ゾンビ単語

ゾンビ

ゾンビ(ー)とは、死者が何らかの外因によりり、死体のまま行動するようになった者たちのことである。

概要

 今やホラー作品やファンタジー舞台を演出するにあたっては出番も多く、知らぬ者はいない「生ける屍:リビングデッド」の総称、元人間の怪物「ゾンビ」。しかし、このイメージ確立したのは20世紀も後半になってからのごく最近のことであり、その20世紀内でもイメージはかなり変遷している。初期はに「邪悪な魔導師などに使役される、替えの利く不疲の雑兵軍団、死体人形」であり、体はあくまでも死体を使役する邪悪な術者の方で、ゾンビの方は恐怖を演出するザコ敵・小具・脇役であった。この脇役怪物が自して物語題をるようになるのは、後述するとある映画作品からの流れである。

 フィクション創作界で有名になったのがごく最近である一方、起になった伝承自体は16~18世紀頃、大航海時代の三貿易(奴隷貿易)に伴い誕生したと考えられており、その歴史較的長い。

起源:ブードゥー教のゾンビ

 元々は西アフリカ方面での精霊信仰であった『ヴォドゥン(Vodon)』が、アフリカ大陸(コンゴやベナンなど)からの奴隷貿易経由でカリブ海地域(キューバハイチなど)に伝わり、地元のカトリックやドルイド教などとカオスに混合し、発音も訛って『ブードゥー教(ヴードゥー教:Voodoo)』という新たな土着信仰として根付いたのが始まりである。
 ヴォドゥンの教えでは「ゾンビ(ンザビ:Nzambi)」というとの一人の名前であり、転じて「不思議なを持つもの」全般のことをした。要はすんごいの知識のある村の長老様だろうが、どっかのヌシと呼ばれる巨大な動物だろうが、きれいな鉱石だろうが、人知をえた存在はみんな 「ゾンビ」 だったのである。
 それがを越えてカリブの信仰と同化するにあたり、意味が「不思議なもの→化物、妖怪」と、マジカルバナナビックリ連想ゲーム的変貌を遂げる。奴隷として強制連行されて来た身分の人々が、日々人からの仕打ちに耐えぶ為に信奉しているとなると、内容はおのずと「精霊を借りて憎いアイツを呪い殺す方法」のように呪術的内容が先鋭化していくことになった。その一環として、人間を生ける屍   ゾンビ」に成り果てさせる呪法が生まれたのである。

ゾンビのつくりかた

  1. まずは「ゾンビウダー」を調合します。不老不死を実現する霊ではございません。久保帯人ファンの方あしからず。
    材料】墓から暴いた他人の腐/人蠱毒法みたいな環境ストレスを与えたヒキガエル燥させた干物トカゲ、ネムノキなどのマメ植物数種、チョウセンアサガオ科の種子(?)、フグetc...
    これらの調合・使用はブードゥー教の祭兼、請負暗殺者とでも言うべき「ボコ(ール)」により行われます。
  2. 上記のうち人材料は衛生問題とプラシーボ効果が有るかいか程度で、爬虫類ヤドクガエル等が含まれているわけでもなく人を殺すには威の欠けるチョイスですが、生のマメ植物は結構有な種が多く、フグテトロドトキシン言わずもがなです。これをゾンビ化させたい相手に何とか摂取させます。経口用が一番効きそうですが、伝記では地面に撒いたり皮膚に塗りつけたりで皮膚の傷口経由的でしか使用された試しがなかったとか。
  3. ゾンビウダーが上手く調合できていれば、被害者はギリギリの仮死状態で心肺停止します。フグが濃すぎてそのまま死んでしまったら失敗。ともかく復活するかは時間が経たないと分からないので、とりあえず埋葬しておきます。
  4. 術師が墓の前で待機。被害者が上手く意識を取り戻したら「が起き上がった」ことを吹聴しつつ掘り出します。
  5. あとはゾンビウダー材料のうち植物メインの幻覚剤を適度に用させ、思考と身体の自由を奪って奴隷にしてしまいます。即で売り飛ばすなり、自分の所で農作業にこき使うなり、お好みで何なりと。

