タミヨウ単語

タミヨウ

タミヨウは、トレーディングカードゲームMagic: The Gathering』の登場人物である。

プロファイル

「アヴァシンの帰還」で初登場したプレインズウォーカー。出身地は戦国時代日本のような次元河」である。

この河、いろんな意味で独特すぎる世界設定、前ブロックミラディンから大幅低下したカードパワー[1]初心者も経験者も泣かせるクセの強い新、やってはいけないデメリット推し、タイミング全に誤ったMTG翻訳小説の販売(しかも、ブロック小説は3冊あるのに1冊しか翻訳されてない)と、非常に業の深い「ブロック」の舞台であった。

ムーンフォーク、あるいは民と呼ばれる次元の住人は、秘密義でありながら探究心豊かな人種である。 自らの次元の形上的なに関する彼らの知識は群を抜いている。 実地研究を専門とする学者のタミヨウにとって、プレインズウォーカーとなって多元宇宙へとつながる筋を発見したことは、どんな夢よりも素敵な出来事となった。 彼女の眼にはどの次元も、巻物にしたためて偉大なる宮のに納めるべき、未開拓の知の宝庫に見えた。

タミヨウにとってすべての次元は他とは異なるを有している。そしてイニストラードの場合、そのとは銀色であった。 そしてタミヨウは銀色を探るためにイニストラードへと渡った。 タミヨウはイニストラードの周期を何回にもわたって観察してきた。プレインズウォーカーとしての技を使い、その周期が世界に向けて発する本質を探ろうと試みてきたのだ。 彼女獣人の呪いに及ぼす効果を熱心に観察し、吸血鬼の狂乱の波にがどう影するかについての長大な記録を残した。 そしてその好奇心はやがて、高名なネファリア文術士ジェンリクのもとへと彼女を導いた。 タミヨウは彼の長石のに籠り、何ヶものあいだ図を食い入るように見たり、この次元生物や住人に対してが及ぼす奇妙なについて、彼の知識に彼女自身の見解を加えたりした。

アヴァシンが戻った今、タミヨウはこの天使イニストラードの土地やクリーチャーに与える効果についての理論を夢中になって組み立てている。 庫の本質ウルフィーの誕生、グリフの出現、最近になって強化された結界の出自……これらはすべて、回答よりも疑問ばかりが並ぶ彼女の巻物に、更なる不思議として書き加えられている。

WotC公式exitサイトより抜

カードとしてのタミヨウ

タミヨウとしてデザインされているカードは、2013年現在で1枚存在する。
パーマネント・タイププレインズウォーカーである。

Tamiyo, the Moon Sage / 賢者タミヨウ (3)()()

プレインズウォーカー — タミヨウ(Tamiyo)

[+1]:パーマネント1つを対とし、それをタップする。それはそれのコントローラーの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。

[-2]:プレイヤー1人を対とする。そのプレイヤーコントロールするタップ状態のクリーチャー1体につきカードを1枚引く。

[-8]:あなたは「あなたの手札の上限はなくなる」と「いずれかのカードがいずれかの領域からあなたの墓地に置かれるたび、あなたはそれをあなたの手札に戻してもよい。」を持つ紋章を得る。

4

プラスアンタップ制限。タップするセットでついているので狙い撃ちにされたら最後、そのパーマネントは2度と立ち上がることはない。
状況が安定している時は土地をタップして相手の動きを妨し、自分が押されているときはクリーチャータップして戦を削ぐ、という使い方が一般的である。プラスなので対戦相手の動きを止めている間に自分自身が固くなるという点も強である。

マイナスはドロー。参照先は自分でも対戦相手でもどちらでもいいが、このカードを投入するデッキの構造を考えると対戦相手を定することが多いだろう。
使いまわしの効くドローではあるが、対戦相手のクリーチャーが1,2体程度の場合はドローせずプラスで妨をした方が有利な場合が多かったため、対戦相手の大量展開を抑え切れなかった時に1回だけ大量ドローする形で使われていた。

マイナスは実質的に手札限使用モードになる紋章獲得。「いずれかの領域」にはスタックも含まれるので、手札から唱えたインスタントやソーサリーも全部手札に帰ってくる。また、破壊されたクリーチャーも手札に戻ってくる。
タミヨウはプラスが強であるため、大マイナスが使用可になるまで忠度を貯めやすい。紋章獲得を視野に入れてゲームを行うため、この意味でも小マイナスは最後っぺになりがちだった。
《思考掃き》(プレイヤー1人を対としてライブラリーを2枚墓地に送る。その後、自分はカードを1枚引く)をプレイすると実質《Ancestral Recall》になる。《思考掃き》は普通に使ってもそれなりの性であるため、紋章を期待してデッキによく入っていた。

ラヴニカへの回帰で収録された《思考を築く者、ジェイス》との相性は非常によい。ジェイスプラスは多数の小クリーチャーの足止めに有効で、タミヨウのプラスは少数の大クリーチャーの足止めに有効であるため2人が並ぶと破壊することが非常に難しくなる。4ターンジェイス、5ターンタミヨウで白目を剥かされたプレイヤーは多い。

関連項目

脚注

  1. *ごく一部にやっちまったレベルパワーカードがある。《梅澤の十手》とか。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%A8%E3%82%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タミヨウ

10 ななしのよっしん
2016/05/03(火) 22:03:31 ID: lguVnplyZt
マジック・デュエルズストーリーキャンペーンだとジェイスタミヨウを見つけたところでアヴァシン強襲
そこにソリンが現れて《苦渋の破棄》という流れ
11 ななしのよっしん
2016/06/24(金) 18:33:13 ID: 25W6X3lLwu
一回死亡フラグ回避したと思ったら
またおったてやがりましたな

処は任せて先にいけとか・・・
12 ななしのよっしん
2016/07/03(日) 18:16:01 ID: GNCJ7mKEJj
再登場でバントカラー
セレズニアポカリプスなどと揶揄されてるこの環境プレイヤーの反応は……
13 ななしのよっしん
2016/07/26(火) 02:45:31 ID: XWWN/xREMi
先輩に似ていなくもない。
14 ななしのよっしん
2016/07/28(木) 16:28:37 ID: 25W6X3lLwu
正直ここまで善戦することは思わなかった。
キオーラの立場がまるでないw
15 ななしのよっしん
2016/08/11(木) 00:41:17 ID: Rh8QMIR0Sa
ゴシックホラーイニストラードで河出身のタミヨウが浮きまくってるって言われてたけど
タミヨウは下からを浴びてる関係上能面顔が見事に染んでる。
住めば都と言うか、朱に交わればくなると言うか。
16 ななしのよっしん
2016/09/12(月) 21:40:30 ID: mvtpWSE1fo
最後にSAN値ガリガリ削られてしまってたが大丈夫だろうか
17 ななしのよっしん
2016/10/11(火) 20:07:03 ID: 25W6X3lLwu
とおもったら、今回登場してアジャニの話し相手に。
誓いはまだのようだがGW支援はしてるらしいな。
18 ななしのよっしん
2016/12/29(木) 17:02:20 ID: k1SjSxggP2
プロファイル河の問題点の所はもうちょいどうにかした方が良い気がする。
「~という事があって河関連のカードが出る期待は~」とか、余談なり注釈なりにするか。現状のままでタミヨウに触れず、タミヨウ概要に当たる部分なのに河の問題まで書いとくのは何か違和感が残る。
あとデメリット推しってあるけどそんな推してたっけか?
19 ななしのよっしん
2017/03/10(金) 20:50:16 ID: cxAr7Wk2qT
>>18
伝説は「1枚しか出せない」という立デメリットだぞ