ゼロムス単語

ゼロムス

ゼロムスとは、ファイナルファンタジー4に登場するモンスターである。

ゼロムス

概要

ファイナルファンタジー4で登場するラスボス。ゼムスがゴルベーザフースーヤの手によって倒された際に憎しみを増幅させ、その魂を『暗黒物質』としてらせた姿である。の正体を現す前に『ぬすむ』をするとダークマターを盗むことが出来る。ゴルベーザフースーヤはゼロムスに対してメテオを放つが吸収されてしまい、さらにクリスタルゴルベーザでは扱えなかったため、メテオで二人は倒される。その後、セシルが持つクリスタルを引き出し、の正体を現すこととなった。あまり知られていないが、ゼロムスがの正体を現す前は何もしてこないため、補助し放題とも思える。だが、実際のところディスペルとほぼ同等の行動をとっているため、戦う前に補助は実質できない。

ゼムス

ファイナルファンタジー4ストーリーでの黒幕である。ゴルベーザを操っていた本人であり、眠りに付くことを拒み、人間を根絶やしにして月の民の新たなにしようと計画した。その刺客として放ったのがゴルベーザである。なお、その計画はセシル達の手によってあっけなく阻止、さらにゴルベーザの呪縛も解かれてしまう。最終的にゴルベーザフースーヤWメテオによって体は滅ぼされてしまう。しかし、魂は不滅という台詞を残しており、実際その直後にゼロムスとして復活を成し遂げている。彼の存在についてはフースーヤに話を聞くまで一切出てこない上、台詞も全然なかったがために実際何がしたかったのかがよくわからないキャラクターでもある。どことなくファイナルファンタジー3に登場する魔王ザンデと似ている。

強さについて

よくも悪くも、FFシリーズラスボスの中ではかなりシンプルな技構成である。筆頭すべき部分はやはり『ビッグバーン』だ。からくりを知らない人はビッグバーンごりごり削られ、回復に専念していたらバイオなどで削られ、またビッグバーン無限ループにはまっていることが多い。何故かピンチになるとビッグバーンより脅威ではないメテオに行動をシフトするため、メテオを使ってくる頃にはだいたい勝てる。

この最終決戦ではリディアはほとんどお荷物に近く、特定の状況下でしか活躍できなかったりと大体悲しみを背負う立場にいる。普通ストーリーを進めて挑んだ場合、ビッグバーンに耐えることすら厳しい。

ゼロムスの攻撃パターン物理攻撃は存在しないので、防御は底上げする必要性はない。またバトルスピードを1にすると、ゲーム難易度ががらりと変わるので、それも一である。

初見で戦うボスとしてはかなり強い部類に入っており、実際ビッグバーンのせいで涙を見たプレイヤーは多いと思われる。なお、HPは約65,000に設定されているが、実際は一度全回復しているため、12万か13万少し削らなければ倒せない。

大抵最後まで立っているのはセシルローザジャンプでうまく避けているカインの三人であることが多い。物理攻撃が全くないことを逆手にとってリボンや守りの指輪魔法防御及び回避に特化すれば割と生存率は上がる。

ダークマターを盗むとビッグバーンダメージが減らせるという話が出回っているが、全く効果はダメージが減るのは内部計算の処理による差違である。
FF4には魔法攻撃回数というものがあり、これが何回ヒットしたかによって魔と合わせて魔法ダメージの算出がされる。ビッグバーン魔法攻撃回数は10回だが、ビッグバーンを撃つ直前にカウンターフレアを発動させておくとこれが6回に減る。更に魔フレア時には低下している。そのためこれを利用した一人旅での撃破にはこれが使われている。
ただし召喚魔法に対するカウンターバイオは逆に魔法攻撃回数共に増加しているため下手すると全滅する恐れがある。

ちなみにDS版でのビッグバーンは防御することにより普通に生き延びる事ができる。ただし発狂メテオがスゴい事になっている…のだが、悪化した難易度をここまできたプレイヤーの前では『ああお前もか…』程度にしか感じられないだろう。

ちょっとした豆知識

どういうわけかイージータイプ版だと、を装備した々しい姿をしている。本家FF4ではミジンコと呼ばれるような容姿をしている。何故か女性が内蔵されている。GBA版でゼロムス:EGと言う名前で登場している。

