タッチ!カービィ単語

タッチカービィ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

タッチ!カービィ』とは、2005年3月24日に発売されたニンテンドーDSゲームソフトである。開発はHAL研究所、販売は任天堂北米版タイトルは「Kirby: Canvas Curse(カービィキャンバスカーズ)」で、欧版のタイトルは「Kirby: Power Paintbrush(カービィパワーペイントブラッシュ)」。

タッチ!カービィ
ジャンル ペンアクション
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 任天堂
開発元 HAL研究所
発売日 2005年3月24日
価格 4,800円(税込)

ストーリー

ここは平和プププランドカービィは、今日ものんきに散歩中。
すると突然の前に怪しい魔女が現れ、あたり一面を絵に塗り替えてしまいます。
カービィに気づいた魔女に不思議な額縁を描き、その中へと逃げ込みました。
カービィが後を追った額縁の中には、絵画の世界が広がっていました。魔女は、立ち向かうカービィボール魔法をかけて飛び去ります。
魔女が落としていった、不思議な絵筆カービィが触れると、絵筆色のを放ちつつあなたの手元へ……。

概要

魔女ボールに変えられ自では動けないカービィを、タッチペンで引いたラインゴールまで導いていく。
独特の操作感覚を持つゆえはじめは思い通りに動かせないが、慣れてしまえばカービィ自由自在に走行させることが出来るので爽快感は高い。

コピー能力の数は少なく、基本操作はラインを引くか、カービィを突っつきダッシュさせるか、敵を突っつきシビレさせるかだけ。それだけでは単調になるが、敵の配置や多ギミック、よく練られたマップ構成のおかげで飽きることなくプレイすることが出来る。美麗背景画像やBGMも評価が高い(BGMラスボスを除きほぼ過去作のアレンジサブゲームに使用されたBGMは非常に大胆なアレンジ曲で、カービィファンなら驚くだろう)。

出来るだけラインを引かずにゴールするライントライアル光速タイムトライアルなど、やりこみ要素も充実している。トライアルストーリーモードプレイした各ステージ内のどれか1マップ舞台とし、最終ステージ以外のすべてのステージに用意されているのでやりこみにも対応。

難易度は高め。奈落強制スクロール、プレスギミックなどの即死要素が多く(自で動けないカービィ奈落はきつい)、そもそも操作が難しいので初心者はよく死ぬ。その救済のためか、100集めると残機が増えるポイントスター中に多く配置されている。
サブゲーム難易度も高く、最高難度レベル3はちょっと投げたくなるほど。しかしこの作品、パーセントクリアの条件にレベル3での高スコアが含まれているので挑戦せざるを得ない(トライアルでの高スコアも条件に含まれる)。
だが無理ゲーと呼べるほどの難度ではなく、でも楽しめるゲームとなっているのだが、他のカービィ作品とべやや知名度が低い。

ボスとサブゲーム

この作品は、ラスト以外のボスとは直接戦闘を行わない。その代わりサブゲーム対決することになる。
サブゲームは全三種。プレイヤー側が選択可ストーリーモードクリアしなければならないのは6回であり、各ゲームを二回ずつクリアすることになる(最初はレベル1、次はレベル2)。一度クリアすると、そのサブゲームのそのレベルは選択不可能になるが、レベル2をクリアするとスタートメニューサブゲームで遊べるようになる。

ペイントパニック

画面に複数の点が表示される。ペイントローラーが見せるお手本どおりに、点と点を線で結び絵を描いていく。
途中、るパネルをすばやくタッチする中ボス的な場面もある。

クリアのコツは正確さ重視。多少遅くてもミスしないほうが結果的にはい。

トロッコチェイス

ジェネレーターを上下に動かし、牽引するカービィトロッコゴールまで導く。一緒に走るデデデトロッコより先にゴールすれば勝利トロッココース上の食べ物アイテムを取ることで加速。2個同時取りだと最大スピードになるので出来るだけ同時に取りたい。

クリアのコツは、覚えること。コースアイテムの配置も邪魔な敵キャラもすべて固定。
カービィスタートラインに重なった間、どこでもいいので画面をタッチするとスタートダッシュが出来る。ボーナスポイントも入るので必ず行おう。

ブロックアタック

ブロック崩しアクションゲームにしたようなモノ。ラケットを描いてカービィを上手に弾きゴールす。このゲームの中でのみ敵に触れてもダメージを受けずそのまま倒せる。トゲ電撃ブロックに触れるとHPが減り、なくなるとゲームオーバー。残り時間がゼロになってもアウト(時間は1エリアクリアするごとに追加される)。
ステージの最後にはクラッコjr.かクラッコボスとして待ち受けている。レベル3では、クラッコを倒してもゲームが終わらずエンドレスになる。クラッコ電撃を行うので注意。

クリアのコツはブロック破壊にあり。ブロックタッチ耐久を減らせる。ひび割れ状態になるまで減らすと、カービィがぶつかってもそのブロックを破壊しそのまま突き進むので、邪魔なブロックはどんどんタッチしていこう。ブロック密集地帯を突破するときは、ブロックのすぐ近くに何度も素ラケットを引き、ブロックからの跳ね返りを利用して連続で体当たりをしたほうが効率がいい場合もある。状況によって使い分けよう。
一番大事なのは慌てないこと。ミスをして、慌てておかしな度でラケットを引くとさらに困った状況になる。カービィが意図しない方向へ跳んだときは落ち着いてラケットを引き直そう。

