ダスティ・アッテンボロー単語

ダスティアッテンボロー
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

ダスティ・アッテンボローとは、銀河英雄伝説に登場するキャラクターである。

概要

ダスティ・アッテンボロー
Dusty Attemborough
(S.E. 769 - S.E. ? )
In the Animation (1988-2000)

CV井上和彦石黒監督OVA)、横悦夫(長篇「」)、石川界人Die Neue These)。

自由惑星同盟軍に所属し、最終階級は中将。座乗艦はトリグラフ→マサソイト。ヤンがイゼルローン要塞駐留官になって以後、分艦隊官としてその腕を振るう。

26歳で閣下と呼ばれる立場になったが、これはヤンよりもかった。アムリッツァ会戦などで多数の将星を失ったこともあって、バーラトの和約に到るまでは自由惑星同盟軍をしう重な人材であった。

バーラトの和約後は不穏分子として同盟政府の監視対となるが、ヤンの同盟脱出においてはシェーンコップバグダッシュらと共にこれを画策、ヤン・イレギュラーズの中核となる。ヤン暗殺後はユリアンを支える黒幕となり、彼を助けてイゼルローン共和政府軍事面で支えた。

人物・能力

明るく前向きな毒舌。好きな言葉は「それがどうした!」。軍人らしくはないが、軍の規を維持するためには厳しい態度に出ることもある。

判明している家族パトリック方の祖にダスティ、ほか三人で、長男かつ末っ子。元々はジャーナリスト志望だったが、パトリック・アッテンボローが軍人であった義ダスティとの結婚時に約束していたことから強引に軍人にさせた。士官学校時代は脱柵遊びの常習犯であったが、それが縁でヤンと知り合う。やはり脱走を得意とする、リチャード・アッテンボローとの関係は定かではない。同じように革命を志したものの立場を異にするという点で、銀河帝国初代皇帝ルドルフ・フォン・ゴールデンバウムとは「究極の革命 vs 至高の革命」の関係にあるといえるだろう。

戦術は非常に優れており、逃げるフリと逃げ足を活かした囮役や足止めなどゲリラ的な揮を得意とする。士官学校時代のシミュレーションの頃から敗軍の再編と抵抗において抜きん出ており、「この青年揮すると、敗軍のうごきが急に精をおびるのが不思議」とまでられている。

アムリッツァ前戦でウランフ率いる第10艦隊が黒色騎兵と戦った際は同艦隊に所属しており、官を失いながらも残存部隊の脱出が成功したのは、彼の働きが大きかったとされている。イゼルローン回廊帝国側での遭遇戦では新兵の割合が高い艦隊を率いて、本体の援軍が到着するまでを支え、回廊の戦いでは黒色騎兵相手に囮役を務め、回廊に引きずり込むことに成功している。新フェザーンでは、皇帝ラインハルト暗殺を試みる地球教徒をユリアンポプランと共に追い詰めもしている。

ヤン暗殺後はユリアン導者として自分が黒幕となることを決心し、ユリアン導に疑義を抱く者にたいして厳しい態度で臨んだ。ユリアンが世間から「ヤンの功績を盗んだ」と批判されることに対しては、これに対してっ向から反論。ヤンとの仲からユリアンとも非常に親しくしており、また彼のを認めていたことから、終始ユリアン護者であり良いお兄さんであった。

皇帝ラインハルトが崩御した後は帝国会議員になる希望っていることから、以後ユリアン摂政皇太后ヒルガルド帝国議会設立の合意に到った場合、議員に立補した可性も考えられる。

独身義で妻や人はいないが、同盟脱出に際しフレデリカがヤンの軍服を用意していたのを見て、独身義の返上を伺わせる言動をしていた。また、自身の経験をノートにしたためており、いずれはこれを自叙伝にして大けしようと考えている。常にヤンやユリアンの近くにいて歴史の中心部に身を置いていたことから、自叙伝が発刊されれば重要な史料となったはずである。

