ゾルタン・アッカネン単語

ゾルタンアッカネン

ゾルタン・アッカネンとは、映画機動戦士ガンダムNT」の登場人物である。

書いちゃうんだなァ、これが!!

27歳、ジオン共和軍(袖付き)大尉。乗機はシナンジュ・スタイン、ならびネオ・ジオング

元々はジオン共和軍(ネオジオン残党軍=袖付き)が「シャアの再来」の補として作り上げた強化人間の一人だが、その役にはフル・フロンタルが選ばれたため、「赤い彗星の失敗作」として蔑視されている。宇宙世紀0097年、地球圏にユニコーンガンダム3号機フェネクス」が現れたことを知ったジオン共和首相、モナハン・バハロにより、フェネクスの捕獲任務を命じられ、同じ的を持つヨナ・バシュタやミシェル・ルオらルオ商会と突する。

幼少期から様々な人体実験の被験者にされ、右はその末に失明しており、代わりにサイコミュを内蔵したい義眼(サイコミュレンズ)を埋め込まれている。

「自分を失敗作呼ばわりする人間え面をかかせる」ことを行動原理としており、そのためであれば他人がどうなろうとも全く意に介さないアナーキーな人物。加えて、生来の昂しやすい性格もあいまって、劇中では己の心の赴くままに多くの殺戮を繰り広げる。

諸君ら、あんまりゴチャゴチャ書いてるとバカ見ちゃうよぉ!!

フェネクスの捜索中に、サイド6の学園都市コロニー「メーティス」においてサイコ・ウェーブ(サイコフレームが発する感応波)の反応を捉えたゾルタンは、部下を率いて潜入するが、その途中に同じくサイコ・ウェーブを捉えてやってきたヨナのナラティブガンダムと交戦。スペースコロニーにいてしまうことを承知の上で、シナンジュ・スタインハイビームライフルを発する、ネオ・ジオングを出撃させるなど、極めて自己中心的な行動を繰り広げる。この時に笑いながら発した「撃っちゃうんだなァ、これが!!」は、視聴者に強い印を残した。

この時にナラティブガンダムに装備されていたのがファンネルではなくインコムだったことで「有線だと!? 失敗作相手には二流のガンダムで十分だとでも!?」と、失敗作呼ばわりされている自分へのあてつけだと決めつけて昂し、さらにNT-Dの発動によりネオ・ジオングを乗っ取られかけたことから、ヨナとナラティブガンダムを宿敵として付け狙うようになる。

しかし、メーティスでの傍若人ぶりはジオン共和軍内で大いに問題視され、モナハンはゾルタンがこれ以上暴走する前に処分することを決定し、ゾルタンの部下であるエリクユーゴ中尉にその旨を伝える。だが、ゾルタンはそれを立ち聞きしてしまい、失意と怒りに苛まれエリクを射殺。ネオ・ジオングに乗り込み、ジオン共和領内のヘリウム3貯蔵プラントで暴れまわり、破壊の限りを尽くす。

やがて、それを感知してやってきたフェネクス、そしてナラティブガンダムと交戦し、ナラティブガンダムを大破させるも、ヨナをコクピットに受け入れたフェネクスにより、ネオ・ジオングコアユニットたるシナンジュ・スタインを破壊され、ゾルタンは戦死。だが、今際の際に「死ねば溶け合えるんだろ?…楽になろうぜ」と、フェネクスもろとも心中するかのような言葉を残す。その思念はネオ・ジオングサイコシャードに影を及ぼし、ヘリウム3の貯蔵タンクを核爆発させ、その衝撃で周囲のスペースコロニーを破壊しようとする。だが、フェネクスが大きなを広げてその衝撃波を相殺したことで、ゾルタンの望んだ破壊行為は未遂に終わった。

幼い頃から強化人間実験体にされ続け、人の汚い面を見続けたためか、ニュータイプ論についても「宇宙に出てたかだか年程度で人間進化できるわけがない」「(ニュータイプが起こす)奇蹟にしても、ヒトはその本質を理解せず、現しか見ようとしない(=兵器に利用することしか考えない)」と悲観した見方しか出来なかった彼は、ある意味で最も現実的であり、最後の最後に人の持つ可能性未来を託すことを決めたフル・フロンタルとは逆の人間だったと言えよう。脚本の福井晴敏も、シャアフロンタルとは違い、勧善懲悪ものの「全な悪」としてゾルタンを設定したと明かしている。

関連動画だって、見てくれなきゃ腹も立つんだがね

その商品! 不死鳥の代わりに買い受ける!

関連項目ってのは、最後に見ないとな!

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BE%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゾルタン・アッカネン

1 ななしのよっしん
2019/02/25(月) 23:49:36 ID: aGCOXYhlQw
作成乙です!
なお来世ではノリノリ宇宙世紀の解説をしている模様
2 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 01:05:13 ID: BH6aCB4xOY
作成乙です。

お前まで、を見捨てるのかよぉ!」

がゾルタンと言うキャラクターを表している。
3 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 22:10:49 ID: BjEUqU41q0
記事できたとは知らなんだ。作成乙です。

ゾルタンって勧善懲悪ものの『全な悪』ってのとはなんか違う気がするのは自分だけだろうか。「撃っちゃうんだなあ、これが!」のシーンとかやったことだけ見ればそうかもしれないけど。
ゾルタンとヨナやミシェルの違いって「地球を壊す」という『普遍的な悪』の側にいたか「地球を守る」という『普遍的な正義』の側にいたかだけで、本質的にはニュータイプという幻想に振り回された被者なんだよな。

死ねば溶け合えるんだろ?楽になろうぜ」ってセリフも(ヨナのこと知った上で)喪失の痛みを抱えて永らえる位なら、というゾルタンなりの優しさの表れだったように思える。そうした『個』が残ってたが故に徴という名の『器』としては失敗作と見做されたのは皮であり、悲しくもある。
4 ななしのよっしん
2019/03/23(土) 15:12:07 ID: tF7qxp+7Tn
80年代以降のアメコミ悪役みたいなもんかな
きちんと悪役にも背景(往々にして過酷で哀れなもの)があるが、
勧善懲悪という面での悪はちゃんと貫く
ただ製作側にとっても、最後の方のセリフはちょいぶれた感があるとのことだ
5 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 04:13:44 ID: d6vDO20QhC
CV-梅原裕一郎
追記してほしいです。
6 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 04:28:23 ID: jSn0r2iOGb
思想的な悪って意味じゃないかなとも思うね
シャアフロンタルはそれでも人類の革新や人の未来について肯定的ではあった
ゾルタンは最後まで否定し続けたし
そういう意味でゾルタンの描く未来は破滅でしかなく倒すべき悪なんじゃないかなと
7 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 23:16:40 ID: /sLZyuYhRP
富野由悠季NTという言葉を使わなくなったのは「100年やそこらという短期間での進化なんて生物としてである」という結論に至ったかららしいんだけど、これを正にギヨたんが劇中で代弁してるんだよな
8 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 18:14:56 ID: 4IwpqUnpvJ
\アッカネ〜ン/

急上昇ワード