タイキシャトル単語

タイキシャトル
7.8千文字の記事
  • 20
  • 0pt
掲示板へ

98年、安田記念

のなかの無敵、タイキシャトル。

性は人を熱くする。

―――2011年安田記念CMexit_nicovideoより

タイキシャトル(英:Taiki Shuttle, 香:)とは、1994年生まれの競走馬種牡馬・功労

日本2番海外G1に勝った名である。ジャック・ル・マロワ賞を含むG1&GI5勝を挙げたが、色々惜しかったでもあった。名由来は「冠名+スペースシャトルより」。

な勝ち
1997年マイルチャンピオンシップ(GI)、スプリンターズステークス(GI)、スワンステークス(GII)、ユニコーンステークス(GIII)
1998年安田記念(GI)、ジャック・ル・マロワ賞(G1)、マイルチャンピオンシップ(GI)、京王杯スプリングカップ(GII)

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
タイキシャトル(ウマ娘)を参照してください。

齢は現在の表記とする。

競走馬時代

タイキシャトル
Taiki Shuttle
生年 1994年3月23日
没年 2022年8月17日
サラブレッド
性・毛色 ・尾栗毛
生産 アメリカUSA
調教 日本JPN
生産者 Taiki Farm
馬主 (有)大ファーム
調教師 藤沢和雄(美)
名意味 冠名+スペースシャトル
登録日 1997年3月23日
抹消 1999年1月16日
戦績 13戦11勝[11-1-1-0]
獲得賞 6億3770万5000円
受賞歴
JRA賞
最優秀短距離(1997-1998)
最優秀4歳以上(1998)
年度代表馬(1998)
顕彰馬(1999選出)
競走馬テンプレート
出自

敗の5連勝で最優秀2歳となったDevil's Bag(デヴィルズバッグ)、WelsMuffin(*ウェルシュマフィン)、は大種牡馬Caerleon(カーリアン)という一流の血統。アメリカタイキファームで生まれ、アイルランド致を施され、日本に輸入された、まさにエリートのお坊ちゃま。しかも毛色はきれいな尾栗毛だがしかし、見たはむしろマッチョヤンキーイメージだった。

1997年(3歳)

見たに反して(?)繊細なところがあったのかとぼけたところがあったのか、ゲート試験に3回も落ちている。なのでデビューは3歳の4月になってからであった。ソエで脚元が固まっていなかったのもあってデビュー戦はダート。ここをほとんど追うこともいまま楽勝するとあっという間に3連勝。なんかもう、この時点で物が違う感じであった。

ところがこの後、菩提ステークス(OP)で逃げたテンザンストームのクビ差2着に負けてしまう。直線で追い込みきれなかったようであるが、結果的にはこの負けが、タイキシャトルの色々惜しかった伝説の始まりだったのかもしれない。

その後ユニコーンステークス(GⅢ)ワシントンカラー子ども扱いして重賞を初制覇した後、スワンステークス(GⅡ)も厳しいところから伸びて勝利。そしてGI6頭を含むメンバーとなったマイルチャンピオンシップ(GⅠ)ではハイペースで全がバテバテになる中、1頭だけ抜け出してきてGⅠ初制覇となった。続くスプリンターズステークス(GⅠ)でも横綱相撲勝。の短距離GⅠを連勝したはタイキシャトルが初めてであった。

圧倒的な戦績から、「もしかして距離路線初の年度代表馬になるか?」と思われた。しかしながら、この年はとして17年ぶりに天皇賞(秋)を制したエアグルーヴにその座を譲ることとなった。惜しい……。

1998年(4歳)

この年はくから海外遠征が噂されており、の短距離路線はタイキシャトルがどれだけ強い走りを見せるか……とファン話題は持ちきりだったのだが、後から明かされた話では、ここで蹄がボロボロになって危うく引退危機という事態になっていたのだそうである。まぁ、復帰初戦の京王杯スプリングカップ(GⅡ)を直線中ほどまでなりで、それでレコード勝ちするのを見せられたら、休養中調整に苦しんでいたなんて到底分からないものである。

