ソウルブレイダー単語

ソウルブレイダー
4.2千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

ソウルブレイダーとは、クインテットが開発し、旧エニックスが発売したスーパーファミコンARPGである。発売は1992年1月31日

ガイア幻想紀』や『天地創造』と合わせて『クインテット三部作』と呼ばれ、今作はその第一作にあたる。
に残るBGMが密かな人気か。また、『アクトレイザー』のSEが一部流用されている。

プレイヤーの多くがエンディングヒロインの存在を知るしいゲームでもある。

あらすじ

天才発明レオに(強制的に)悪魔召喚機を開発させたフレイル王強欲な王マグリッド。
彼は召喚した悪魔デストールと『魂1つで1つと交換しよう』という取引をした。
結果、あらゆる生物世界から消え、魔物の巣で溢れていき、王も魔物に滅ぼされた。
地上に生物がいなくなったため流石にマズイと思ったのか、神様主人公を地上に遣わすのだった。

ゲームシステム

上から見下ろすタイプアクションRPG。全7ステージ

プレイヤー神様子である天空人としてを手に魔物と戦い、人々の魂を開放していく。この「魔物を倒す→魔物の巣を封印する→人々の魂を開放する」の流れは『アクトレイザー』にも通じている。

各地域に初めて入った時点では町には何もない状態だが、人々の魂を解放することで施設が追加されたり、新しいステージが追加されていく。中でもストーリー上重要なアイテムや人物が解放されたときは解放したときにメッセージが表示される。最深部にボスがおり、倒すことでその地域の代表者(基本的にレオ博士の関係者)の魂が解放される。代表者に会うことで次の地域へのが開かれる。また、ボスを倒した時点で町のBGMが変化し、それまで物寂しい雰囲気から開放感あふれるものになる。

各地域、全ての魔物の巣を潰していけば適正レベルになれるようにEXP量が調整されているため、その時点で倒せない敵を除いて巣を全部潰してから進めるプレイングが推奨される。ポーズをかけるとそのフロアにあといくつ魔物の巣が残っているかを確認することができる。

ゲームオーバーという概念はなく、旅の途中で倒れると各地域のスタート地点であるほこらに戻される。それ以外のペナルティ魔法を使うのに必要なジェムが全没収されるくらいで大きなダメージはない。

エリア中のどこかにのエンブレムというアイテムが8つ隠されており、全て集めるとジェムを消費せずに魔法を使えるようになる。つまり、実質的に倒れたときのデメリットがなくなるという恩恵を受けられるが、のエンブレムは最初に見つかるであろう1個を除いてノーヒントであり、自で全て見つけるのは至難の業。見つけたところで元々軽いペナルティくなる程度のメリットしかないが。

装備・アイテム

主人公メインウェポン
ステージごとにの種類は増えていき、特定でなくては倒せない魔物も存在している。
そのため、一見倒せない魔物のように見えて実は先のステージで手に入るでなら倒せるという場合もある。その場合は場所を覚えておいて装備を入手後に戻って来よう。
攻撃方法には通常の横薙ぎと、を体の前で固定したまま敵にぶつかる突きがある。突きを出しているとジェムを吸引できる。通常の攻撃は薙ぎのほうが高いが、突きはまったく隙がなく攻撃判定が出しっぱなしのため、場合によっては突きのほうが効率よく敵を倒せる。
レベルによる装備制限があり、適正レベル未満で装備すると横薙ぎ攻撃ができないというペナルティを受ける。ただ突き攻撃はできるので使い方を工夫すれば適正レベル未満でも扱える。
ソウル
主人公サブウェポンにしてさまざまな効果を発揮するサポートユニット魔法の射出点になったり、ジェムを回収してくれたりする。
通常は主人公の周りをくるくる回っているが、などに向かって方向キーを押しっぱなしにするとソウルのみがそちら方向に動くという特性を持つ。
ステージでさまざまな人物から託され、これがなくてはそれ以上先に進めないことも多い。
主人公の防具。
同様にステージごとに種類は増えていき、水中歩くときに泡に包まれ呼吸できるようになる、ダメージ床でダメージを受けなくなるなどさまざまな効果を持つ。
ステージによっては特定を装備していないと先に進めない場合もある。距離によってはごり押し不可能ではないが、大人しく地形に合った装備に切り替えた方が難。
ジェム
魔物が落とす宝石魔法を使う際に消費される。いわゆるMP
前述の通り、このゲームではHPが0になった際のペナルティは強制的にステージのほこらに戻されることと、ジェムがなくなることのみである。とはいえ魔法を必須とする場面はそれほど多くなく、ジェムは補給が容易なのでそれほど痛くはない。
アイテム
装備しているとさまざまな効果を発揮してくれるほか、攻略に欠かせないアイテムも多数存在している。特定の装備を使用すると一気に難易度が下がる。

フィールド

ほこら
ステージに存在している主人公の拠点。との交信やステージの移動もここで行う。
セーブポイントワープポイント兼宿屋。ここに入った時点でHPが全回復する。
ステージで3つずつワープポイントが用意されており、1つは町、2つダンジョンの全体的な中間点、3つボス直前となることが基本。
ステージに存在している生き物たちが住むフィールド
主人公が降り立った時点では住む者もなく荒しているが、魔物を退治して解放された魂たちはここに戻り、徐々に発展していく。
ステージによっては住民は人間ではない。むしろ人間以外のステージのほうが多く、人間メインとなるステージは最初と終盤の2つだけである。
ダンジョン
ステージに複数存在している魔物の出現するフィールド
にはボスが待ち構えている。ボスを倒すと次のステージに進むために必要な人物の魂が開放される。
魔物の巣
ダンジョンの中には魔物の巣が存在しており、そこからは魔物が発生する。ひとつの魔物の巣から発生する魔物の数は決まっており、全ての魔物を倒した後に主人公が触れることにより封印される。
魔物の巣の封印すると、さまざまな効果が得られる。最も重要なのは魔物の巣に封印されていた魂の開放であり、あるいはダンジョンの地形が変わり先に進むためのルートが作られることも多い。
その他、さまざまな効果が存在している。