ドロシア

カービィボールにした魔女で、ラスボス。その正体はエンディングで明かされる。
他のボス戦と違い直接対決することになる。それまでとは異なる操作をめられるので、初見で倒すのは少々難しい。
らしい容姿と可らしいヤラレを持つので、一部では大きな人気がある。だがそれは第一形態の話で、第二形態は……カービィラスボスにはよくあることです。
専用BGMは第一形態と第二形態それぞれに用意されていて、そのどちらも評価が高い。
彼女との戦闘フィールドまでの中の背景は、非常に美麗な油絵のモノ。背景BGM、すべてを合わせ、ドロシアには「HAL研の本気」が見える。

小ネタ

ループ

カービィが乗るラインの途中にループを描くと、そこを通ったカービィは強制的にダッシュ状態になる。通常のダッシュとは違い、ラインをそのまま引き伸ばしていけば途切れることなくダッシュし続ける。カービィに触れずにダッシュ状態を保てるので自由ライン操作が可、通常では不可能な高速移動を実現できる(インクが続く限り)。このゲームおまけ要素でカービィ以外のキャラクターも操作できるのだが、その中には通常ダッシュが行えない者もいる。しかしループを使えば彼らもダッシュすることが可
タイムトライアルには必須のテクニックで、ストーリーモードでも活躍の場は多いのだが、何故か説明書もチュートリアルもこのことは説明してくれない。公式サイトでは紹介されている。

クレジットタイトル

クレジットタイトル時に現れる敵の絵画は、タッチペンで連打すると下へ落とすことが出来る。大きい敵やボスになると耐久度が上がり、多くの打ち込みが必要となる。
プレイヤーを退屈させないためのHAL研の配慮、もしくは遊び心だろう。

RAINBOW

ステージの名前の頭文字をとると、

Reddy Land     レッディ ランド
Aronge Valley     アロンジ バレー
Ieras Adventure    イエラアドベンチャー
Neo Geneo     ネオ ジェネオ
Buel Hills     ブエル ヒル
Oltram Area     オルトラエリア
Wonder Vilet     ワンダバイレット

RAINBOWとなる。カービィシリーズに見られるステージネタ。本作においては重要な要素である。

続編

この「タッチ!カービィ」発売から約10年たった2015年1月22日、続編という形でWiiUより「タッチ!カービィ スーパーレインボー」が発売されることが発表された。
DSのタッチカービィとの雰囲気は一変、粘土カービィ達やステージが表現されている。(そのため最初は毛糸のカービィのようなタイトルになったりするのではないかと噂をされていた。)
しかしカービィの操作はWiiUGamePadを使用しステージ色のロープを描くというDSタッチカービィそのもの。また今回はマルチプレイ実装しておりカービィの他にゲームに参加するプレイヤーワドルディを操作。ワドルディカービィを持ち運んでサポートする。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%21%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タッチ!カービィ

196 ななしのよっしん
2019/09/04(水) 19:44:59 ID: PHdmkkyfoU
うわあ…やったなぁ…。
ばあちゃんちに行くまでのの中でやってたの覚えてる。ラスボスの怖さと美しさがないまぜになった感じが小学生をも魅了した素晴らしい作品なんだよなぁ…。
197 ななしのよっしん
2020/07/25(土) 22:15:09 ID: w4AEsu9Wrd
ラスボスBGMが後年に本編ボスラッシュ休憩所で使用されるという衝撃
そりゃ石川淳さんも動揺を隠せない反応になりますわ
198 ななしのよっしん
2020/07/26(日) 18:50:18 ID: r1q+JBLJBh
>>193
今から見た場合なら当たり前なんだよなあ何で変な対抗心出した
そもそもタチカビ自体がもはやレトロゲーの部類だわ
199 ななしのよっしん
2020/09/01(火) 23:05:38 ID: 3vY4Bp4CqG
タッチカービィ外伝でもコピー能力がしっかりあるから本編よりなのは分かる
あつめてや毛糸、スーパーレインボーとか世界観はカービィでもやっぱりコピー能力の有で印すごくかわる
200 ななしのよっしん
2020/09/04(金) 17:30:30 ID: VTqtSTkdaD
>>198
別に対抗心だしたつもりないけど、どこをどう見たらそうなるのか
今となってはそれすらも懐かしいよね程度のことなのに
そもそも>>187の言ってることを否定してるわけじゃないのに
変な対抗心だしてるのはあなたでは?
201 ななしのよっしん
2020/09/06(日) 13:14:41 ID: r1q+JBLJBh
>夢の泉デラックスからタッチまでの期間からして大して懐かしくないんだよなぁ
そもそもこれに対してあんなリアクション返す事自体が?なんだよなあ
202 ななしのよっしん
2020/09/06(日) 15:43:55 ID: VTqtSTkdaD
どうでもいい

それよりタッチの曲ってホント独特だよなあ
ラスボス二形態なんか曲と言っていいか難しいレベル
ちょうどウルデラが出たあたりの時期でゲームbGM興味持ち始めた時期だったから、なおさらタッチ!の曲には惹かれたわ
当時はトロッコチェイスが好きだった

203 ななしのよっしん
2020/09/13(日) 18:44:47 ID: D9t3SZjZJJ
トロッコチェイスデデデ大王のテーマは他のデデデテーマよりも異質なアレンジで凄く好き
でもトロッコチェイスは勝てなくて凄く苦戦していた記憶…
204 ななしのよっしん
2020/10/04(日) 23:17:50 ID: wIKWxh8pxw
タッチ操作はスイッチでは厳しそうだけどいつかリメイクしてほしいな
205 ななしのよっしん
2021/06/09(水) 19:32:20 ID: wIKWxh8pxw
この作品から数字路線とスパデラ路線の要素が混ざり始めたよね
ソウルも含めて色んな意味でターニングポイントになった作品だよな