ダイラガーXV単語

ダイラガーフィフティーン

ダイラガーXV(だいらがーふぃふてぃーん)とは、1982年に放映されたアニメ「機甲艦隊ダイラガーXV」の主人公メカである。劇中では単にダイラガーと呼ばれる。

概要

スーパーロボットの多体合体の究極とも言うべき15体合体が最大の特徴であり、セールスポイントとなっている。名前の「ダイラガー」も15人制のラグビーにちなみ、主人公たちが「ラガーチーム」と呼ばれることから来ている。

身長60.0m、体重150t

母艦である宇宙空母ラガーガードから発進した15台のラガーマシーンが、搭乗するメンバーの「ダイラガーファイティング・フォーメーション!」の掛け合体する。

使用武器はラガースウォード(両手持ち) 、ダイラガーランサー)、ダイラガータイフーン(肩のヘリ部分が回転兼強発生装置となる。投げつけるスピンカッター、手に持ってりつけるダイラガーキルダーと言った応用技も)、ショットアローを射出)、など。

また、クウラガー(メカ)、カイラガー(双胴潜水艦)、リックラガー戦闘車両)の3つに別れ、それぞれ空海陸の3チームとしての行動も可

ストーリー上、主人公の勢宇宙を探・調することを的としているので、本来は戦闘用ではなく探ロボットである。しかし、調のさなかで敵対的な異人に遭遇したため、武で強行しての調を推進する必要から戦うことになる。

のちに量産型も登場するが、アニメでの量産型お約束として性的には劣るようである。

玩具展開

放映当時のロボットおもちゃの代表は「超合金」による合体おもちゃであったが、本ロボットの場合「超合金」での15体合体再現すると、あまりにも価格が上昇(1万円をえると想定された)、重量面も子供が扱うには重くなりすぎるというネックが生じた。そのため、実際には「DX超合金」では上記の3メカ合体分離するにとどまることになり、15体合体プラスチック素材中心の「DX機甲合体」が別途発売されることになった。

漫画こちら葛飾区亀有公園前派出所」第106巻「超合金レア物選手権!!の巻」では、合体ロボおもちゃの極めつけとして紹介されている。ここでは15体ともなると変形にムリが生じ、両足がの形の靴を履いているようなものだとか、肩のヘリの部分にもムリがあるなどとツッコミが入れられている。

そして、時は流れ、2019年になって株式会社BANDAI SPIRITSが展開する「超合金魂」シリーズの一環として、このダイラガーXVが「超合金魂 GX-88 ダイラガーXV」として発売されることになった。

関連静画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%BCxv

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダイラガーXV

1 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 01:27:59 ID: js3m6MWQjP
最近までなかったのねこの項
超合金魂の発売に合わせて作られた感じかな
何はともあれ作成乙であります