ゼンちゃんツーちゃん単語

ゼンチャンツーチャン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ゼンちゃんツーちゃんとは、プロトタイプ星の子ポロン時報映画社制作したテレビ及び劇場版アニメである。

概要

星の子ポロン』を制作した時報映画社による交通安全アニメ1969年ごろから放送開始したと思われるテレビアニメ版と1971年制作された16ミリフィルム版が存在する。後者TV版の再編集版とされ、『ツーちゃんと一緒に見よう』という姉妹作も存在する。

ポロン』や『ガンとゴン』発掘のきっかけであるTVアニメ25年史』などのデータベースにも載っていない作品で、当初は同作のファンからも存在は認知されていなかった。その後時報映画社に関する調が進むうち本作の存在が明らかになった。

あらすじ

子供たちの夢をマンガ世界に引込みながら現代の複雑な交通問題や標などを、やさしく具体的に教える交通漫画映画

出典 : 教育機器・教材総合昭和49年

ポロン』と同様の交通安全教育アニメで、ルール違反やトラブル主人公・ゼンちゃんの呪文や突飛なアイデアで解決していくカオスな展開が特徴。ちなみに制作時期はポロンよりも以前である。

劇場版の一話は2分程度で本放送時は5分帯で2話放送だったと見られる。また回の最初と最後に実写映像を用いた解説パートがあるのが特徴。

登場人物

(CV:野沢雅子)

本作の主人公で、黄色帽子を被った少年。交通ルールを守らない子供たちの前に現れ、「ダリベツダリベツスルーリー」という呪文と共にから発せられるビームで問題を解決する。

同社の鬼畜ヒーローことポロンちゃんとは違って行き過ぎた制裁をすることはないが、アップで映されるドヤ顔や「みんなはダリベツダリベツを使えないでしょ?」といったの自慢からウザさがにじみ出ている。声優も同じことからおそらくポロンちゃんの元祖である。

ツーちゃん

『ゼンちゃんツーちゃん』の一部回と『ツーちゃんと一緒に見よう』に登場する女の子。なおゼンちゃんと一緒に出演するところは現在確認されていない。

彼女はダリベツを使うことができない代わりに様々な方法で事件を解決するのだが、その手段が交通局や特殊ゴム研究所といったの組織のコネだったり、黄色い旗をナイフ投げのごとく地面に突き刺す技だったりとぶっ飛んでいる。時報映画作品最強キャラでは?という説もある。

関連動画

現在テレビ放送版は未発掘、劇場版大人の事情映像開は困難実際に鑑賞した有志の手によって再現された動画投稿されている。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%83%84%E3%83%BC%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゼンちゃんツーちゃん

1
2019/07/01(月) 10:44:48 ID: W3035EaYi2

急上昇ワード

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

総統閣下シリーズ DYNAMIC CHORD 神之塔 加賀美ハヤト AGRS 杉田智和 大蛇丸の人 桜色