ソリッド・スネーク単語

ソリッドスネーク
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

掲示板>>1





ソリッド・スネークとはコナミステルスアクションゲーム
メタルギアシリーズ及び「メタルギアソリッドシリーズ
総合的な主人公である。
CV日本語版が大塚明夫英語版David Hayter

 

 

 

概要・略歴

コードネーム「ソリッド・スネーク」。本名はデイヴィッドで、姓は不明。劇中では単に「スネーク」と呼ばれることが多い(同じコードネームを持つリキッド・スネークソリダス・スネークからも)例外は実(誕生の経緯上は代理)のEVA(後のビッグママ)は彼をコードネームではなくデイヴィッドと呼んでいる。
1972年の「恐るべき子供たち計画」により伝説傭兵ビッグ・ボスクローンとして生まれる。
グリーンベレー(アメリカ陸軍特殊部隊)などを経て、特殊部隊FOXHOUNDに入隊し潜入工作員となった。
アウターヘブン起、ザンジバーランド騒乱を通して核搭載二足歩行戦車メタルギア」の存在を知り(メタルギアシリーズ)、FOXHOUND除隊後のシャドー・モセス事件(MGS)をきっかけに反メタルギア団体「フィラソロピー」のメンバーとして活動していくことになる(MGS2、4)。

すでに中年に差し掛かっていた(MGS2リボルバー・オセロットが「50代後半のビッグ・ボスの体細胞を使った」と発言しているが、MGSPWで判明した生年によれば37歳)ビッグ・ボスの体細胞から作られたクローンであるため、常人にして老化が急に進んでおり、40代の時点で白髪が生え体が衰えているスネークsolidからs,iをとって、別名「オールド・スネーク」と呼ばれる(MGS4)。MGS4に先駆けてMPO+ユニークキャラクターとして登場している。

ビッグ・ボスクローンベビーとして誕生した中では特に若き日のビッグ・ボスに容姿から趣味まで似通っており、の腕前もビッグ・ボスもさることながらビッグママから親バカ的に絶賛される程センスを受け継いでいる。

意外と乗り物を自分で運転する描写がシリーズを通してほとんどなく、MGS4で初めてオタコンサポートを受けながらメタルギアREXを操縦する場面が描かれた。

本人く『育ての親ならいくらでもいる』らしく、一判明しているのはロイ・キャンベルが育ての親の一人らしい(ただし、これはサルゲッチュコラボであるメサルギアで明かされた設定である事に注意)。

性格

通称「不可能を可にする男」、「伝説英雄」。
基本的には冷静に任務を遂行するな人物であるが、
ジョークを飛ばすことが多い、女性がないなど、若干捉えどころのない性格である。
気質な面があり、「大乱闘スマッシュブラザーズX」のイベントからもその性格がうかがえる。

女性が好き」
ダンボールが好き」
英語ロシア語だけでなくサルも話せる7ヶ国語マルチリンガル
性欲を持て余す
大塚明夫

など、ネタに困らない要素を隠し持っているためかシリーズ随一の人気を誇る。

また4人のスネークの中でも悪堕ちをしていない。これは戦いの中にしか自分の価値がいと思わなかったり、自分の出生に執着しなかったのが要因と考えられる。

ダンボールへの偏執愛

代々スネーク一族の人間ダンボールをこよなく系であることで有名である。
ソリッド・スネークもその多分にもれず、MGS2でのダンボールに対する熱弁ぶりにはドン引きしたプレイヤーが続出した。
どういった理由でダンボール愛し始めたのかは作中でられることはなく、いまだ不明である。
大乱闘スマッシュブラザーズX」に出演した際は下の任天堂お祭りゲーム出演にも関わらず、 3種のアピールをすべてダンボール仕様にするなど、最後まで自身のスタイルを貫き通した。
その行動から見るにダンボールへのは本物と言えるだろう。

