ダブル・アップ・チャンス単語

ダブルアップチャンス

ダブル・アップ・チャンスとは、アニメ漫画遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

九十九遊馬の使用する速攻魔法モンスターの攻撃が効になったとき、そのモンスターの攻撃を2倍にして再度攻撃を可にする。元々、遊馬が使用していたカードだが、遊馬にはこのカードの扱い方がわからなかった。

遊馬は親友の鉄男を救うため、札付きの悪、シャークこと神代凌牙デュエルを行うが、鉄男に連戦連敗の遊馬が敵うはずもなく、すぐに追い詰められていった。しかし、デュエルの最中、皇の鍵で夢のを開いたことで、遊馬デュエリスト精霊アストラルと出会う。
アストラルの記憶のピース、ナンバーズ世界に散らばったことで、シャークもその一欠片「No.17 リバイス・ドラゴン」を手に入れ、エクシーズ召喚する。しかし、遊馬アストラルにも1枚のナンバーズ、「No.39 希望皇ホープ」が残され、そのカードエクシーズ召喚ホープの効果はモンスターの攻撃を効にするもの。このカードの使い方に気付いた遊馬は、ホープの攻撃をホープの効果で効にしてこのカードを発動、ホープの攻撃を2倍にしてリバイス・ドラゴンを攻撃し、遊馬アストラルが2人で初めての勝利を手にした。


その後も時々手札などにあったが、使用される機会がなかった。だが、アニメ版ではVSゴーシュドロワ戦で再登場。
アストラルが一時、No.96によって拘束され、危機に陥っていたが、遊馬アストラルによって解放され、アストラルデュエル中の遊馬の下へ帰る。そして、2人はこのカードと「バイテンション」を合わせて、ホープの攻撃を2倍にして攻撃し、決着をつけた。

WDCVSゴーシュ戦でも登場。
ゴーシュの「エクシーズ熱戦!!」(アニメ版)によって遊馬ゴーシュエースホープと「H-C エクスカリバー」がぶつかり合う中、遊馬ホープで一度戦闘効にして、その上でこのカードを発動して[1]再び攻撃、エクスカリバーを打ち破って決着をつけた。

Dr.フェイカーとのデュエルでも登場。
ホープの「No.53 偽骸神 Heart-eartH」への攻撃の際、ホープホープの攻撃を効化したことをトリガーに発動し、攻撃を倍にして再攻撃、Heart-eartHの効果により破壊はできなかったが、ダメージは与えた。しかし、Heart-eartHの効果により遊馬たちもダメージを受け、せっかく与えたダメージライフ回復であまり意味がくなってしまった。


遊馬アストラルはいくつものデュエルを乗り越えてきたが、No.96とのデュエルの影で、アストラル遊馬の前から姿を消してしまう。アストラルを失ってふさぎ込む遊馬であったが、その隙をついて、ベクタードン・サウザンド)は刺客である丸を送り込む。
落ち込んでばかりもいられない状況に遊馬は立ち上がったとはいえ、まだ全に立ち直りきれていなかったが、そんな遊馬の前にかつての敵であり友達が現れ、ともに丸と戦うことになる。

そのデュエルの、遊馬の1ターン(全体で2ターン)にドローされた。遊馬はかつてアストラルと出会ったときのことを思い出し、ホープとのコンボを行おうとする。永続魔法「速攻予約特典」(効果は下記参照)で一度このカードセットし、ホープの攻撃を効化してこのカードを発動しようとしたが、その前のホープの効果自体を「No.3 地獄蝉王ローカスト・キング」によって効化されてしまったため、攻撃は効とならず、このカードは発動できないままセットされていた。

その後しばらくセットされたままであったが、の「No.6 先史遺産-アトランタル」がエクシーズ召喚され、ホープを装備したアトランタルが攻撃した際、遊馬は「オーバーレイブレーキ」でアトランタルの攻撃を効化、さらにそれをトリガーにこのカードを発動して[2]アトランタルの攻撃を2倍に、「速攻予約特典」でさらに2倍し、攻撃23600となって丸のローカスト・キングへ攻撃。遊馬アストラルの出会いのカードが、遊馬仲間を作り上げて丸を打ち破った。

