ソウルキャリバー単語

ソウルキャリバー
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ソウルキャリバー』 (SOULCALIBUR) とは、バンダイナムコゲームス(旧ナムコ)から発売されている3D格闘ゲームである。

概要

ナムコ(現バンダイナムコゲームス)が1996年アーケードとして発売した『ソウルエッジ』の続編『ソウルキャリバー』から続く一連のシリーズである。ソウルエッジを含めて『ソウルシリーズ』とも呼ばれている。

人間の魂を喰らう邪ソウルエッジ」とソウルエッジを破壊するための霊ソウルキャリバー」を巡り、籍も人種も違う様々な個性豊かな登場人物たちが己の獲物と技を尽くして戦う3D武器格闘アクションゲーム日本のみならず世界的な人気を誇り、シリーズ累計1100万本(2011年現在)を出荷している人気シリーズである。また、劇を題材とした3D格ゲーとしては一といってもいい作品である。

ゲームとしての特徴は、ナムコの高い3DCG技術を活かした美麗グラフィックと壮大な楽曲、そして「8WAY-RUN」という行きある移動システムとそれを軸とした攻防の独自性などが挙げられる。また、操作性においても複雑なコマンドを有する技が少ないため素人でも簡単に技を繰り出すことができ、まさにチャンバラをやるように手軽に操作できることも特徴の一つ。また、『ソウルキャリバーIII』からはキャラクターを独自に作成するモードキャラクタークリエーションモード)が追加され、大きな反を呼んだ。続編の『IV』にも引き継がれ、シリーズの新たな魅になっており、それを使って作成したキャラクター動画が幾つか挙げられている。初期においてはまじめな(?)剣劇アクションゲームであったが、徐々に女性キャラの露出度が増えるなどのセクシー路線が強調されていった。それにより、良くも悪くも「お色気アクションゲーム」の地位を確立した(してしまった)ともいえる。

ゲーム舞台は16世紀の世界各地。時折オリジナルが登場する以外はほとんど歴史に忠実なのが特徴。また、登場キャラクター日本人をはじめとして、ヨーロッパ東南アジア、果てはゴーレムやらリザードマンやら首だけフクロウ人間まで様々な人種キャラクターが登場し、その全てに詳細な設定がなされている。また、一部例外を除けば、どのキャラクターも固有の武器を所持しており、よりキャラクターとしての個性を際立たせている。特に御剣四郎、ジークフリートソフィーティアなどといったキャラクター人気は高い。

他社からゲストキャラクターが参戦する事が時々あり、当時現役だった3ハードすべてで発売された『ソウルキャリバーII』には鉄拳シリーズより「三島平八」(PS2)、ゼルダの伝説より「リンク」(GC)、アメコミから「スポーン」(Xbox)が、さらにスポーン原作者がデザインしたキャラクター「ネクリッド」も参加。『ソウルキャリバー』にはスターウォーズから「ダース・ベイダー」、「ヨーダ」、「アプレンティス」が参戦している。『ソウルキャリバーV』にも、アサシンクリードシリーズより「エツィオ・アウディトーレ」が参戦(時系列は『ブラザーフッド』相当)、また本人はいないがクリエイションの流としてデビル仁の流が登場する。『ソウルキャリバーⅥ』ではウィッチャー3から「ゲラルト」が参戦し、シーズン1のDLCではNieR:Automataより「2B」が、さらにシーズン2DLCではサムライスピリッツより「覇王丸」が参戦している。さらに2B覇王丸ゲストキャラクターであるにも関わらずキャラクタークリエイションによるカスタムまで可(ゲラルトは不可)また、格闘ゲームではないがWiiの『ソウルキャリバー レジェンズ』には「ロイド・アーヴィング」が八頭身で出演している。

2012年PS3Xbox360マルチラットフォームで発売された『ソウルキャリバーV』では『IV』から17年後を舞台に、ソフィーティア息子パトロクロス主人公とした物語が紡がれる。これに伴って御剣アイヴィーなどの一部を除き使用キャラクターは大幅に一新された。

2018年PS4Xbox360Steamマルチラットフォームで発売された『ソウルキャリバーVI』は「リブート」をコンセプトにしており、『ソウルキャリバーV』の続編ではなく『ソウルキャリバー』の再構成となっており、Vの時点で故人となっているソフィーティアなどのキャラクターが再登場している。