にもにも物凄い強さを見せ付け、次はマイル王の座を賭けて安田記念(GⅠ)に向かう。この年の安田記念の日はずぶずぶ不良馬場。中団にいたタイキシャトルは直線で不良馬場をものともせず、伸びに伸びて2身半差の圧勝。重い馬場を苦にしないこのならヨーロッパの深いターフにも対応出来る。「きっと日本初の海外G1制覇を果たしてくれるに違いない!」とファンは太鼓判を押し、タイキシャトルはフランス遠征へと飛び立ったのであった。

高く飛べ

瞳にうつるのは
ただこの一戦の勝利ではなく
ゴールの先に広がる未来
湿った芝を滑走路にして
今大器は羽ばたく。

に乗って往け。
よりも高く飛べ。
なれど視界は良好。
勲章を手にして帰還することが
君に課されたミッションだ。

JRA「名馬の肖像」タイキシャトルexit より

フランスへ渡ったタイキシャトルは順調を伝えられ、ファンはシャトルが出走予定だったG1ジャック・ル・マロワ賞ワクワクしながら待っていた。ところがそのジャック・ル・マロワ賞の僅か1週間前、衝撃ニュースが飛び込んできたのである。

安田記念で10着に負かしたシーキングザパールが、武豊騎手上にモーリス・ド・ゲスト賞(G1)を制して、日本初の海外G1制覇を記録したというのである。「え?何時の間に行ってたのシーキング?」とファンは疑問で一杯になったのであるが、、タイキシャトルと岡部幸雄騎手前から「日本初」という栄記録が消え去ったことだけは確かだった。

こうなれば、意地でも負けるわけには行かない。そして迎えた8月16日ジャック・ル・マロワ賞。タイキシャトルはシーキングザパール武豊騎手が「タイキシャトルはもっと強い」と発言したことや、最大の強敵と思われたIntikhab(インティカブ)[1]の回避もあって圧倒的な1番人気(単勝オッズ1.3倍)に支持された。

1600mのレース直線だけで行うという日本にはコース設定の上、タイキシャトルは入れ込んでいて、中は物見しっぱなし。しかしながら最後の600mでグイグイと抜け出すと、海外を従えてゴールに飛び込んだ。海外競馬に挑戦し続けていた岡部騎手にとっては悲願達成の間であり、表式では想なイメージの強かった岡部騎手を流した。日本2頭海外G1制覇。2週連続で海外G1日本が勝った日本競馬ファンの鼻が最高に高くなった時期である。

世界を制覇した

ワールドカップの余韻さめやらぬフランスに、JAPON文字が鮮に踊った。
シーキングザパールに続く2週連続の日本による海外G1制覇……。
ドーヴィル競馬場、芝1600G1レースジャック・ル・マロワ賞」に挑戦した
タイキシャトルは、2着に1/2身の差をつけて世界の強たちを圧倒。
世界に「日本ここにあり」を強に知らしめた。時あたかも1998年8月…。それは、
日本世界挑戦の歴史然とく1ページとして、永遠に記されるとなった。

JRA ヒーロー列伝 No.45「タイキシャトル」exit より

タイキシャトルのために言えば、同じG1と呼ばれているレースでも、短距離戦(1300m)のモーリス・ド・ゲスト賞マイル戦のジャック・ル・マロワ賞では路線からして違うのである(どちらもそれぞれの路線の最高峰の一つとして扱われるレースではある)。ジャック・ル・マロワ賞フランスマイル王決定戦とも言うべきレースなのであり、そこでタイキシャトルが勝ったのは相当凄い事なのだ。
そもそも、シーキングザパールはタイキシャトルとの対決を避ける都合でモーリス・ド・ゲスト賞へ向かったのである。まあしかしながら日本ファンにはその辺はあまり分からないし関係がいことでもある。惜しい……。

この後、ブリーダーズカップに行くという話もあったものの、結局タイキシャトルは日本に帰ってきてしまった。ムーラン・ド・ロンシャン賞やブリーダーズカップ・マイルでもこのならきっと勝負になったかもしれないし、そうなればタイキシャトルの名現在知られているものの何倍もの高さでられただろうにと思うと、この辺りも惜しい。まあ「競馬タラレバい」ということでもあるのだが……。