ネイキッド・スネークが嬉々としてダンボールをかぶっているところを見るに、 おそらく遺伝子自体に植え付けられた本のようなものであると思われる。
この仮説に基づいて、現在リキッド・スネークソリダス・スネークにもダンボール好き疑惑が持ち上がっているが真実ダンボールの中である。
全てはのみぞ知る。 

ちなみにMGS4からはドラム缶も被れるようになり、今後の動向(?)に期待が持たれる。ちなみにメタルギア2ソリッドスネークではやけにデカいバケツを被ったり、持ち運び可カーペットの下に潜ったりとダンボール以外の携行アイテムにも隠れた事もある。

ネタキャラとしてのスネーク

メタルギアシリーズではダンボール好きというネタぐらいしかかった。
ところがメタルギアソリッドで「性欲を持て余す」という名言を残したことでネタキャラ化が加速。
更には「性欲を持て余す」をネタにしたパロディ(MAD)作品のMAD GEAR SOLIDが大流行したことで、本来の性格である『冷静沈着』や『』に『変態』というキャラ設定が新たに加わった。

ちなみに変態という設定は公式にもネタにされている(特に公式ネタ動画)。

中年のオッサン筋肉質の体ということもあり、出演したスマブラXではキャプテン・ファルコンガノンドロフと並ぶ人気ネタキャラである。

ニコニコ動画におけるスネーク

どの動画ネタキャラにされている。
登場時には「スネェェェク!」と弾幕が出ることも多い。 

ネタキャラにされていない動画では伝説傭兵らしい一面や格好いい一面を見ることができる・・・はず。

元ネタ

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ソリッド・スネーク

439 ななしのよっしん
2020/06/12(金) 11:42:24 ID: Oq+3McPaGJ
>438
ちょっと勘ぐると全頭◯された、ともとれるけど、別に手出しはしてない(=放置)ともとれる
一応メリル生存ルート正史扱いっぽいから、スノーモービルで脱出したあと、っ直ぐ行ったか、メリルに依頼したのどちらかだとは思うが、何らかの形で確認には行ったと思う
(EDのあとっ直ぐ行ったのなら、軍の手が回る前に見に行くぐらいはできたかもしれない。大佐他が全で誤魔化ししてくれてたし)
440 ななしのよっしん
2020/06/14(日) 20:18:13 ID: QjBvu35P/5
>>438
具体的な年数年代は分からないけど、10歳まではキャンベル含む、複数の里親に引き取られながら確かに結構平和に過ごしてたよ
でもたったの10代でいつの間にか兵士として育てられて、あの悪名高いベトナムアフガンに次ぐ湾岸戦争に従軍してるし、何よりも後々明らかになる恐るべき子供達計画から創られた経緯やその後を考えるとスネーク過去も決して良いとは言えないんだよね
スネーク人生価値観が変化したのはFOXHOUND入隊もそうだけど、最も大きいのは除隊後に参加することになったシャドーモセス事件が大きい
この時は親であるビッグボスの殺とその間際に遺した「生き残った者は死ぬまで戦士として全うするのだ」がトラウマになってるのもあって理由は不明ながらアラスカで一人にも関わりを持たず過ごしてた
そしてシャドーモセス事件でザンジバーランドの戦友達(1人偽物)との再会、オタコンやメリルそして自分を憎むナオミとリキッドとの出会い、この事件で明かされた自分とリキッドとの関係と出生、彼らや他のFOXHOUNDの隊員達の心情等に触れるうちにスネーク自身も変わるきっかけになった
これ以降スネーク未来の為にを握り、自分と人の人生や過ちと向き合えるようになり、仲間を支えてたばかりでなく、自分自身も2と4で仲間になる雷電ジョニー等からも支えられて永い闘いから解放されることができた
この辺りはライジングで雷電が「戦士として優れてただけでなく、人としての器も大きく、は彼と出会えて良かった」って回想してる

