ソーシャル・ネットワーク単語

ソーシャルネットワーク

ソーシャル・ネットワークとは、

  1. ソーシャルネットワーキングサービス略称SNS
  2. 1.の最大手であるFacebookの立ち上げから大成功するまでを描いたアメリカ映画2010年開。原題は「The Social Network」。デヴィッド・フィンチャー監督作品。本項で解説。

あらすじ

2003年ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグは、ガールフレンドエリカにフラれたいせに、大学データベースをハッキングして集めた女子学生写真を使って女子の顔の格付けサイトフェイスマッシュ」を立ち上げる。深夜にも関わらず大量のアクセスを記録するが大学側に露見してサイトは潰され、マーク大学から処分を受けるとともに全ての女子学生からの嫌われ者となった。

そんなマークプログラミングを付けたウィンクボス兄弟は、ハーバード大生専用のコミュニティサイト「ハーバード・コネクション」の設立協マークに依頼する。が、マークはこの依頼から発想を得て、親友のエドゥアルド・サベリンの資援助のもとに独で「ザ・フェイスブック」を設立。エドゥアルドの所属するクラブの人脈を利用してサイトく間に広がっていく。

ザ・フェイスブックの流行でマーク女子学生からも人気者となるが、エリカにはまたもすげなくフラれてしまい、マークはさらにザ・フェイスブックの拡大に躍起になっていく。「ナップスター」の設立者であるショーンパーカーの協も得て、ザ・フェイスブックめ「フェイスブック」は拠点をカリフォルニアへ移し拡大していくが、ショーンに対し好意的なマークと懐疑的なエドゥアルドの間で徐々に裂は深まっていく。

一方、マークに「ハーバード・コネクション」のアイディア盗用されたウィンクボス兄弟は「ハーバードの紳士は訴えない」の精で訴訟を堪えていたが、フェイスブックの拡大ぶりをの当たりにしついに訴訟を決意。そしてエドゥアルドも、30%以上あったはずのフェイスブックの持ちを1%以下に希薄化されて重役を降ろされたことでマークを訴え、マークは2件の訴訟を抱えることになる……。

概要

利用者数5億人を誇る世界最大のSNSFacebook」の誕生を描いた伝記映画。ただし、マーク・ザッカーバーグ本人ら関係者は基本的に本作はフィクションであると発言している。実際に登場人物のほとんどは実在の人物が実名で登場しているが、映画冒頭でマークを振ったガールフレンドエリカなどは架の人物である。

現在マークが抱える2件の訴訟、それについての言という形で過去フラッシュバックさせる形式で話が進む。フェイスブックを中心とした青春群像劇であり、アメリカインターネット観や文化など、日本との違いが様々に垣間見える。問題は肝心のFacebook自体が日本ではmixiなどに押されてそれほど普及していないことだが……。

海外での評価は非常に高く、ゴールデングローブ賞作品賞ほか4部門をはじめ山ほど賞を獲っている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ソーシャル・ネットワーク

3 ななしのよっしん
2012/06/12(火) 00:47:21 ID: zg/ENqttbr
こういう主人公に感情移入できない映画アカデミー賞とれないんだとさ。
町山智浩が言ってた。
フォレスト・ガンプみたいな映画だとオスカー向きなんだろうな。
4 ななしのよっしん
2012/08/27(月) 13:57:33 ID: EBLiQtu3Go
アカデミーの会員が高齢化して
若者が活躍する映画は悉く落としてるそうな
どうやら若さ嫉妬しているらしい
5 ななしのよっしん
2012/09/13(木) 05:00:08 ID: w1CLtVI1Za
スクールカーストの最下層に属するナード(オタク)の極限である主人公が、凄まじい天才ぶりを発揮して世の中をひっくり返し、それに焦ったジョックスポーツマン)達が必死に追いすがる話、という見方は当然できると思う。

事実はどうあれ、この映画に描かれた主人公の行動は、一見汚い部分もあるけど、何より純に自分の得意なことに集中して邁進した結果にすぎないとも思える。

中途半端な考えで成功できるほど世の中甘くないというメッセージを受け取る観客も、当然いると思う。もその一人。
6 ななしのよっしん
2015/02/26(木) 10:30:43 ID: s5V58Yfv1g
この記事には「2010年開」とあるけど、
日本での開は 2011年 だよね?
7 ななしのよっしん
2016/05/20(金) 12:48:41 ID: rr+ZHjhVkJ
アップテンポな会話劇だけど、
最後はサイレント主人公の心のに迫ったり
演出がメチャクチャ上手い映画
8 ななしのよっしん
2016/06/13(月) 02:57:40 ID: TSEPEOT4rL
一番面いのはボートレースシーン
9 ななしのよっしん
2016/12/18(日) 01:10:08 ID: X9JyI5kckL
英国王のスピーチ』は仮に1,20年後に作っても印変わらないだろうけど、
この映画はホントに今の時代だからこそ撮るべき映画だったと思う。
10 ななしのよっしん
2016/12/18(日) 01:22:23 ID: HgiiepgDJ+
市民ケーンのオマージュでもある
11 ななしのよっしん
2017/01/17(火) 00:51:20 ID: zO2AvO1RWd
セブンファイトクラブゾディアックもそうだけどフィンチャー監督作品は
物事にのめり込んで行ったらいつの間にか戻れない所まで来てしまってるって感じの展開が多いよね
ゾディアックソーシャル・ネットワークは特にその傾向が強いと思う
あまり関係ないけどゾディアックレビュー書いてた伊藤計劃に見せたかった映画の一つ
12 ななしのよっしん
2018/09/25(火) 17:08:52 ID: gEywYAe08/
>>10
評価は高いのに作品賞逃した辺りもダブるな

急上昇ワード

2019/08/25(日)23時更新