タイキシャトルは帰後、連覇が懸かるマイルチャンピオンシップに出走。このレースにはシーキングザパールも出走しており、海外G1が2頭もいると大きく盛り上がった。しかしながらタイキシャトルは、安田記念べて12kgも太かった。大丈夫なのか?とちょっと思ったことは確かである。だがこのレース、直線でしく岡部騎手が全で追ったら伸びる伸びる。なんとマイルGⅠで5身差。これは現在に至るまで破られていないマイルCS最大着差タイ記録である。

タイキシャトルはこの年に引退することが決まっており、このレースラストランになる予定だった。「こんな強いをもう引退させるなんて。もう1回海外に行ってよ!」とファンがブーブー文句を言っていたところ、JRAからの要望で急遽スプリンターズステークスに出走することになった。

タイキシャトルはレース後、その場で引退式をやる事になっていた。当然勝って、その後引退式の予定である。この事に対して競馬解説者の大川次郎氏は「傲慢だ」と怒っていたし「なんや、タイキシャトルのためのレースか。わざわざ関西から遠征してんのに!」と厩舎関係者にもかなり怒っている人もいたらしい。そしてレース当日。単勝1.1倍となったタイキシャトルの体は更に増えていた。去年の同じレースよりも20kg多い明らかに太かった……。

そしてレースではハイペースを追走して伸びあぐねていたところ、本マークする戦略が奏功したマイネルラヴに交わされ、末脚に賭けたシーキングザパールにも差されてしまうのである。接戦の結果はアタマ・クビ差の3着。この3着で連対率100%記録が途切れてしまう。もし13連続全連対ならシンザンに次ぐ記録になり、海外G1を含むなら史上初の快挙になるところだったのだが。惜しい……。

予定通り引退式は行われたのだが、なんだか気が抜けたような雰囲気が見守るファンの間に漂っていたことは間違いない。事実、ターフビジョンに映された最後のスプリンターズステークスの成績欄には「1着」と書かれていた。
ここでもタイキシャトルのために言えば、先述の通りJRAの要請でスプリンターズステークスに出走を決めたという事情があり、急仕上げだったのもそのためであった。それな有馬記念に出してくれれば[2]……。

13戦11勝2着1回は素晴らしい記録だし、海外含めてGI&G1五勝は凄まじいの一言なのだが、なんだかしきりに惜しかった、惜しかったという台詞が出てしまうのは、「このならもっと凄い記録を出せたのではないか」という思いをどうしても抱いてしまうからであろう。それくらい強かった。結局短距離しか走っていないが、体的には2400mくらいならいけそうだったし、ダートも得意だったのだからアメリカで走る姿も見たかった。実に、実に惜しいであった。

引退の年には遂に短距離初の年度代表馬になっているし、日本としては初めてフランスの年度代表古にもなっている。そして1999年25頭JRA顕彰馬に選出された。外国産馬としては初の殿堂入りである。散々記録を後一歩で逃していたタイキシャトルだったが、引退後は数々の初尽くしの栄に包まれている。

競走引退後

種牡馬としてはウインクリューガーメイショウボーラーGⅠ2頭を含む多くの重賞勝ちを輩出したが、中央GIはこの2頭にとどまった(JpnIではサマーウインドJBCスプリントを勝っている)。何だか惜しい気もするが、メイショウボーラーニシケンモノノフと既に孫世代の種牡馬も出ているので、しばらくサイアーラインは続くものと思われる。

2017年に飛節の故障で種牡馬引退去勢を経て認定NPO法人引退馬協会の顔役「フォスターホース」に就任し、2018年11月から日高町のヴェルサイユリゾートファームに移動。2019年には悪質なファンの手で鬣を切られるという憂きにも遭ったが、同牧場で同僚のメイショウドトウたちと共に々自適の生活を送った。

2021年6月にはドトウとともに新冠町のノーザンレイクに移厩。同牧場でドトウ、チーム牧場メトと共に穏やかな余生を送っていたが、2022年8月17日老衰による心不全で死去exit享年28歳。

余談

血統表

Devil's Bag
1981 鹿毛
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Ballade
1972 黒鹿毛
Herbager Vandale
Flagette
Miss Swapsco Cohoes
Soaring
*ウェルシュマフィン
1987 鹿毛
FNo.4-d
Caerleon
1980 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Foreseer Round Table
Regal Gleam
Muffitys
1982 鹿毛
Thatch Forli
Thong
Contrail Roan Rocket
Azurine