毒舌仲間  

毒舌仲間ポプランとシェーンコップときどきユリアン
ポプランとは頻繁にやりあっているが、彼に押され気味になることも多い。軍議でも特に遠慮はしない。
ポプラン観測射→アッテンボロー応射→ポプラン効射→アッテンボロー応射→ムライ咳払い介入→鎮圧」が王道パターンとなっていた。

若手士官の集まりに加わろうとしてポプランに「三〇歳以上はおことわり」と拒否されたり、30歳になったときアッテンボローが「おれはシェーンコップ中将みたいに悪いことはなにもしていない。それなのになんだって三〇歳にならなくてはならんのだ」と不満を述べたのに対し、シェーンコップから「なにも悪いことをできなかったような甲斐性なしに、三〇歳になってもらいたくないね」と返される、などというやり取りをしたこともある。この三人の毒舌共鳴は、ユリアンも呆れるほどのものだった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AD%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダスティ・アッテンボロー

131 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 01:10:16 ID: UDUc6MJrf3
メルカッツ以外の将校たちは一個艦隊の中のスタッフだから
帝国軍で言えばハルバーシュタットやバルトハウザーオルラウに当たる立場の人たちだから

や意識されないのは割合自然なのでは
あくまでもヤンの揮を受け、それを支える立場なので

同盟軍も各艦隊の敵将は意識してもビューローやブクステフーデを気にしないのと同じようなもので
132 ななしのよっしん
2020/04/18(土) 05:03:30 ID: UYkbfwk62u
後世この時代を研究していくときに、ユリアンのおかげで良くも悪くも俗っぽいエピソードが多く伝わり、また艦隊指揮官というよりは退役後のジャーナリストないし明期の帝国会議員としての活躍が知られすぎてて、そのに関してそこまで優れた評価を受けていなかってけども、ビッテンフェルトと正面から対峙して生き残ってることが発見されて再評価されるとこまで妄想した。
133 ななしのよっしん
2020/08/01(土) 01:31:02 ID: QRVsikkEj7
バイエルラインと同等って書くとアレだけどミッターマイヤーの後継者と同等って書くとやっぱり有能じゃないかと思う
134 ななしのよっしん
2020/08/01(土) 09:51:07 ID: 8o3Zrll4/K
アッテンボローは史実として最後まで一個艦隊未満隊の揮経験しかなかったというのが全てだと思う(揮する量がなかったとは言わない)。
本伝の地の文でられる通り後世における軍事の評価というのは事実と結果をまず第一にせざるを得ないから。
135 ななしのよっしん
2020/10/23(金) 15:07:13 ID: LHJTwusiuT
撤退戦の名手は敵側に居たら凄い厄介だよな
劣勢の味方を崩されないのは揮が巧みって事だし
今後の禍根を断つ為に処で討ち取る、が一番難しい相手
日本戦国時代で退き〇〇って異名が名誉だったのも頷ける
136 ななしのよっしん
2020/12/07(月) 08:44:29 ID: 5MdlUA7y4q
でもケンプやレンネンカンプ(とメックリンガー)に負けるとは思えない
137 ななしのよっしん
2020/12/07(月) 08:53:47 ID: PNeaY+vEN4
まあ、作中でも言われているように「同等の条件」自体が盤上遊戯のようなものだからね
「同等の条件」をえられなかったことで負けたというのならそれは負け
思考実験としては面白い
138 ななしのよっしん
2020/12/07(月) 09:08:09 ID: lXV4wffslK
レンネンって大局を見るいが戦争屋としては皮屋のロイエンが舌打ちするぐらいの腕持ってるだろ
伊達と酔狂で戦争やってるアッテンボローじゃ勝てないんじゃね
139 ななしのよっしん
2021/01/01(金) 22:49:56 ID: 4GyiCeKUBx
>>136
逆にメックリンガーが負けるシーンも今一想像しがたい。
140 ななしのよっしん
2021/01/01(金) 22:57:38 ID: 32oESh79E2
VSメックリンガーはお互いに様子見と牽制の繰り返しになって時間だけが経過して
最終的に物量と兵站差で先に戦線が崩れるアッテンボロー側が撤退するパターンかなあ