タトゥイーン単語

タトゥイーン

タトゥイーンとは、スター・ウォーズシリーズに登場する砂漠惑星である。

概要

タトゥイーンは、アウター・リムのアーカニクス・センターに位置する砂漠惑星であり、ホイル銀河の中でも最も古い惑星の一つと言われている。

銀河の中心から4万3千光年離れており、恒星が2つ、衛星が3つあるのが特徴。

惑星の特徴として、日中は焦げるように暑く、は凍りつくように冷たい。発掘された化石から、形成期には海洋に覆われていたらしいが、現在はほぼ枯渇している。

古代海底だった土地に豊富な鉱物が眠っているという情報が飛び交っており、一発当てようと大量の入植者達がやってくる。タトゥイーンの原住民であるジャワ族やサンドピープル達は、虐殺詐欺で入植達が希望を抱かぬように警告したが、意味に終わった。

ききった土地からわずかばかりの分を搾り取りながら、入植者達は世代が入れ替わっていくごとに少しずつ心を閉ざし、引きこもっていった。後から流れ込む密輸業者や奴隷商人、法者たちを受け入れ、ついには逆の生活に身を任せるようになっていった。

アナキンルークの故郷として映画では生活などが描写された。

映画でのロケ地はチュニジア砂漠地帯が使用されている。撮影時に建設された建物などは2014年現在でもまだ残されており観光名所となっている。

モス・アイズリー

モスアイズリーとは、タトゥイーン最大の都市であり宇宙港。

ここは、長い間あらゆる種族の宇宙船乗りや泥棒、密輸業者、ならず者たちの天国であり、や悪党の群がるつまらないであることを誇っていた。

しかし、ポッドレースの人気が落ちて、奴隷商人やジャバ・ザ・ハットのような犯罪者達が、レースの中心だった北部のモスエスパを見限るようになって、この宇宙港の地位が上昇した。

モスアイズリーの旧中心にチャルマンの場と呼ばれる場所があるが、ここは単にを飲んだり娯楽を楽しんだりするだけの場所ではない。タトゥイーンのクソみたいな宇宙港をしょっちゅう利用している賞稼ぎや密輸業者などがオフィス会議室、取引の場でもある。

映画では、ルークオビ=ワンハン・ソロチューバッカの二人と出会った場所でもある。

トシュ・ステーション

タトゥイーンのアンカーヘッドのすぐ外にある、発電と配給ステーション

近隣の農家が必要とする事や凝結機に必要とするエネルギーのほとんどを供給している。

また、ランドスピーダーやリパルサーリフトの動充電もここで行うことが出来る。

このトシュ・ステーションは、ルークの友人であるレイズ・"フィクサー"・ロネオズナーが預かっている。お客はめったに来ないらしく、オーナーメールトシュはほとんど顔を出さないので、フィクサーと友心達はしょっちゅうここにたむろして、乗り物をいじったり乗り回したり、電子ビリヤードで遊んでいる。

映画では言及された程度であったが、ルークは機会を伺って友人とステーションで過ごしている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タトゥイーン

1 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 08:47:05 ID: LD8LhsVUlV
砂は全てを駄にする