このゼロムス:EG、GBA版この追加されたダンジョンの最部に存在し、HPだけでも20万はあるというスペックを見てもどこがイージーなのかというバケモノであるが、ここにたどり着くまでに乗り越えた試練で得た義の書を使うと義の書の種類・組み合わせだと一気に難易度が下がる。その弱体化は中に現れるブラキオレイオスの方が強いんじゃないのかと思えるほどである。ただし、義の書を使わないで戦いに臨むとやはり強敵である事には変わりはない。

ちなみにFF4イージータイプでは石化攻撃も持っていたが、ゼロムス:EGとして再登場した際は何故かその削除されている。

FF12

FF12では、闇の異形者(召喚獣)として登場している。異名は「断罪の暴君

イヴァリース世界々(オキューリア)によって作られた異形者の一体であり、イヴァリースにおける裁判官のような役割を果たしていた。法を破るものに対してその深い憎しみ暗黒物質へと変化させ、罪人を闇の底へと堕とし断罪していた。しかし、いつしか法の遵守よりも断罪そのものを重視するようになり、法破りを断罪をしていくにつれて憎しみに染まっていった。ついにはその憎しみ々に向いてしまい、反旗を翻すこととなった。「憎しみ」「暗黒物質」といった点が、FF4と共通している。

固有技は「滅丸」と「ビッグバン(「ビッグバーン」ではない)」。いずれの技もダメージ計算が特殊で、(ゼロムスの最大HP)-(ゼロムスの現在HP)によって決まる。言い換えればゼロムスの残りHPが低ければ低いほど、火力が上がっていくことになる。そのためゼロムスを使いこなそうとすると、召喚者が役になったりといったチームプレイが必然的にめられる。

代表的な台詞

グ…ズ…ギャアアアム!!!!

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%A0%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゼロムス

39 ななしのよっしん
2016/10/12(水) 21:11:23 ID: ohj/QaDaUu
FF12及びイヴァリース世界じゃ何と
不遇星座と呼ばれまくる蟹座ルカヴィとして登場。
蟹座生まれを救った・・のか・・・?
40 ななしのよっしん
2017/06/01(木) 23:23:15 ID: E3WZU3mMAQ
ゼムス含めてほぼミルなんとかペプシマンと同レベルのポッと出ラスボスなんだよな...
41 ななしのよっしん
2017/10/03(火) 15:26:05 ID: +iMy0v2SSh
存在自体は少しずつだが匂わされてるのにペプシみたいな現(もう一方の前作の現の闇のくらくも至っては差がひどすぎてもう言うまい)と同レベルミルドラレベル存在感しか出せなかったのが悪い
まあ変身後がネオ先生同様別人レベルとはいえ強いのがミルドラとの最大の違いで救いだな(プレイヤーにとっては絶望だが)
42 ななしのよっしん
2018/02/04(日) 06:54:53 ID: ZGDeG6R/fX
リンゴリディアドーピングしまくってHP6000近く上げてたから
ビックバン耐えるの余裕だったわw
(ほかのキャラもだいたいそれくらいはHPあったし)
むしろエッジの方が死にまくってたから放置だった。
カウンターも気にせず魔法ぶっ放して攻撃しまくってたから、
そんなに苦戦もしなかったなあ。
43 ななしのよっしん
2018/02/13(火) 13:27:21 ID: Cwc9An7SX6
線を濃いでくっきり描いてたりグラデの諧調があまり多くなかったりで
まだV以降とべてドットの描きこみの緻密さは控えめだが、
さすがラスボスだけあって他の敵やボスべて
描き込みの気合の入りっぷりが明らかに違うな。
44 ななしのよっしん
2018/04/09(月) 11:30:46 ID: wQRjwqjKMZ
BGM最後の戦い」と疾走する背景が相まって滅格好いいラスボス
プレイ当時はそれを楽しむ余裕もかったが
45 ななしのよっしん
2018/07/06(金) 18:59:04 ID: Prn46Ygqfn
>>41
日本語でおk
46 ななしのよっしん
2018/07/20(金) 00:42:17 ID: m72RTnhcng
ミジンコ天野が間に合わなくて天野以外のかさんが間に合わせで描いたもの。
イージー版のゼロムス天野が描いたもの。

と、聞いたことがあるが本当かね。
47 ななしのよっしん
2018/07/20(金) 21:59:20 ID: vfZFXVomkz
>>44
FF5最後の戦いも良かったわ
48 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 02:51:02 ID: Oe9Y+f1FaT
なかやまきんにく~ん

急上昇ワード