 このように、実在した(と言われる)ゾンビとは、死体でもなければ腐ってもおらず見えないで操られているわけでもない。 意図的なにより死亡したと見せかけられを負わされた、生きた人間である。

 このゾンビ化はコミュニティ内で犯罪を犯した者や嫌われ者、よそ者などに対して行われる一種の制裁・刑罰行為と見なされている。ブードゥー教には仏教で言う「輪廻転生」のような概念も存在し、死後の霊魂はちゃんと導かれて生まれ変われると信じられているそうだが、この「死して尚ゾンビにさせられる」という仕打ちはすなわち「その魂の安息すら許されない」という恐ろしい刑であった。 そのため教えの広まっている地域では、身内に死者が出ると呪術師が寄り付かないよう埋葬後1日半は墓を監視し続けたり、起き上がってこないように頸を切り落とすなど故意に遺体を損壊したり、墓を暴きに来た術師を返り討ちに殺したりする習慣が存在したそうな。おお、こわいこわい

 なお、現代では

など、材料についての他、で後的な廃人を量産するような習が常態化していたという説は事実でない、の勘違いや、時代背景的に先性の知的障精神障害の存在がまだ周知されていなかったがために、迷信と合わさり誇大に吹聴されたに過ぎない、とゾンビ実在性を否定するツッコミも多方面から受けていることを付記しておく。

フィクション作品のゾンビ

 ホラー作品やファンタジー作品で活躍する架の存在としてのゾンビは、後遺症を負った廃人であるブードゥーのゾンビとは異なり、「明らか生物学的に、一度は生命活動を停止した死体が、何か本人と別の意思に操られ自行動する」「ゾンビに咬まれたり殺されたりするとその者もゾンビ仲間入りする」という特徴が多く共通する。これらのゾンビ像を決定付けた立役者は、映画監督ジョージ・A・ロメロであるとされている。

 ロメロは『Night of the Living Dead(1968)』において、ブードゥーのゾンビの特徴に加え「ゾンビに外傷を負わされた人間もまたゾンビと化す」という、本来はヴァンパイア吸血鬼)の十八番であるゾンビに与えた(『HELLSING』『屍鬼』等も参照)。そして同系列作品の2作である『ゾンビ(1978)』により、「Living Dead:生ける屍=Zombieゾンビ」という呼称が世に定着することに。この2作で、

  • 腐っていたり外傷の酷かったりする、グロい死体が動き回る
  • 基本的に動作は緩慢で、思考動物並みかそれ以下が大半
  • 死体ゆえ痛みにひるまず急所を突いても倒れないが、頭を潰したり身体ごと吹き飛ばしたりで斃すことは可
  • 咬まれたり殺されたりすると感染してゾンビ仲間入り

というゾンビの基本イメージ全に確立された。 この「ロメロゾンビ」以前のゾンビ像は、大体は呪術か魔法、霊魂のによるファンタジーな原動が元になっていたが、ロメロゾンビ以降の作品にはゾンビ化の理由付けに疑似科学SF)が多く用いられるようになり、ゾンビ化の原因が化学品→病原体・寄生虫へと変遷していった。

