タイタス・クロウ単語

タイタスクロウ

タイタス・クロウとは、CCD(クトゥルー邪神群)と死闘を繰り広げるオカルト私立探偵である。

日本では斬魔大聖デモンベイン主人公「大十字九郎」の名前の元ネタになった人として有名。
タイタス→「大」「+(たす)」、クロウ→「九郎」)

概要

イギリスホラー小説家ブライアンラムレイ1975年から発表しているクトゥルフホラー小説群の主人公
数秘術やクトゥルフ神話の知識とかを駆使するオカルト探偵。年齢は初登場時で既に壮年。
親友は、ラヴクラフトの短編「銀の鍵の門を越えて」で登場したエティンヌローラン・ド・マリニーの子孫、アンリ・ド・マリニー。

タイタス・クロウ・サーガ(ネタバレ注意)

全6巻からなる、二巻タイタスが主人公クトゥルフ神話冒険譚
……冒険譚である。あんまり恐怖ではない。少なくとも、いわゆる「クトゥルフ的」な恐怖をめて読んではいけない。
ベースは「邪神に立ち向かう人間」という構図だが、

他色々、いわゆるラノベ的なノリの何かである。しかし、第1巻「地を穿つ魔」は1974年に原版が上された作品なので、「クトゥルフ神話で」「このノリを」「70年代に」実現したことは実にスゴイことだ。
あと、そんなノリだからつまんないということは全くない。と個人的には思う。まあ読んでくれ。

なお、二巻でタイタスは旧神のスポークスマンにして銀河最高の科学者クタニドに依りサイボーグ改造されている。

ちなみに、ウィキペディア先生によると6巻全ての邦訳が決定している。(現在、2巻の「タイタス・クロウの帰還」まで発売中)
たぶんというか間違いなくデモンベインが売れたからだと思う。

邦訳作品紹介(詳細なネタバレ注意)

邦訳は、現在、創元推理文庫から短編集1冊と、タイタス・クロウ・サーガに属する長編2冊が発売されている。
(短編集に関しては、書刊行会から「の召喚者」というタイトルで出ているが、入手は困難だと予想されるので、現在簡単に手に入るものを記載)

タイタス・クロウの事件簿(短編集)

タイタス・クロウの周辺で起こる怪事件を年代順に並べたもの。
ラヴクラフトの中編「銀の鍵の門を越えて」に出てきた「ド・マリニーの掛け時計」がなんなのかというヒントが出る短編があったり、なんでタイタスはそんなにスゴイのん? という疑問に身も蓋もなく答える短編が最初にあったりする。

地を穿つ魔(タイタス・クロウ・サーガ #1)

「地を穿つ魔」シャッド=メル退治をめぐってタイタスとアンリが右往左往する話。
しかも、邪神対策が後手後手に回ってて徐々に余裕がなくなってくる。
後の展開を考えると、まだこの頃はまともにクトゥルフホラーものをやっていたのかもしれない。

タイタス・クロウの帰還(タイタス・クロウ・サーガ #2)

タイタスが未来恐竜時代、宇宙の彼方などを彷徨った末に、大十字九郎もびっくりの若々しいイケメンサイボーグになる話。サイボーグの描写がアレなのは70年代なので許して欲しい。
また、タイタスVSヨグ=ソトースという無理ゲーにも思える決闘も描かれる。その結末は……
しかし、緑髪美少女に出会う前からぞっこんラブされ、出会ったその晩にベットインとかそれなんてエロゲ? これにはさすがのマスター・オブ・ネクロロリコンもびっくりである。

幻夢の時計(タイタス・クロウ・サーガ #3)

壮年でどちらかと言うと知と霊感が売りだったのに、前作で改造された結果肉体的にも人になったせいか、やや力技立つようになったタイタスが「夢の国」を舞台に縦横尽に立ち回る話。
夢の国」と言っても舞台ネズミの国ではなく、「未知なるカダスを夢にめて」の舞台である。
全体的に「未知なるカダスを夢にめて」を前提としているストーリーであり、もし未読であれば一度こちらを読む事が望ましいと思われる。
登場するキャラクターや土地について基本的には御大の設定を踏襲しつつも独自の解釈がなされており、クトゥルフ神話シェアードワールドであることを全活用している作品である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タイタス・クロウ

30 ななしのよっしん
2015/02/25(水) 20:12:08 ID: qKidu/DNrA
「自分のキャラ世界観を使ってどんな作品を作っても構わない」
というのがラヴクラフト御大の遺志だからな。

まぁ、ここまでカオスな事になってるとは思わなかっただろうけど
31 ななしのよっしん
2015/05/05(火) 14:14:27 ID: NmMW6CxrWR
クトゥルフ英国面が正面衝突した結果の産物…でいいのか?
32 ななしのよっしん
2015/09/22(火) 08:48:42 ID: GSCH8RKwS6
どっかのカップ麺一個で召喚されるノーデンスクトゥルフ作品にあるまじきチート、どっちがクトゥルフ的にましやら……
33 ななしのよっしん
2016/01/13(水) 01:48:19 ID: UXop3hlv1z
御大魚介類恐怖症がフォースの英国面に取り込まれた結果である
イギリス海洋国家だからね仕方ないね
34 ななしのよっしん
2016/02/12(金) 23:19:57 ID: MUYKoxOKZg
ちなみにラムレイ神話の中ではクトゥルフ以外の格はみんなクソザコナメクジってことを念頭に置いておかないと、ヨグ=ソトースビビらせるクトゥルフとかニャルラトホテプが遊びとかじゃなくでクトゥルフにこき使われているとかショッキングシーンが多い
35 ななしのよっしん
2016/04/02(土) 06:22:04 ID: zgvavI9+JM
この頃にはもう、クトゥルフ神話というか小説テンプレ
ガッガチに固まってたんだろうから、それを壊そうとしてこうなったって感じなのかな
36 ななしのよっしん
2016/04/24(日) 19:18:07 ID: k+0zrSnmOY
とは言えラムレイもこんなやたら人間が強い小説ばかりでなく、なす術もなく人間が恐怖の混沌へ堕ちていくホラー作品もいくつか書いてるよ
今も較的入手容易な本としては、書刊行会のク・リトル・リトル神話大系第5巻にラムレイの短編が四つ収録されてる
37 ななしのよっしん
2017/05/12(金) 23:45:34 ID: k+0zrSnmOY
とりあえずシリーズおめでとうございます
翻訳先生は本当にお疲れさまでした

『幻夢の時計』あたりからは最全に冒険ファンタジー小説になってたなwwww
主人公たちが強すぎるクトゥルフ神話ってのも新鮮で、面かった
38 ななしのよっしん
2018/01/10(水) 00:35:58 ID: H7Me3raLyz
>>36
短編の「大いなる『C』」の絶望感やばいよな
クトゥルー作品の中でもあそこまで全に詰んでる作品はあんまりない
39 ななしのよっしん
2019/02/19(火) 22:58:46 ID: EVYJK/lkl+
クソ主人公いいわ
他はBLACKSOULSぐらいしか知らないけど