ゾルディック家単語

ゾルディックケ
1.3千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ゾルディック家とは、『HUNTER×HUNTER』に登場する組織・団体・一族のことである。

概要

パドキア共和デントラ地区に位置する標高3722メートルの死火山ククルマウンテンに邸宅を構えている。
ククルマウンテン及び周囲の樹海一帯がゾルディック家の所有地であり、観光名所になっている。
10人家族。   余談だが、ドラマCDでのゾルディック家はカオスである。

また、回想ネテロ会長と共に暗黒大陸に赴いたことのあるジグ(りはZZIGG)=ゾルディックといった人物が登場したが、詳細は不明。

執事・使用人・番犬・他

ゾルディック家の掟

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BE%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AE%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゾルディック家

24 ななしのよっしん
2017/07/23(日) 13:31:46 ID: blJUiWDB0n
チョコ味の念とか作りそう
25 ななしのよっしん
2018/03/12(月) 16:17:51 ID: Y3bYBM1JGG
王位継承編でカルトイルミの参戦が確定したようだ
キルアアルカの安全最優先してクラピカの依頼断ってビスケに頼んだのが正解だったといえるな
26 ななしのよっしん
2018/04/01(日) 20:25:39 ID: yH9QYXrFyk
あれイルミなのかね
口調がヒソカみたいにおちゃらけてるしカルト距離とって睨んでたし
27 ななしのよっしん
2018/04/02(月) 23:05:39 ID: DwZi+SaMhM
イルミが本物だったとして、キキョウに対しては「お様」なのにイルミに対しては「兄さん」だし、何ならちょっと怒られてるし
5人兄弟のヒエラルキトップはひょっとしてカルトなのでは
28 ななしのよっしん
2018/04/11(水) 18:02:19 ID: /Yq2jRiGSZ
ミルキはゲンスルーと組めば、活躍の機会はあると思う。
爆弾に変わる、新爆弾製作にチャレンジだ。
29 ななしのよっしん
2019/05/22(水) 00:08:24 ID: 1Jk28TnHHV
ミルキ「なぜこんなにデブっていたか不思議だったろう。これがの発動条件だからさ」

キルア「(これがアニキ・・!自分が蓄えたカロリーオーラに変えることができる。つまり食えば食うほど強くなる)」
30 ななしのよっしん
2019/12/30(月) 18:38:36 ID: dNZXLHIrlq
シルバは最初は暗殺業をやっているとは思えないくらいキルアに対して良いお父さんだと思っていたけど
それまで一度も子として会話をしたことがなかったことや、イルミに針を植え付けられていることを知っていながら「絶対仲間を裏切るな」と誓わせたり
やっぱろくでもないだなと

そもそも兄弟で扱いに差があったり、「いつか必ず戻ってくる」と邪悪に笑ってたりそれを匂わす描写は存在していたけど
31 ななしのよっしん
2020/10/21(水) 18:21:21 ID: 7WwjAKUw0E
今にしてみれば、弾を頭に食らっても大丈夫カナリアは中々強い
32 ななしのよっしん
2020/11/04(水) 23:24:07 ID: uut1alKkxy
>>29
つまりミルキはメルエムだった説?
ミルキも仮にもゾルディック家だから戦闘力は結構高いのかね?
性格的に息をするのも面倒くさいだけで動こうとしないだけで。
いくらでもキルアの強さ知っててあの強気な態度だし。
キルアが本気で殺しに来ても何とか出来る自信があるんだろうし。
33 ななしのよっしん
2021/01/31(日) 16:53:22 ID: SZ1beXY80E
皇室・名オタの私からするとツボネがなぜキキョウを嫌ってるのか分からない
キキョウは男の子を五人も産み(カルト一人称だし、キルア始め達がアルカカルトと言ってるので便宜上二人とも男とする)全員健康に育てた(アルカは問題を抱えてたものの、少なくとも一般でいうところの病気や障は持ってない)

第一子が男の子というだけで、将来の当たる夫より内での権が上になることもしくない
まして四〜五人も産めば使用人達などから女同然の扱いをされることもある
大正天皇皇后がそうだった
それだけ代々男性が継ぐ名本家いだ女性は「健康男の子を複数産むこと」で評価が格段に跳ね上がってきたのだ

それを立に果たした「優秀な様」とその人に似てるだけで長男・次男を好きになれないなんてよほどである
性別ではなくその人の資質を見るようになった現代の「男女平等」の考え方の現れかもしれない