現在では「ファンタジーで動くゾンビ」と、「SF的理由付けで動くゾンビ」は半々といったとことであろうか。

ゾンビの登場する作品一覧についてはまとめだすと結構キリがいので、Wikipedia記事を参照されたし。exit

形容詞的なゾンビ

「一度死んだのに動いている」「殺しても殺しても死なない(る)」という意味から転じて、様々な用として用いられる。

哲学
哲学的ゾンビ」という用が存在する。詳細は「哲学的ゾンビ」の記事やWikipediaexit参照。
サバゲー
サバイバルゲームにおいて、撃たれてしまい「デッド(死んだ事になっている)」プレイヤーが、ルールを反古にして勝手に動き回ったり敵を攻撃したり、ゲームに参加するマナー違反・反則行為のことを「ゾンビ」と呼ぶらしい。
ゾンビ動画
権利問題等で削除される動画において、複数人による再アップロードが繰り返され「消すと増えます」状態になっている動画に付けられるタグ。支持する人が多いと「不死鳥動画」となり字面が体面良くなるが意味は変わらない。
ゾンビ議員
衆議院議員選挙において、小選挙区で落選したのに例代表で復活当選した議員を揶揄した俗称のこと。小選挙区制と例代表制の両立体制が今もなお抱える問題である。
ゾンビ企業
バランスシートから読み取る経営状況からし全に大赤字倒産(=企業として死んでいる)状態なのに、巨大組織すぎて潰せなかったり、策のためだったりで、過剰な保護政策や追加融資を享受して外面だけ保ちながら見苦しく延命し続ける企業のこと。具体的にどこが該当するか等の判断は個々でお察しください。
ゾンビパソコン
悪質なコンピューターウイルスに感染し、DDoS攻撃踏み台となっているようなPCのこと。外部からの命に反応し、感染PCネットワークかに操られたかの如く一斉にウイルスメールダイレクトメールバラ撒く様子から名づけられたと思われる。技術者間では通じたりするらしいが、「スパム」や「ウイルス」等と較すると全く一般に広まっていない用ではある。
ゾンビプロセス
Windows/UNIXなどのプロセスにおいて、子プロセスが終了しているにも関わらず親プロセスが終了値を受け取ら(れ)ず、プロセステーブルに子プロセス情報が延々と残っている状態。これが増えすぎるとシステムが停止してしまう。

ゾンビに類するもの・ファンタジー編

厳密にはゾンビとは違う成り立ちなのだが、「死体」や「死」にまつわるイメージ繋がりで、なんとなくゾンビモンスター色違いとして、どっかのRPGなどで広く用いられている怪物についてまとめておく。

グール
日本語では屍食、食屍鬼などと表記される。アラブでは墓荒らしをしたり旅人を殺したりして人の屍を喰らう妖怪クトゥルフ神話では食人嗜好は一緒だが人間が怪物化した存在、『HELLSING』ではドラキュラに吸血された非童貞非処女の成れの果てなど、立場はさまざま。女だと「グーラ」と呼び、こちらは美人らしい。
リッチ
元々は単に「死体」の意(英:lich)なのだが、ファンタジー作品中では高名な呪術師の成れの果てであったり、強大なを持つだったりで、いずれにせよ相応の強敵として描写されることが多め。外見は化しているかミイラ状かで、い衣をっている姿がほとんど。死体としての実体はあるが、これがレベルアップして全に体を失い霊体化すると、更に上位の存在「デミリッチ」と呼ばれたりもするらしい。
レブナント
フランス語で「るもの・戻ること」を意味する。「Revenir(ルヴニール:戻る)」の名詞形。
ファンタジーゾンビと同じく、死者が魔法などので仮初めにった姿だが、ゾンビべて死後あまり経っていない死体を用いたが為に、ゾンビと違って生前の知性と俊敏さをまだ失っていないのが特徴。この設定上、ただのゾンビより格上の敵として登場する。 フランスだが話の発祥はイギリスで、吸血鬼の特徴を持つ事も。(exit
ワイト
死体という実体があるのはゾンビと共通だが、特にその死体に霊が取り憑いて動かしているという設定のもの。その為、常に薄ぼんやりとした黄色い不浄なに包まれているとされる。また、指輪物語遊戯王カードドラゴンクエストシリーズワイトキング)に見られるように、高な身分の王族の遺体に憑いたものが較的多い。
ゴーレム
一般にゴーレムと言うと、現代では泥や粘土、岩石のモンスター、稀に金属製の魔導ロボットといった印が強いが、元々はユダヤ教の高位学者が複雑な儀式によって『ごくありふれた材料』から(土から人類を創造したとされる、真似事)から造った召使い人形である。すなわち、材料はありふれていて安価であれば別に機物にこだわる必要はく、限りなく人間に近い上に戦場ではごくありふれた物質   人の死体や素材にしたゴーレムも存在する。これらは「フレッシュゴーレム」と呼ばれ、『新鮮(fresh)』ではなく『(flesh)』を意味する「屍人形」である。ファンタジーゾンビ達や初期ゾンビ達は、現代の自ゾンビよりは、このフレッシュゴーレム寄りの特徴を持ち、ゴーレムカテゴリに内包される者も数多い。