地域

全部で7つの地域で構成されており、主人公は順番に各地域の魂を解放していく。新しい地域に訪れた時点では町は跡形もない状態で、魂を解放することで住民が帰ってくる。ボスを倒した地域はワールドマップ上でも変化を確認できる。グラスバレークリアするまでワールドマップには出られない。攻略の都合上、ある程度ダンジョンを進んだ段階で何度か町に戻る必要があるが、区切りのいいところでワープゾーンや町に返してくれる宝石妖精が現れるようになっている。

関連動画

プレイ動画

TAS

BGM

BGMは元ゴダイゴのタケカワユヒデ作曲を手がけている。

サントラも発売されていたが出荷数が少なく現在ではプレミアがついている。

ボーナストラックとしてED曲の本人ボーカルバージョンアレンジが収録されているが、ゲーム世界観とかけ離れた歌詞の為、アレンジの評価は高いが賛否両論である。

描いてみた

その他

ピコカキコ

6999
ロンリー・タウン

関連商品

そう、あんたのにくだよ!
おどろいた? なにかあるならはっておいてほしいね

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ソウルブレイダー

21 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 11:53:45 ID: TjSH5vcPn6
装備レベルに達していなければは振れないが、突きでダメージが与えられる(斬鉄剣入手直後にリカバーソードを手に入れたときに起こりやすい)。
そのため、斬鉄剣やヨミの剣、最強のいずれかでしか倒せない敵(トラップ)でも、装備レベル未満で倒せる。

しかし、ラスボス戦に必須な魔法は、最強を装備しないと使えず、またを振ったときに出る上に、ラスボス第2形態へのダメージソースはそれしかない。
そのため、クリアに必要な最低レベルは24である。

最高レベルは50だが、そのレベルまでの必要な経験値は1億弱。
魔界の動くからもらえる経験値は1体あたり4000で、レベル24(経験値420000)の状態からだとおよそ24900体も倒さなければならなくなる。
最低レベルクリアよりも、最高レベルにするほうが苦行な気がする。

魔界の動くだけでなく、殿山の玉・の地下のも「特殊なじゃないと倒せない敵」であるため、サイコソードで動きを止めたり、最強で倒すことが可である。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
22 ななしのよっしん
2019/07/02(火) 05:37:02 ID: WJEe6Nkuzv
アクトレイザーから、アクションは2に、クリエイションはこっちに分離して託された形のソウルブレイダーだけど如何せん、知名度がなぁ……
アクト2も存在知らない人ばっかだしブレイダーも存在知らない人ばっかだし。
もうちょっと広報戦略しっかりしてれば両者ともに違った評価だったんじゃないかとふと思う。
23 ななしのよっしん
2019/08/01(木) 20:43:44 ID: Hj6SMt0jdV
>>21
魔物の巣を全部潰していくと
魔界で適正レベルになるからちゃんと調整してあるんよね
24 ななしのよっしん
2019/11/17(日) 20:40:18 ID: AGjCbdJMnM
何か殺伐とはしてないですけど物寂しい雰囲気のゲームでしたね…それはホラー染みてるとまでいうようなものではないですけどとても疎感のあった作品でした…何とうか生気がいんですゲーム画面全体に
効果音は何か鈍い音がしてましたね、何とうか他のゲームより鈍くてにこびり付く感じがしましたよ
25 ななしのよっしん
2020/01/16(木) 21:18:39 ID: +++NEHjkbD
レオ博士ペット達、分類上適した住処の幅が広すぎてよく一緒に飼えたなと
26 ななしのよっしん
2020/02/09(日) 16:32:10 ID: UD3oTz22oM
カミのエンブレムの残り1つが探しても探しても見つからなかった
そんな幼少期でした(´・ω・`)
27 ななしのよっしん
2021/08/22(日) 01:35:03 ID: 3LHptHI9+P
このゲームグラフィック透明感があって、世界観もどこか寂し気で神トラより好きだった
というか神トラの1ヶ後に発売した
時期的にもロマサガ超サイヤ伝説とぶつかってたしマーケティング的にはあまりよろしくなかったw
28 ななしのよっしん
2021/09/24(金) 18:58:20 ID: tHoQ+zyL5f
魂一つで一つて言うけど、
王が勝手にあいつと交換て決めてたのかよw
そんな権限ないだろ。
それであっさり魂奪い取るある辺り、デストールはもはや魔王じゃなく魔神レベルだな。
デストールてなんか何処かで聞いたことあるなて思ったら蟹座だった。
29 ななしのよっしん
2021/09/25(土) 12:16:54 ID: 9sDgxMXii2
初めて絵の世界に入った時は不安になるBGM、高速でが流れる背景、倒せない歯車の敵が子供心に怖くてトラウマってほどではないけどすごいに残ってたな
30 ななしのよっしん
2022/01/07(金) 13:36:38 ID: W7ftTp10K6
カミのエンブレム見つからなくてよくよく考えたらジェム不必要って大したメリットじゃないよなと投げたのはだけではないようだな