タレス単語

タレス

タレス(Thalēs、紀元前624年~紀元前546年頃)とは、古代ギリシア哲学者である。

記録に残る最古の哲学者であり、ミレトス学の祖であり、ギリシア七賢人の一人……と様々な側面を持つ。

イオニアで活動し、ミレトス学と呼ばれる学の先駆者となった。

著作は遺されていない。

哲学上の業績

アリストテレス『形上学』によれば、タレスは「哲学の祖」である。彼は、「万物の根である」と考えた。

この思想に由来するタレスの業績は、万物の根アルケー)に対する合理的な説明を初めて試みたことである。それゆえにタレスは「哲学の祖」と呼ばれるのである。

それまでは「万物は々により創造された」などといった神話的・宗教的な説明がであった。それに対し、タレスは自然の観察や考察に基づいて、神話に頼らない合理的な説明を試みたのである。

アルケーに対して合理的な説明を与える試みは後続の思想にも影を与え、アナクシマンドロスアナクシメネスなどの思想を生んだ。そういった思想たちを「ミレトス学」と呼ぶ。

なお、アルケーという言葉を最初に用いたのは後続のアナクシマンドロスであり、タレスがそのような言葉を使ったという事実は記されていない。

自然科学上の業績

幾何学文、土木技術に精通し、

などの業績を持つ。

その他の業績

当時、貧乏故に哲学とかw何の役にもたたねえクソ学者wwww」と非難されていたタレスは、天文学から次のオリーブの収穫が豊作になることを予測し、まだの内から中のオリーブ絞り機を借り占めた。結果、収穫時期になると多くの人が彼に機械を貸し出すことを要し、大な利益を上げることに成功した。これにより彼が望むなら持ちになれるが、彼自身はそれに関心はないことを示した。

関連動画

タレスに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タレス

1 ななしのよっしん
2015/07/07(火) 21:53:56 ID: WflEiEtJUZ
悟空とよく似たサイヤ人のことじゃないの?(すっとぼけ)

急上昇ワード