ゾンビに類するもの・他作品編

 「ゾンビ」という呼称は付いていないものの、明ヴァンパイアゾンビの影を受けて創作された架の存在、またはそれらが登場する現代作品について、上記項から分離してここで紹介する。

屍鬼
小野不二原作ホラー小説、及び藤崎竜によりコミカライズされた漫画作品に登場。ゲームSIRENシリーズ世界観寄与に影を与え、下記の「屍人」のモデルとなった。漢字表記上は「グール」に近いが生態や弱点はごく伝統的なヴァンパイア吸血鬼そのものである。なまじ知性も感情も全て人間の頃のままであるがゆえに、体の制約と食生態が元いた人間社会と決定的に相容れないという現実とも葛せねばならず、屍鬼vs人間の凄惨な殺し合いに発展していくことになる。
なお、稀に日光耐性を持ち間活動可な個体が誕生することがあり、そちらは別の化け物「人狼(じんろう、ウェアウルフ、ヴェアヴォルフ)」という名で呼ばれることとなる。
屍人
ゲームSIRENシリーズに登場する、死体からった人間。『SIREN2』での原因は屍霊が取り憑いたことによるが、他シリーズでは人間が「」を胎内に摂取した状態で死ぬとこうなる   という具合に設定に揺れがある他、全に屍人化するための条件など様々な細かい設定・ルールが存在する。詳細は『屍人の記事にて。
人間の頃より知こそ若干劣るが、みな生前の記憶や人格・習慣を色濃く残しており、文化的コミュニティを持ち意思疎通の会話が出来る者もいるなど、生物学的に死んでいること以外は極めて元の人間に近い。
ZQN(ズキュン)
漫画アイアムアヒーロー」の作品中で呼称される造原因不明の奇病で、作品内ニュース報道では『多臓器不全及び反社会性人格障』という呼称が用いられていた。病原体が何かはまだ明らかにされていないが、特徴は極めて現代的なロメロゾンビのそれに近い。特異点としては、なにげに生殖を失っていないらしい事と、個体ごとに全くバラバラ過去の習慣や口癖をトレースしつつも、全体が統率された意思のもと南下しつつあるという事が挙げられる。詳細は当該記事を参照。
フランケンシュタイン
まず注意したいのが、フランケンシュタインという名は元来この屍人間をすものではなく、彼を創造した博士の名前だという点である。既存のステレオタイプとしては「死体の継ぎ接ぎで造られた巨の大男、頭部額を横断する縫合、こめかみの辺りを貫通する巨大な金属ボル ト」といった容姿が挙げられるが、これはおどろおどろしさを誇された姿である。1994年映画フランケンシュタイン』でロバート・デ・ニーロが演じた怪物が、原作イメージにかなり近いだろう。この「造られた怪物」は、成り立ちこそゾンビよりも「フレッシュゴーレム」に近いものの、人の操り人形ではなく確固たる自を持ち、流暢なフランス語を学び操り、ゲーテやミルトン読みこなす知性と心を持っていた。 身体の強健さも問題しだったのに、外見の醜さゆえに人間社会はおろか、創造から名を与えられることもく存在意義を否定されてしまった哀しき存在である。
現在和月伸宏ジャンプスクエアにて、「死体の継ぎ接ぎ人間」という共通点のみを基にフランケンシュタインにまつわる漫画作品『エンバーミング』を連載休載中。元ネタであるメアリーシェリー原作の『フランケンシュタイン』とは名前以外何の関係もないので注意。
キョンシー
明・清の時代から文学作品に登場する、中国ゾンビ。原著では単に符術師の操り人形である者から、水上正しい方角埋葬しなかったせいで自然に起き上がった者、念でった者まで成り立ちは色々。長生きするとしまいには神通を獲得してを飛んだりするとかどうとか。映画作品で確立したステレオタイプは「額に操るための呪符、死後硬直して前に突き出した両腕、足首だけで跳ねて移動」など。他は吸血鬼ロメロゾンビの特徴に影された内容だが、原著にその手の記載はく、民俗学上の根拠もい。これも20世紀以降の後付け創作である。
呪符でコントロールされているタイプキョンシーは、ゾンビよりは「フレッシュゴーレム」の分類に近いだろう。
ラサイト寄生獣
岩明均漫画作品『寄生獣』に登場。最ここまで来ると原義のゾンビからは大分かけ離れて見えるが、「寄生生物に頭部を食い殺され、首から下の身体ユニットだけを死後も操作されている」という成り立ちを考えると、これもまたSF的理由付けに基づく立ゾンビの一種ではなかろうか。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