>>439
正史っぽいじゃなくてちゃんと正史として扱われてますよ4で
あとやっぱイヌ質の件はザンジバーランドでのスネークトラウマに深く同情してたのと、ネタ線だけど、とあるやらかしで「私が出撃する!」って部分を考えるとキャンベルの口先だけで、実際は友人スネークに対してそんなゲスい事やってない気がする
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
441 削除しました
削除しました ID: 9o7pBclieL
削除しました
442 ななしのよっしん
2020/10/21(水) 00:54:32 ID: aNur2SrClE
明日レースの準備をワクワクしながら終えてぐっすり安眠していて穏やかにブルーベリーを摘む夢を見ている時にたたき起こされ拉致され
テロリスト蔓延るアラスカの基地に理矢理潜入させられる隠居おじさん
そりゃ言動が辛辣になりますわ
443 ななしのよっしん
2020/10/21(水) 02:59:28 ID: aNur2SrClE
>>295
すげー前のレスに反応するんだけれど
ソリッドの強さって精的な部分から来てるものだと思うんだよね

もちろん軍人として鍛えているから体的にも強いんだけれど例えどんな状況下でも自分が出来る最善の行動を成し遂げようとする意思の強さがソリッド根本だと思う
444 ななしのよっしん
2020/10/21(水) 10:02:48 ID: CPUuWui5zi
シャドーモセス事件までは精的には卑屈っていうか弱さが多かったとは思うけどな
シャドーモセスだとレースは出れないで教官は殺されていて自分の産まれを知ってと踏んだり蹴ったりだったけど生涯の友に出会えたのが最大のポイントだったと思う。
ビッグボスは友に恵まれなかった(というか周りが崇拝ばっかだった)からね。
445 ななしのよっしん
2020/10/25(日) 01:41:58 ID: 93ndekSSo2
>>4444
ゼロ少佐がいたけど9年間睡してしまったせいでゼロ意を知ることができなかったし、クラークアンダーソンゼロ側(愛国者達)に就いた
それをちゃんと伝えずにゼロ達をずっとの敵にしてたオセロットオセロットで狂信過ぎてあれだし
キャンベルはや組織の立場として決別せざるを得なかったし
ファントムは致し方なく自分と同じに歩ませて
ミラーに至っては自分の組織を持つ為にビッグボスを利用してたから一人友情恵まれなかった。ただしEVAだけはビッグボスを心から愛してたけど、戦地での潜伏が長かったせいもあって応えられなかった。
何よりOPSまでは仲間もソコロフも見捨てない意気だったけどPW以降は任務と自身の生存を絶対的に優先し、時には他の捕虜や非力病人達(&スタッフ)もなく見捨てる。人間的な雰囲気や対応に見えて冷で合理義的。


446 ななしのよっしん
2020/10/25(日) 02:26:17 ID: 93ndekSSo2
>>444 だった続投スマヌ 続き↓
一方でスネークは育ての親の一人であるキャンベル、フランクメイリンオタコン、メリル雷電スネークによって導かれながら人生を救われることができた者が多く、またスネーク自身も仲間に支えられた。
他にも敵側だとオクトパスとリキッド以外のFOXHOUND部隊はスネークの生き様や人生観に共鳴してたし、オルガは後に誤解が解けて恩人として接してくれて、殺しで恨んでいたフォーチュンも最後の最後で本当のであるオセロット(RAY)の全弾から守ってくれた。
スネークは任務も遂げようとはするけど、仲間も絶対に見捨てない。救えなかった時もひどく悔いるし、2だと自身の素性を隠し通そうとしながらも、よそであるSEALS全滅雷電に問われると「だったらどうすりゃよかったんだ!」って感じでつい熱くなってて、人質の全員脱出が困難になってもオタコンに「重量オーバーでもいい。までたどり着ければいい。」と皆を思いやった。
やっぱシャドーモセスの経験が大きいけど、スネーク自身は戦いをめてるんじゃなくて、2以降はメタルギア愛国
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
447 削除しました
削除しました ID: 9o7pBclieL
削除しました
448 削除しました
削除しました ID: 9o7pBclieL
削除しました