クロス Hail to Reason 3×5、Mahmoud 5×5

Devil's Bagアメリカで9戦8勝、GIを2勝した。
*ウェルシュマフィンアイルランドアメリカを走り15戦5勝。アイリッシュ1000ニートイアル(L)を勝利した。タイキシャトルの活躍後、日本に輸入された。
Caerleonジョッケクルブ賞(仏ダービー)優勝など8戦4勝。ヨーロッパでも活躍を出したが、日本に輸入された数多くの産駒が驚異的な活躍をした。

主な産駒

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *インティカブは、このジャック・ル・マロワ賞の2ヶ前に行われた英のマイルG2・クイーンアンステークス(現在G1)で2着アマングメンに8身差をつけて圧勝し、後にこの年G1未出走ながら世界レーティング2位となった。なおアマングメンはこの年のジャック・ル・マロワ賞で半身差の2着に入った。
  2. *これに関して藤沢和雄調教師は「有馬記念東京の2400mなら使いますよ。シャトルは頭がいいから、中山2500mだと1周ゴールと勘違いしてしまう」という見解を示している。
  3. *当時、天皇賞には外国産馬出走不可の規定があった。天皇賞外国産馬が出走できるようになったのは、タイキシャトルが引退してから2年後のことである。
  4. *東スポ競馬2022年8月17日の取材exitより。
  5. *実はその*スキーパラダイスとタイキシャトルとの間には「サトノパラダイス」という産駒が居る。サトノパラダイス園田競馬場で2連勝後中央競馬へ移籍したが勝てずに抹消引退後は乗になっている。
  6. *netkeiba『【藤沢和雄調教師】「タイキシャトルを牝馬にしたような…」グランアレグリアと挑む最後の天皇賞・秋exit』より。

【スポンサーリンク】

  • 20
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%88%E3%83%AB
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タイキシャトル

205 ななしのよっしん
2022/08/23(火) 23:12:46 ID: /ecHyUm3EW
ノーザンレイクダイアリーの追悼記事を見るに慣れてきた相手にはいたずら始めるみたいだね
206 削除しました
削除しました ID: zzpt1qif0t
削除しました
207 ななしのよっしん
2022/08/27(土) 04:10:16 ID: /ecHyUm3EW
ニコニコ一般会員なんでつきで見られるの今日までなんでnasneに録画してあった好王さっき見たわ
ほんと若々しいわ
最後の方のニコニココメでこのあと亡くなったんだよねがいつもならネタコメントなんだけど今回は本当で亡くなったんだよなぁと追い込みが…
208 ななしのよっしん
2022/08/27(土) 10:38:12 ID: sFUjes8zkt
JRAメモリアル動画投稿したな
めて見ても化け物だった
209 ななしのよっしん
2022/08/27(土) 20:02:02 ID: M5vhmdDoS1
走りの凄さ見せつけたあとでむしゃむしゃのじいじ見せるJRAメモリアル。年とってもつやっつやの色だなじいじ
210 ななしのよっしん
2022/08/28(日) 01:22:13 ID: /ecHyUm3EW
メイショウドトウタヌキ動画から見始めたからレースすごいけど最後の方の牧場映像が自分にとってのタイキシャトルって感じだなぁ…
211 ななしのよっしん
2022/08/28(日) 11:36:34 ID: TQXgN9RGdu
自分も現役時代は知らないからタイキシャトルといえばのんびり食べてるじいじ
ドトウと合わせて最近の露出が多かったからってのもあるけど
現役時代もすごかったから当時のエピソードがいっぱいあるし
今からでもいろいろ知ることができていっそう着が湧いたというのもあるかな
現役時代を知らないのに亡くなったことがこんなに悲しく感じるとは思わんかった
212 ななしのよっしん
2022/08/28(日) 11:50:12 ID: LIYkrarZrr
生きているうちにあいたかったなあ…
213 ななしのよっしん
2022/08/31(水) 10:12:46 ID: lwgPUzlsXK
サイアーはニシケンモノノフに全てが委ねられてるがどうなるやら
214 ななしのよっしん
2022/09/02(金) 00:04:51 ID: /ecHyUm3EW
タイキシャトルの最後の動画つべ引退馬協会さんのところであがったで
ワイはまだダメだからもうちょい経ってから見るね…

急上昇ワード改

おすすめトレンド