ゲームシステム

8方向キーとA・B・K・Gの4つのボタンを使用する。ボタン配置はそれぞれ「横り」、「縦り」、「キック」、「ガード」となっており、方向キーと組み合わせるだけで多な技を繰り出すことができる。特に、技の入に関しては簡易化されており、昇コマンド技すら持ってないキャラクターも存在するほど。これらの技を使うことで、相手の体を0にするか、ステージの場外へとリングアウトさせるか、時間切れの際に体が勝っていれば勝利となる。

また、『II』からは横り・縦り・8WAY-RUNの間に、「横りは8WAY-RUNに強く、縦りは横りに強く、そして8WAY-RUNは縦りに強い」という三すくみ関係が導入され、より直観的で自由度の高い操作性を実現している。

Ⅴからはゲージシステムが導入され、溜まったゲージに応じて通常よりも強な技を繰り出すことができるようになった。ゲージは最大2本まで一度に溜めることができ、1/2本で通常技の強化技となるブレイブエッジ(BE)と相手の攻撃をはじき返すガードインパクト(GI)、1本で必殺技であるクリティカルエッジ(CE)を使うことができる。

VIではソウルチャージ(SC)がゲージを一本使用することで攻撃アップ・チャージ中専用技を使えるようになるなどの時限強化技となった。また、シーズン2よりゲージを一本使用することで相手に攻撃をしかけつつSC状態に移行するソウルアタック(SA)が追加された。

横斬り

Aボタンで出す技。その名の通り、武器を横に振るう攻撃が多く、8WAY-RUNで軸移動している相手にも当てやすい。反面、出が遅く威の低い技が多く、に牽制として使用するのに向いている。

縦斬り

Bボタンで出す技。その名の通り、武器を縦に振るう攻撃が多く、出が速くて威の高い技が多い。一方で、攻撃範囲は直線状なため、8WAY-RUNで簡単に避けることができる。

8WAY-RUN

方向キーを入することで、画面方向、手前方向を含む8方向への任意の距離での自由な移動を実現しており、システム上これを8WAY-RUNと呼んでいる。移動によって相手の側面を取ることや攻撃の回避が可となるだけでなく、移動中には各キャラ固有の技が用意され、今までの格ゲーにはなかった立体的な駆け引きを実現している。

作品一覧

主なキャラクター

歴代ゲストキャラクター

関連動画

関連マイリスト

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ソウルキャリバー

314 ななしのよっしん
2021/01/02(土) 16:24:19 ID: v7/P9p7pxl
連投になるけど、皆よく使うキャラ・流は?

は不動のジークに、スタイリッシュキャラクリ着替えさせ甲斐のある2B、特殊システムが分かりやすいカサンドラ
315 ななしのよっしん
2021/01/03(日) 08:03:50 ID: Uc//aV8Ply
技が覚えやすくコンボ頼りじゃないアスタロスかな
316 ななしのよっしん
2021/01/12(火) 23:21:17 ID: /axy+ONWJF
DLCキャラクリパーツってエッチなやつある?
317 ななしのよっしん
2021/01/19(火) 10:57:12 ID: v7/P9p7pxl
エロさに何をめているのかはともかく
フェティシズムなら2Bスカート衣装とか、露出ならアイヴィばりのとかあるよ
318 ななしのよっしん
2021/02/02(火) 02:01:42 ID: Uc//aV8Ply
公式の要望フォーラム閉鎖
319 ななしのよっしん
2021/02/15(月) 23:05:43 ID: r5Ndoy24Qm
かつてのタキのドスではなく、女らしさの薄い少年のような覇気と気迫のあるって良いと思うんだけど、他に思いつかないんだよな。

声優を戻さない前提であれが出来る人となるとがいるだろう……朴璐美?いや、まだが高すぎるか?
320 ななしのよっしん
2021/04/23(金) 07:38:49 ID: Uc//aV8Ply
公式ツイッターキャラ紹介ばかりに留まってアプデの情報い、pは鉄拳の売上には触れてソウルキャリバーの売上には触れない、メーカー連合会の参加作品に含まれていたけど既存Tシャツの宣伝のみ、ゲスト参戦した覇王丸がいるサムスピシーズン3展開に加えてギルティコラボが控えてる。

これでホントに7出るのか?
321 ななしのよっしん
2021/04/30(金) 23:53:36 ID: D5PyHBCEHC
が喋れないのは骸差別ではありませんか?
322 ななしのよっしん
2021/04/30(金) 23:55:03 ID: QX6n74yeNU
>>321
ポリコレ案件だな
323 ななしのよっしん
2021/05/04(火) 21:31:32 ID: +wUwjrczU5
昔、リンクを動かしたくてをやった思い出。