外部リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゾンビ

346 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 20:45:19 ID: H5I9kcM+C6
今年はゾンビに関する作品で盛り上がった年だったな

映画
6月13日に「カメラを止めるな!」が
最初2館だけの小規模開だったが、口コミの評判により来場者が殺到して上映館は日々増加
その後もパンデミックかの勢いで客足が増え、最終的に監督キャスト映画にも関わらず行収入30億を突破した

ゲーム
HODシリーズ最新作「ハウス・オブ・ザ・デッドスカーレット・ドーン~」が9月13日に稼働開始
前作から13年以上も経っているうえ、現代となっては敷居が高いと言われるガンシューティングだったが、ロケテでは最大6時間もの長の列ができるほどの大盛況
稼働中の現在でも一部店舗では列ができるほどの大人アーケードゲームとなっている

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
347 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 11:02:37 ID: 9VPSxfrm4a
ゾンビウダー(い粉)
348 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 13:48:34 ID: 7UhHq9eXay
感染しない設定にすると文句言うやつがいるのはロメロバイオの悪影だな。
349 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 00:45:21 ID: rFQFQ4JPDF
>>160-162

似たようなアイデア映画がありましたが、も話題にされなかったので。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimurahirotsugu/20171129-00077843/exit
350 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 13:16:52 ID: Hhh0F7wfBw
感染しないゾンビものがあるとゾンビじゃないって言う人たちがいるよね。ロメロで固定されてしまった弊
351 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 12:32:01 ID: F7iCkp1qCN
これはゾンビ誕生の一歩手前ですね

死後の、一部機回復 ブタ実験チーム
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43877380Y9A410C1CR0000/exit
352 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 00:38:40 ID: 6AXxk06ZGp
ラストオブアスやウォーキングテッドdays goneみたいにゾンビが溢れて荒した世界ってちょっと一回行ってみたいわ
353 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 22:48:40 ID: gKnWH2bkRn
がないのに生きてる人間を襲うのは仲間を増やそうとする本なのか
354 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 16:54:12 ID: XKgXnwCGe8
アニメが盛り上がったし今更ながらゾンビランドサガの『ゾンビィ』について書いてみる。

どうやってったかは作中では『ゾンビ映画観たことないんかい? あんな感じです』と軽い説明だけで終了。だが、が『日本って火葬でしょ?』と疑問にしたり、純子ゆうぎりは死体が残ってる可性すら危ういので少なくとも墓からドーンではあり得ない。
特徴としては覚醒が必要とはいえ意識がはっきりしており、アイドル活動、食事や匂いを気にするなど五感の機は正常。汗も涙もヨダレも出る。
しかし身体は上昇しており、タイラントと生身でやりあえそうな大男を蹴りで吹き飛ばし二メートルか三メートルありそうな門も飛び越える跳躍を有している。
更には弾が貫通した喉もい段階で修復され、身体がバラバラになろうともくっ付ければ治る回復湿布温泉の効を即座に吸収、落が落ちても帯電しビームが放てる驚異の環境適応を誇っている。
だが、生前の傷は治らないのかゾンビィの身体には致命傷となったであろう傷が残っており、死因に関する事がトラウマとして残っている事が多い。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
355 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 15:25:23 ID: d+5AkcaCa9
を見ると
死体だけでなく霊的なものをゾンビといっても
あながち間違いというわけでもないのか

急上昇ワード