ソーラ・レイ単語

ソーラレイ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ソーラ・レイとは、

  1. 太陽線を意味する英語
  2. 1989年に発売された平沢進の曲
  3. 機動戦士ガンダムに登場する巨大兵器

である。ここでは3について記載する。

概要

初登場は第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」。コロニーそのものを身に見立てた巨大大量破壊兵器で、宇宙世紀初のコロニーレーザーでもある。

ソーラ・レイはいわゆる炭酸ガスレーザーの一種と言われている。二酸化炭素ヘリウムなどをコロニー内部のシリンダーに充填し、エネルギーを加えて電磁波を増幅。原子を衝突させて発射するというもの。エネルギー供給には太陽ネルが使用され、ソーラ・レイの周囲には大量のパネルが展開される。影を落とすと出が落ちるという事で、邪魔なムサイに退避命を出している。コロニーには大量のスラスターが装備されており、これを使って射を変更する。

劇中の活躍

一年戦争末期ジオン軍は来るべき決戦に備え、切り札となりうるソーラ・レイの建造に着手した。身そのものにはコロニーを流用し、3バンチコロニーのマハルが選ばれた。貧困300万人の住民を強制疎開させると、さっそく改造工事が行われた。しかし時間がい事から凝った作りには出来ず、エネルギー太陽システムは他コロニーからの流用で済ませている他、発射実験も行っていない。レーザーや冷却時間の問題から、再発射には膨大な時間(約10日程度)が掛かると予想され、実質1発限りの兵器だった。開発責任者として技術将校のアサクラ大佐が着任、計画を推進した。

その頃、地球連邦軍は一大反攻作戦を開始。ジオン軍宇宙要塞ソロモン攻略し、勢いに乗っていた。追い詰められたジオン軍だったが、かろうじてア・バオア・クー攻防戦前にソーラ・レイが完成した。ソーラ・レイ自身移動が出来ず、敵に散開されると効果が減するので存在は秘匿された。このためソーラ・レイの存在を知っていたのは軍上層部やカスペン大佐モニク・キャディラック特務大尉など一握りであった。

そんな中、デギン王が密かに連邦軍と接触し、隠密裏に和交渉を進めているとの情報が入った。総帥のギレン・ザビはこれを阻止すべくソーラ・レイの使用を決定。12月30日ゲル・ドルバ照準でソーラ・レイが発射された。放たれた巨大なの放流はっ直ぐに真空を貫き、ア・バオア・クー要塞をかわして連邦軍艦隊を貫通。大量のサラミスマゼランジムが犠牲となった。その中にはデギンとレビルも含まれており、和交渉すら跡形もく吹っ飛ばしてしまった。これを近くで見ていたアムロは「あれは憎しみだ!」と絶叫している。またグラナダ方面に向かっていた第603技術試験隊光芒を観測。遠く離れていたにも関わらず、そのは艦内を真っ白に染めた。ソーラ・レイ照射により連邦軍艦隊は戦30%を喪失し、揮系統が混乱ア・バオア・クー攻防戦に投入する予定だったソーラシステムをも喪失し、一号作戦に大きな悪影を及ぼした。ソーラ・レイが挙げた戦果は、ギレン演説にも使われている。

その後、ソーラ・レイは使用されずに放置。終戦を迎えた後、どうなったかは不明。

余談

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ソーラ・レイ

1 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 00:49:42 ID: CD3x1JJ53A
>レビル暗殺を視し、連邦軍艦隊の中核を撃っていれば更なる被害を与えられたとする説がある。

勝手に和交渉を企んだデギン殺して和阻止しようってのがギレンの思惑なんだから、レビル暗殺って記述は厳密には違うよね
(同じ場所にいるから実質的には同じっちゃ同じだけどメインターゲットはデギン
2 ななしのよっしん
2019/10/21(月) 12:18:40 ID: ONIHv2+3OZ
仮にゲルバドル照準を使わなかった場合、撃破できる艦艇の数は増えるけどレビル生存してるしソーラシステム残ってるしそれはそれで大変そう。

急上昇ワード