タニノギムレット単語

タニノギムレット
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

タニノギムレットとは、1999年産の日本の元競走馬、元種である。鹿毛
名は冠名のタニノカクテルギムレットを合わせたもの。 

概要

現役時代

ブライアンズタイムニノクリスタルクリスタルパレスという血統。は生産者のカントリー牧場ゆかりの血統、クラシック戦線で活躍したで、そののタニノスイセイも重賞戦線で活躍した期待の血統である。
体は走るブライアンズタイム産駒の例に漏れず、筋マッチョな好体を誇っており、とても距離が持つように見えなかった。

いろんな意味で有名な松田英厩舎に入厩し、厳しい訓練を積む事となった。デビュー札幌開催。ここで2着に敗れるとまで自重し、12月阪神開催の未勝利戦を快勝。
続くシンザン記念(GIII)とアーリントンカップ(GIII)を上がり最速の脚で撫でりにし重賞連勝を飾り、クラシックの大本命に推される存在になった。

しかし重賞連勝中上であった武豊が落事故でしばらく乗れなくなってしまい、四位洋文に乗り替わりとなった。乗り替わり初戦のスプリングS(GII)こそ追い込んで勝利したものの、皐月賞(GI)ではいつものように後方から進出するも明らかな判断ミスで大外をぶん回し追い込み切れず、終いにゴール手前で追うのをやめてしまったせいもあり3着に敗れてしまう。 
直線の短い中山で、100mは損したと言われるほど外を回した判断は明らかミス、そして追うのをやめたのは一歩間違えば怠慢騎乗で罰ものであり営は激怒するも後の祭りであった。
次走、調教師の信念であるローテの通りに進んだNHKマイルカップ(GI)では武豊が急遽して復帰し騎乗、圧倒的な一番人気に推されるが
今度は直線で勝ちのテレグノシスが斜行した煽りを受けよろめきなんとか立て直すも3着に敗れてしまう。
武豊激怒したが審議の末テレグノシスは降着にならず。念。武豊さらに大激怒。それでも日本ダービー(GI)ではまた一番人気に推され、直線に向いて外を回って進出開始すると、今度は邪魔するものもなく、広々とした長い直線を脚のままに突き抜けダービー制覇を成し遂げた。
武豊はこれでダービー史上最多勝となる3勝を記録。オーナー雄三も信夫がタニノハローモアタニノムーティエダービー制覇を達成しており親子制覇となった。
神戸新聞杯から天皇賞(秋)が予定されていたが、放牧中に屈腱炎を発症し引退タイマー破裂!入りすることになった。

種牡馬時代

入り後はいきなりウオッカを輩出。ながら同じ23番を背負い上四位でダービーに出走。父親そっくりので突き抜け史上初のダービー制覇を成し遂げるなどGⅠ7を挙げ顕彰馬に選ばれる大活躍。ギムレットの名も高まり、自身はノーザンダンサーミスタープロスペクターも持たず配合相手には困らない為、ブライアンズタイムサイアーラインを広げる存在として期待されていた。

しかしロベルト系の宿命か走らないハズレも多く安定感に欠けるため、段々いいが回ってこなくなってしまう。更に2014年からはレックススタッドへ移動し、社台スタリオンステーションべると不利な環境での種生活を送る負のループに入ってしまい、遂には2020年に種引退することとなった。後継種としてはクレスグランドとハギノハイブリッドが居るが、どちらも種付け数が一行台に留まる状況である…。ウオッカのような産駒がにも出ていればなぁ。

功労馬時代

ヴェルサイファームで余生を送ることとなった。しかし、牧場についた途端に柵を蹴り上げて破壊。exit近くに居たローズキングダム恐怖させ、ヴェルサイファームの関係者からは破壊神という称号を与えられることとなった。

血統表

*ブライアンズタイム
1985 黒鹿毛
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Kelley's Day
1977 鹿毛
Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale
ニノクリスタル
1988 栗毛
FNo.9-c
*クリスタルパレス
1974 芦毛
Caro *フォルティノ
Chambord
Hermieres Sicambre
Vieille Pierre
*タニノシーバード
1972 栗毛
Sea-Bird Dan Cupid
Sicalade
Flaxen Graustark
Flavia

クロスGraustark 4×4、Sicambre 4×5、Roman 5×5

ブライアンズタイムはGI勝ちがフロリダダービーとペガサスHでGIの多いアメリカでは1流半の成績といった感じだが、日本で種として大活躍した。
ニノクリスタルアネモネステークス(OP)の勝ち
クリスタルパレスジョッケクルブ賞(ダービー)優勝で、凱旋門賞3着。種としてはフランスを中心にGIを何頭が出して日本に輸入されたが、日本でのJRA重賞勝利の産駒はプレクラスニーのみである。

主な産駒

2004年生まれ
2005年生まれ
2006年生まれ 
2008年生まれ
2009年生まれ
2011年生まれ
2013年生まれ

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%82%AE%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タニノギムレット

8 ななしのよっしん
2021/04/25(日) 18:16:54 ID: +eNDI4dWWB
破壊王

>今年22歳の誕生日を迎えるタニノギムレット
>当牧場に来て初日に牧柵を壊し、その後も定期的に牧柵を壊す姿から、いつの間にか破壊王というネーミングが浸透してしまいました。
https://www.versailles-resort.com/birthdayexit
9 ななしのよっしん
2021/04/27(火) 12:03:42 ID: juGiM4RSzF
>>5 日本競馬は土壌が狭いし近隣に産大いから先細りはどうしようもない
日本で4代種が続くだけでニュースになるレベルなんだからかつての種墓場と言われた頃に逆戻りだけはしないでほしいが
10 ななしのよっしん
2021/06/03(木) 23:14:20 ID: +QRKSbkbde
牧場スタッフに今年のダービー動画見せられてたけど、そんなことよりニンジンくれ!って反応で笑った
11 ななしのよっしん
2021/06/08(火) 08:24:27 ID: j2u0empoRq
ニンジン葉っぱだけ残してポイ捨てするよくわからん技術を習得したようだ
12 ななしのよっしん
2021/06/22(火) 22:10:32 ID: Il9CldD/sR
21歳にして食わず嫌いだったリンゴを食べるようになったってのがまた微笑ましい。
13 ななしのよっしん
2021/06/23(水) 08:42:19 ID: eErlJRlnlj
ここに来てキャラの濃さ発揮しまくりで
最初の牧柵破壊王の時点で相当インパクトあったのに、ヴェルサイユリゾートファームで第二の覚醒期迎えてません?
14 ななしのよっしん
2021/06/29(火) 09:37:55 ID: Il9CldD/sR
エアシャカールとかゴールドシチーの例もあるから笑い事じゃないんだけど、なんでこんなに巧く蹴り壊せるんだ…
15 ななしのよっしん
2021/07/01(木) 08:59:51 ID: fdJtJ4EUsS
蹴り壊す動画見たけどめっちゃ手慣れてる感ある
16 ななしのよっしん
2021/07/21(水) 03:51:57 ID: juGiM4RSzF
メドウラークは晩年ジャンパーとしての素質を開化させたが乗 ブラックスピネル死亡 
ブライアンズタイム系は芝ではもうダメかもわからんね・・・ブライアンズタイムで一番マシな種成績だったけど あとはフリオーソダートで頑るのを期待する位か

血統構成的にはかなりの良血になるクレスグランドはもっと推してあげたいけどなぁ 勝ち上がり率はクソ高いし
17 名無し
2021/07/30(金) 12:43:38 ID: KAqdbtInmC
ブラックスピネル (-人-)

おすすめトレンド