ダイナソー竜崎単語

ダイナソーリュウザキ

「負けたらクズや!なんもない!」 

ダイナソー竜崎とは「遊戯王」の登場人物。全大会準優勝者として知られる関西弁デュエリスト茶髪セミロングに前だけ違う色。深い帽子を被った鋭いつきが特徴。

CV藤井欣→中村悠一

概要

決闘者の王で初登場。

当時、西日本代表として全大会に出場。東日本代表インセクター羽蛾と対決するも、低級モンスター底強化する彼の戦法に敗れ去る。

作中では全大会準優勝者としての肩書きを誇らしげに自慢しているが、その割には「とりあえず強いモンスターを出して置けばよい」という突猛進な戦法が立つ。王編ではなんと魔法カードを一切使用していない。(アニメ版では真紅眼の黒竜の装備魔法「闇族の」を使用)

ダイナソーらしいパワフルな戦法と言えばそれまでだが、そのせいで羽蛾に惨敗し、孔雀舞かませ犬に成り下がっている。(後のドーマ編ではそれなりの戦術を振るうまでに至っている。劇中での発言から察するに、おそらく努したのであろう。)

恐竜デッキを使用する事から「ダイナソー竜崎」という肩書きで呼ばれている訳だが、どのデュエルにおいてもドラゴン族が切り札である。(真紅眼の黒竜(王編)、エビルナトドラゴンバトルティ編)、タイラント・ドラゴンドーマ編))KCグランプリ編ではようやく恐竜族が切り札になった。(暗)しかし大した活躍を見せる事もく、退場する事に・・・。

城之内克也の切り札として知られるカード真紅眼の黒竜レッドアイズブラックドラゴン)」の元の持ちでもある。く、全財産をいて手に入れた自慢のレアカードとの事だが、王編で城之内に「わいに勝てば真紅眼の黒竜をやる、わいが勝てば時の魔術師をもらう」とアンティ勝負を提案。勝利前に控えながら、欲にんだ提案がになり、逆に時の魔術師を使用されて敗北した。この時、城之内は「時の魔術師」を伏せていた事を忘れており、アンティを申し入れなければ勝っていた。シリーズかませ犬であろう。

バトルティ編ではエスパー絽場のインチデュエルに負け、大した活躍もなく退場した。哀れ、ダイナソー竜崎

なにかと小物臭の漂う彼だが、性格面では堂々としており、潔い面も多く見られる。王編ではイカサマや小細工を用いる者が多い中で、正々堂々とデュエルした数少ない人物でもある。素人と見下していた城之内や、明らかに怪しい絽場に負けた際は、恨み言一ついわずに敗を認めている。更に、二人に敗れた際にはアンティカード真紅眼とエビルナトドラゴンアニメ版)を素直に譲っている。バトルティ編では、敗れてもなお遊戯たちへのリベンジを誓っており、城之内に対してはわざわざ助言までしている。ゲーム版(GBA)ではデュエリストとしての筋を通した、より好印キャラクターとなっており、「綺麗な竜崎」と呼ばれる事もある。だが、アニメ版では性格がやや悪い方向に変されてしまった。(後述)

アニメオリジナル展開

原作では羽蛾ともども々に姿を消したが、アニメ遊戯王デュエルモンスターズ」のオリジナルエピソードドーマ編)で復活し、準レギュラーキャラとなった。

羽蛾と共に一度魂を奪われたが、遊戯に救われ、その後しばらく遊戯たちと一緒にをする。遊戯ラフェールとの勝負に負け、AIBOを奪われた直後、ドーマの仲間に入りオレイカルコスの結界を扱うことに成功した。

竜崎が特に立ったのは遊戯王DMの第160話~第162話で、竜崎VS城之内羽蛾VS闇遊戯との戦いが並行して行われた際、真紅眼の黒竜エピソードでスポットを浴びる。が、同じ話で羽蛾闇遊戯に「ずっと俺のターン」で有名なバーサーカーソウルの被験者になってしまったことで、美味しいところを持っていかれてしまった。そのせいか、ニコニコ動画でもダイナソー竜崎ネタはいまひとつ伸びない。

