タイ料理単語

タイリョウリ

タイ料理とは、タイ王国が発祥の料理である。ここでは合わせてタイの食糧事情にも触れる。

概要

一般的なイメージとして「トムヤムクン」に代表されるような「辛くて独特」と言われる事が多い。辛いのは唐辛子を多用する為であり、独特の味はパクチーに代表されるハーブを使用する為である。特にパクチーはその独特の味に好き嫌いがはっきりと分かれる。しかし、タイ料理はその一言でれるものではなく、甘かったりするものがあり非常にが深い。

近代タイ人のルーツをなぞらうがごとく、中華料理、特に潮州料理の影を受けており大衆料理であるクイッティアオは元々潮州料理の一つであり、名前もそれに由来している。

コメはいわゆるタイと言われるものを使用する。細長くパサパサとしているのが特徴である。なお東北地方ではもち米が食される。フォークスプーンで食するが、もち米の場合は手でこねておかずにつけるような感じで食する事が多い。タイを使用する料理としてはチャーハンの様な炒め飯が多い。

類はガイヤーンに代表されるように鶏肉、または豚肉が多い。また、首都圏が近い事や中華料理の影を受けているので産物を利用した料理も多い。

調味料ナンラーが多いが、ココナッツミルクを使用しているものも多い。味のアクセントにパクチーに代表されるハーブを多用する。この部分でタイ料理独特の味を印付けているものと思われる。興味深い事にクイッティアオなどを食する際にはその日本で言う所の胡椒や醤油お酢ならぬ「唐辛子砂糖唐辛子ナンラー」がある。

果物も非常に豊富でスイカミカンドラゴンフルーツなどがあちこちで食されている。有名なのはドリアンであり「果物王様」と言われるが排物と例えられるオイニーで非常に好き嫌いが分かれる。

カービングと言われるものも有名である。果物野菜を使って、バラなどに形作るものであるが食するのが惜しくなるほど美しいものもある。

このようにタイ料理は辛さと甘さ、そして味や視覚で味わう料理ともいえよう。

イーサーン料理

タイ料理の中でも東北地方で食されるものはイーサーン料理と称される事がある。そもそもタイ東北地方は文化的にはバンコクなどの中心部とは大きく異なる文化圏であり、ラオス文化圏に近いのでその様相も大きく異なる。

の所で紹介したようにもち米を食し、それを手でこねて団子状にして、おかずにつけて食べる。おかずの味付けは非常に辛く、タイ料理=辛いイメージはここからきている。そして、昆虫食も行われている。イナゴタガメコオロギ素揚げで食されている。

東北地方からの出稼ぎが多いバンコクではイーサーン料理レストランもあるが、屋台やかご売りも多く、タイと言うの姿を垣間見る事が出来よう。

タイにおける食事事情

タイにおいては日本のようにレストランフードコートが見られるが、屋台も非常に多く、前だろうがコンビニの前だろうがあちこちに点在している。クイッティアオ一杯でだいたい40バーツ、現在のレートでいえば日本円で80円程度である。屋台で食する場合、自分が食したいものをあらかじめ選ぶ事が出来るので、チャーハン的なものにエビやら豚肉などを色々とてんこ盛りもできる。

衛生事情はレストランなどではさほど問題ではないが、屋台の場合は注意が必要である。

は生で飲む事は出来ないのでコンビニなどで購入する必要がある。清飲料の種類は多いが特に緑茶を飲む際には日本と違い砂糖が入ってる事が多いので、日本の感覚で飲んだ場合に違和感を強く感じるであろう。なお、アルコール類は法律によりコンビニなどでは販売時間が日中の一部時間帯と半前までに制限されている。また、日本では見られない飲み方であるが、ビールを飲む時はコップの中に氷を入れる。

現地で流行りの料理日本料理である。ワサビ辛い感覚がすんなりタイ人に浸透していると言う事もあるが、健康に良いと言う事で日本料理屋が大小あちこちに存在している。また、ラーメン屋も多いが、ほぼ日本で良く見るスタイルである。これらの料理タイの所得から考えれば、割かし高いお値段となっている。

なお、タイで有名な日本料理屋としてOISHIと言う会社があるが、日系ではなく純タイの会社である。それなりに日本料理下地にしているが、日本人から見ればちょっと突っ込みどころがある。近年、この会社は「チャクザ」なるジュースが販売されているが命名の由来は「お茶」「ヤクザ」「ソーダを意味するタイ語ザー」という良く分からない理由で命名されたが、書いてあるイラストはどう見てもチャラ男です。本当に(ry

なお、日系のレストラン大戸屋8番らーめんココイチなどが進出している。また、スクンヴィット通りのの方には日本村といわれる日本料理屋が集まるところがある。

タイ料理一覧(一部)

斜字はイーサーン料理由来をす。順不同。

タイブランドの飲み物(一部)

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%82%A4%E6%96%99%E7%90%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タイ料理

1 ななしのよっしん
2013/10/21(月) 01:54:02 ID: kNKLKOnNKh
タイ料理といったらパッタイとカオマンカイガバオは外せない。あんまり周りに好きな人いないけどクイッティアオ・ハンは個人的に大好きな一品。
2 ななしのよっしん
2014/01/21(火) 12:35:45 ID: XDGGCryTkx
ゲーンの類いも辛くいのが結構あるね
つか辛いのっていわゆるタイカレー扱いされてるのしか知らん
ゲーンキョーワンとかさ

話に聞くと唐辛子が入ってくる前は
コショウの実で辛みを付けていたらしい
3 ななしのよっしん
2017/01/15(日) 21:55:21 ID: rTVf7HnFwo
トムヤムクンも代表料理だけど、あれは苦手だなー
パオやパッタイはめっちゃ好きなんだけど
4 ななしのよっしん
2017/05/16(火) 21:59:15 ID: zRgzmvli7G
商業施設内の小綺麗なタイ料理レストランよりも、バンコクの外れのすごい辺鄙な場所にあった大衆食堂の食事の方が個人的に好みだった。
なんか都市部の料理ほど甘さが強いような気がする。単体ならともかく、テーブル上の食事全てが甘くて辛いのは流石にキツい(>_<)
都市から外れた場所は気と辛さの強いご飯が進む料理が多くて、日本人の舌には合ってると感じた。
5 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 10:27:37 ID: huzC9kMh0c
辛いものはなんでもどんとこいで日本でもあちこちで食べられるのがうれしいけど、
カオニャオマムアンが見当たらない…気軽に食べたい…
6 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 12:31:09 ID: NohxVlOGZQ
タイってナンラー原料のカタクチイワシとかどこから輸入してんの?