターは複数存在するが、根幹はただ一人である。

また、キングダム ハーツIIIまでの作品はゼアノートを中心とした作品で、前述したややこしさ故に大体この人の行動や設定が理解できれば話の半分以上は理解できる程度には重要度が高い。

マスター・ゼアノート

日本語CV大塚周夫(3Dまで)→大塚明夫(III)

キーブレードマスターの一人。イェンシッド、エラクゥスらと共に修行を積み、「キーブレード使いの役の守護者として、世界を陰ながら見守ること」という教えに疑問を抱き、師に黙って一人で世界を巡っているような人物であった。その過程で闇のを体得し、と闇の均衡あってこそ世界は保たれるという思想を抱く。

その結果、エラクゥスと意見を対立させて流浪の身となるが、そこで少年の頃より見た世界の果て、いまだ何者もたどり着けていない世界に到達するという原点を思い出し、キーブレード戦争再来によってキングダムハーツを生み出し、それによって自ら新しい世界創造しようと志す。

そのために老いて脆弱な自らの体を捨て、若く強い他者の体を手に入れようと行動を始める。そこでヴェントゥスと運命的な出会いを果たして子にしたが、あまりにも優しすぎたために自らの体とはせず、別の的のために活用しようとしたが失敗し、ヴェントゥスの心を壊してしまう結果に終わる。

だが、全にの心が消えていないことを知るとエラクゥスの元を訪れ、ヴェントゥスを預けた。その際、エラクゥスの子テラの闇の資質に気づき、彼の体を奪うことを計画するようになる。

テラ=ゼアノート

日本語CV大塚明夫

シリーズ上で最初に「ゼアノート」と呼ばれたキャラクター。テラの体を乗っ取ったまではよかったが、アクア戦闘になった結果、記憶喪失状態に陥ってしまい、レイディアントガーデンで倒れていたところを賢者アンセムに救われ、その後は子として研究者となった。

人をえたほどに優秀であると賢者アンセムは評しており、六人の子の中で一番最後に子になったにもかかわらず、一番子として扱われるほどであった。心の闇を探る実験の被験者に立補し、賢者アンセム記憶を取り戻す一助となればいいと実験の対とした。

しかし、それがキッカケとなってゼアノートは心の研究に魅了されていき、賢者アンセム以上に心の闇の研究にのめり込んでいき、他の五人の子たちと共に人体実験すら行うことをためらわなくなっていき、賢者アンセム研究を禁止されると、ゼアノートは賢者アンセム異世界に追放し、師の名を奪ってまで研究を続行した。

やがて、心の闇の深淵を解き明かすためには体はもろすぎるものと考え、自ら心を解き放ち、ハートレスとなる。しかしハートレスになったにもかかわらず、他のハートレスと異なり、人を保ち以前の記憶も保持していたことは彼自身にもであった。

このハートレスになった存在が「闇の探アンセム」であり、残された体がノーバディとしての自を持って「ゼムナス」として名乗り独自に行動をするようになる。

絶対ではないが「ゼアノート」というとこのキャラすことが多いが、マスター・ゼアノートを区別をして「テラノート」と呼ばれる事も多い。

ヤング・ゼアノート

日本語CV宮野真守(BbS)→奥田隆仁(3D~)

故郷の世界から立つ寸前のゼアノート。しかし未来のゼアノートから時間をえる干渉を受け、闇のを使いこなし、継承の儀をしていないにもかかわらずキーブレードも操る。

時間移動によって一番先の時代をも見てきているためか、常に落ち着き払っている描写が多い。

テラ=ゼアノート同様、マスター・ゼアノートとの区別から、「若ノート」と呼ばれる事も。

また、回想で出ている若きエラクゥスと共にいる時代のゼアノートのことをソラ達と出会う眼が色で闇に堕ちているような状態の「若ノート」と区別するために「チェスノート」と呼ばれることもある。

真XIII機関

キーブレード戦争再来させるためには13人の闇の探者が必要があるとして、ヤング・ゼアノートが時を回りながらそれぞれの時代から一番先のマスター・ゼアノートの時代に集結させた13人のゼアノートたち。
といっても、ここでいうゼアノートとは「ゼアノートから強い心のを受けた」という意味であり、本当の意味で同一人物と言えるのは半数弱で、しかも旧XIII機関メンバーも多い(元々ゼムナスが自分の器補として集めたのだから当然だが)。

XIII機関メンバー

-マスター・ゼアノート(一番先の時代のゼアノート。オリジナル
-闇の探アンセム(ゼアノートのハートレス
-ゼムナス(ゼアノートのノーバディ)
-ヤング・ゼアノート(マスター・ゼアノートの若い頃)
-テラ=ゼアノート(テラの体を乗っ取ったゼアノート)

-ヴァニタス(ゼアノートのヴェントゥスの闇)
-ダークリク(闇の探アンセムに乗っ取られていた頃のリクのレブリカ)
-シグバールXIII機関メンバー2,ゼアノートとは一番付き合いが長い
-サイクXIII機関メンバー7,元ゼムナスの副官
-ルクソードXIII機関メンバー10
-マールーシャXIII機関メンバー11
-ラクシーXIII機関メンバー12
-シオンXIII機関メンバー14

補欠
-ヴィクセンXIII機関メンバー4
-デミックスXIII機関メンバー9

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BC%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゼアノート

1 ななしのよっしん
2021/03/18(木) 10:07:18 ID: HYoCZ4b0AH
ようべつの考察を出してる動画ではヤングゼアノートは途中眼の色が変わってる事を摘されてたけど、あれは何かの伏線か、それとも単なる作成過程の見落としミスか…

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

バルガ 国の借金 黒夜叉