上記のように、アニメ遊戯王DMにおいてはインセクター羽蛾とほとんど「コンビ」扱いである(特にドーマ編)。なお、原作でもこの両者は全大会の決勝を争い、初登場も同じ回だったり、因縁の深い組み合わせではある。

なお、このアニメオリジナルエピソードでは、原作の堂々とした性格から、落ちぶれた小悪党然とした性格に変されており、城之内とのデュエルでは言い訳がましい言動に終始していた。記憶編では、羽蛾と共に遊戯カードの強奪を企てるなど、デュエリスト上にも置けない卑劣へと転落していた。

使用カード

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%BC%E7%AB%9C%E5%B4%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダイナソー竜崎

95 ななしのよっしん
2018/05/23(水) 08:32:03 ID: Vs6GJgiLG8
GB版のカプセルモンスターだと中ボスで、一度倒した後も遊戯にしつこく勝負を挑んでくるものの、負ければ「へへ、やっぱお前強いな……」と素直にその実を称賛するキャラになってたな。
96 ななしのよっしん
2018/07/13(金) 01:23:28 ID: UQPgQ83LfF
正直原作竜崎は全然良い印ないなあ
編で城之内のことを「ええカモや」と底的に見下し、自分が有利な時にアンティを持ち出し、それでいて負けるかっこ悪さ
この一戦で城之内の態度をめるのかと思ったら、バトルティ編でも見下した態度は変わらず
羽蛾に対しても「わいが手加減したから勝てた」とか言う始末
アニメ竜崎の方が城之内の強さを認めているような描写があってまだ好感持てる
97 ななしのよっしん
2018/07/16(月) 12:36:14 ID: sg3/6YlMgt
原作だとかませ犬だしアニメだと逆恨み野郎だしで結果的にゲーム(GBリンクス)が一番扱い良いってのがなんとも
98 ななしのよっしん
2018/10/27(土) 01:08:53 ID: aNs+pviOUG
ダイナレスラー竜崎

弱そう(KONAMI感)
99 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 21:42:27 ID: kSmuWSW+5Z
HAGAのほうはともかく
竜崎は舞さんにもロバにも負けたのにそんなに強いかこい

大会準優勝といっても内輪のしょぼい大会だったんだろ
100 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 21:53:05 ID: yrCkvDxAlD
舞もロバも当時はアロマタクティクスとかテレパシー()とかずるしてたからなぁ・・・・。
101 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 17:51:58 ID: O/kYP9apd/
実はデュエル始めた頃の城之内も、竜崎と同じように魔法カードを一切使わない
モンスターの攻撃頼みのゴリ押し戦法だった。そのため杏子にすら負けており
見かねた遊戯デッキ構築を見直しされて、戦術や魔法カードを使うようになった。
102 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 18:16:11 ID: 59u/HhIUkT
初めは同ポジションだった羽蛾より断然知名度が低いのは、やっぱ羽蛾ほど卑怯になりきれなかったせいなんだろな
竜崎のそういう中途半端なところが結構好きなんだけどね
城之内たちと仲良くなれるほど「いいヤツ」にもなれず、かといって羽蛾ほどワルにもなれず
勝ちたい気持ちはあれど、そのためにめちゃくちゃ努するわけでもなく
しょーもないと思うけど、でも俺らもそうじゃん。普通人間ってそんなもんじゃん
だからなんとなく共感しちゃうんだよな
勝負事には向いてない性格だと思うんで、デュエル趣味にしてテキトーに幸せ掴んで欲しいわ
103 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 19:35:24 ID: qb2AiydUlF
リンクスではすっかりD・HEROダイナソーガイに…
104 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 20:28:48 ID: CvsXwubWv+
竜崎の一番酷い所は原作ですらひたすら強いモンスターを出してくるだけで
魔法カード未使用、ダイナソーの異名を持ちながら切り札はドラゴン
大会準優勝者の設定もダイナソーという異名も碌に活かされてない所だよね。
アニメに至っては羽蛾と同列の卑劣に描かれてる事も踏まえると
コイツネタ抜きで原作者からもアニメスタッフからもされなかったキャラなんじゃないだろうか。

急上昇ワード