ソーラ・レイ単語

ソーラレイ
2.5千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ソーラ・レイとは、

  1. 太陽線を意味する英語
  2. 1989年に発売された平沢進の曲
  3. 機動戦士ガンダムに登場する巨大兵器

である。ここでは3について記載する。

概要

初登場は第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」。コロニーそのものを身に見立てた巨大大量破壊兵器で、宇宙世紀初のコロニーレーザーでもある。

ソーラ・レイはいわゆる炭酸ガスレーザーの一種と言われている。二酸化炭素ヘリウムなどをコロニー内部のシリンダーに充填し、エネルギーを加えて電磁波を増幅。原子を衝突させて発射するというもの。エネルギー供給には太陽ネルが使用され、ソーラ・レイの周囲には大量のパネルが展開される。を落とすと出が落ちるという事で、邪魔なムサイに退避命を出している。コロニーには大量のスラスターが装備されており、これを使って射を変更する。

劇中の活躍

一年戦争末期12月22日ジオン軍は来るべき決戦に備え、切り札となりうるソーラ・レイの建造に着手した。身そのものにはコロニーを流用し、3バンチコロニーのマハルが選ばれた。貧困300万人の住民を強制疎開させると、さっそく改造工事が行われた。しかし時間がい事から凝った作りには出来ず、エネルギー太陽システムは他コロニーからの流用で済ませている他、発射実験も行っていない。レーザーや冷却時間の問題から、再発射には膨大な時間(約10日程度)が掛かると予想され、実質1発限りの兵器だった。開発責任者として技術将校のアサクラ大佐が着任、計画を推進した。

その頃、地球連邦軍は一大反攻作戦を開始。ジオン軍宇宙要塞ソロモン攻略し、勢いに乗っていた。追い詰められたジオン軍だったが、かろうじてア・バオア・クー攻防戦前にソーラ・レイが完成した。ソーラ・レイ自身移動が出来ず、敵に散開されると効果が減するので存在は秘匿された。このためソーラ・レイの存在を知っていたのは軍上層部やカスペン大佐モニク・キャディラック特務大尉など一握りであった。そんな中、デギン王が密かに連邦軍と接触し、隠密裏に和交渉を進めているとの情報が入った。総帥のギレン・ザビはこれを阻止すべくソーラ・レイの使用を決定。

12月30日21時5分、ゲルドルバ照準でソーラ・レイが発射された。放たれた巨大なの放流はっ直ぐに真空を貫き、ア・バオア・クー要塞をかわして連邦軍艦隊を貫通。大量のサラミスマゼランジムが犠牲となった。その中にはデギン王とレビルの乗艦であるグレート・デギンフェーベも含まれており、両営のトップが同時に死亡する異常事態に発展。和交渉すら跡形もく吹っ飛ばしてしまった。これを近くで見ていたアムロは「あれは憎しみだ!」と絶叫している。またグラナダ方面に向かっていた第603技術試験隊光芒を観測。遠く離れていたにも関わらず、そのは艦内を真っ白に染めた。

ソーラ・レイ照射により連邦軍艦隊は戦の30%を喪失し、揮系統が混乱ア・バオア・クー攻防戦に投入する予定だったソーラシステムをも喪失し、一号作戦に大きな悪を及ぼした。残存の艦艇はホワイトベースを基点に集結し、再編成を強いられる事になる。ソーラ・レイによる大損は、本来回するはずだったア・バオア・クーを急遽攻略せざるを得なくなったとする説もあり、何がともあれ連邦軍に災厄をもたらした。ソーラ・レイが挙げた戦果は、ギレン演説にも使われている。

小説版『コロニーが落ちた地で…』下巻では、ソーラ・レイの被害によって地球上の連邦軍艦艇が引き抜かれ、手薄になる事態に陥っている。ジオン軍生物環境兵器アスタロスを宇宙に打ち上げてようとしている状況での手薄化は連邦軍には痛恨事だった。アスタロスの重要性を鑑み、めて封鎖艦隊が急されたが、どうしても24時間は掛かる計算だった。

その後、ソーラ・レイは使用されずに放置。終戦を迎えた後、どうなったかは不明。

トミノメモでは

ガンダムが途中で打ち切りにならなかった場合の展開が書かれたトミノメモによると、ソーラ・レイは2回発射される予定だったという。

第47話「ジオン最終兵器を探れ」でソーラ・レイ建造のための疎開が行われる。第48話「ジュピター団を撃つ」で、シャアから提案される形でソーラ・レイの存在が明らかになる。どうやらシャアアイデアだったらしい。この報告を聞いたギレン勝利を確信したという。第49話「ソーラ・レイ パート1」で遂にその全貌が明らかになる。そしてグラナダを攻略し、の裏側に出てきた連邦軍艦隊に第一射が加えられる。連邦軍の半分の戦が消し飛び、第50話「ソーラ・レイ パート2」で第二射を行ってレビルもろとも艦隊を消し飛ばした。その後、アムロシャアがソーラ・レイを巡って攻防戦を繰り広げる予定だった。

余談

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ソーラ・レイ

2 ななしのよっしん
2019/10/21(月) 12:18:40 ID: ONIHv2+3OZ
仮にゲルドル照準を使わなかった場合、撃破できる艦艇の数は増えるけどレビル生存してるしソーラシステム残ってるしそれはそれで大変そう。
3 ななしのよっしん
2020/02/26(水) 01:48:01 ID: Ab4cyZ9uVg
ソーラ・レイ
一発は任意のタイミングで撃てる
〇射はある程度容易に設定できる
〇威が安定している
〇対策が困難
〇最初の一発を撃つまでは隠密性が高い
×大人口を収容できる密閉コロニーを一基犠牲にする。それによる生産や士気の低下
×本体を移動させる事が困難

ソーラ・システム
◎生産や運搬が容易(だし)
〇安い
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4 ななしのよっしん
2021/03/08(月) 01:39:48 ID: IQiJenYsuD
ソーラ・レイも隠密性の高さで言えばソーラ・システムと同じかそれ以上でしょ
宇宙の広さをなめてはいけない、原理的にはを一箇所に集める必要もないしな
ていうかコロニーより立つものなんてそうそう
あとソーラ・レイエネルギー充填や冷却を必要としないため撃ち放題(照らし放題)というのも大きい
焦点以外は傷というのは利点でもあり欠点でもありって感じかな
5 ななしのよっしん
2021/05/15(土) 12:59:49 ID: l9bYAdL+4w
ソーラ・レイってなぜソーラーなのかと思ってたら、ソーラーが電だからなのか。
6 ななしのよっしん
2021/05/26(水) 23:16:54 ID: 9yqFQjZHoB
何を以て「憎しみ」なのかよく分からんのよね。
引き金を引いたわけでもギレンの私というのも変だし、ニュータイプ全開で刻が見えるようになった事で、ソーラレイに灼かれる人々の念や、残される人々の悲しみや怒りな未来まで悟ってしまったとかそういう感じなのかな?
7 ななしのよっしん
2021/05/28(金) 10:39:03 ID: l9bYAdL+4w
連邦の方が戦争被害は圧倒的に多いんだから
憎しみっていうなら、ソーラ・システムの方が適当だと思う
8 ななしのよっしん
2021/05/28(金) 10:46:51 ID: jlFmMch+Yt
憎しみ(を産む)の」って事じゃない?
コロニー落とし前後でそれぞれスペースノイドとアースノイド虐殺した前科があるしジオン
ほっといたらコロニーと同じ様に地球に向けるのは想像に難くないし。
9 ななしのよっしん
2021/07/29(木) 06:24:19 ID: OCwMfn55+e
憎しみ
憎い憎い憎い!!連邦が憎い!!!(ピカーーーーーッ)
って解釈してる人初めて見た
国語の点数低そう
10 ななしのよっしん
2021/09/18(土) 11:52:03 ID: tWiMsMgMDd
連邦ソーラレイって、規模を拡大すればほぼ制限に威が増すよな。
同時に外惑星での安価エネルギー供給手段にもなる。

宇宙世紀の閉塞を打破できる技術なんだ。
また、ヤマトスーパーロボット大戦OGでも、外敵と戦う有効な兵器になりえる。

関連項目に「太陽ビーム」は理かな?…レンズマンの…
11 ななしのよっしん
2022/07/11(月) 22:11:42 ID: Fuqe+kusOF
ソーラーシステムエネルギービームに転用すればすごくね?→サテライトキャノン

急上昇ワード改