参考:「速攻予約特典」(クイック・リザベーション・リワード)のテキスト

永続魔法
速攻魔法カードの効果の対になった
自分フィールド上のモンスターが守備モンスターを攻撃した時、
その守備を攻撃えていれば、その数値だけ相手ライフ戦闘ダメージを与える。
1ターンに1度、手札の速攻魔法カード1枚を相手に見せてセットできる。
この効果でセットした速攻魔法カードはこのターン発動でき、
その効果の対になったモンスターの攻撃バトルフェイズ中のみ倍になる。

アニメ遊☆戯☆王ゼアル」第113話による

姿を消したアストラルを救うべく、遊馬は一人アストラル世界へと立ち、アストラルを消滅させようとするエリファスデュエルを行う。 
ランクアップを至上とするエリファスに対して、遊馬ランク1の「No.39 希望皇ホープ・ルーツ」で対抗。ホープルーツが自身の効果で攻撃を効にした際に発動し、ホープルーツ自身の効果で39600となった攻撃を倍にし、79200となって「NO13 エーテリック・アメン」へ攻撃、勝利した。


アストラル世界から帰還した直後のMr.ハートランドとのデュエルでも登場。
WDCVSゴーシュ戦や、VS丸戦を見ていたためか、ハートランド遊馬がこのカードを使うことを読んでおり、「オーバーレイハント」でホープオーバーレイユニットを奪うことで防ごうとしたが、遊馬は手札から「ストップハンマー」を発動、それによって攻撃を止めることでこのカードを発動し、攻撃4000となったホープで「No.1 インフェクション・バアル・ゼブル」を打ち破った。


ドン・サウザンドとの決戦でも登場。
遊馬ナッシュシャーク)、カイトが一つになった攻撃102000の「No.39 希望皇ホープ」の攻撃が「CiNo.1000 夢幻虚光神ヌメロニアス・ヌメロニア」によって効化されたことをトリガーに発動、攻撃204000として再攻撃し、ヌメロニアス・ヌメロニアを撃破、ドン・サウザンドを倒した。

このとき、攻撃を止めなければドン・サウザンド敗北であるため、彼にとってほかの選択肢はなかった。このカードを発動しようとするとき、ドン・サウザンドは「まさか」と反応しているので、彼自身が「ダブル・アップ・チャンス」の存在を知らなかったわけではないと思われる。


ドン・サウザンド戦直後のナッシュとのデュエルでも登場。
ナッシュの「ドロー・リセットバトル」の効果でシャイニング・ドローされた。「ドロー・リセットバトル」の効果でホープの攻撃が効化されていたため、それをトリガーにすぐさま発動、ホープの攻撃8000となり、攻撃3000の「CX 冀望皇バリアン」へ攻撃すれば遊馬アストラルの勝ちかと思われたが……。


アストラルとのラストデュエルでも登場。
最後の遊馬ターンにドローされた。アストラルは「運命の」で遊馬の「FNo.0 未来皇ホープ」の攻撃を効にしたが、アストラル遊馬の手札にこのカードがあることを分かっていた。
遊馬はこのカードを発動、未来皇の攻撃8000にして再攻撃した。


漫画版のイラストアニメOCGと大きく異なり、ロケットのようなものが描かれている。

初回のデュエルでの描写からもわかるように、ホープコンボするためにあるようなカードであり、ホープホープ自身の攻撃を効にして使うことが多い。ほとんどのデュエル遊馬自身から攻撃を効にしていたが、VSドン・サウザンド戦などは相手側のカード効果によって効化されたことをトリガーに発動している。

アニメ5D's では「バトルリターン」という、攻撃を効化されたモンスターに再度攻撃を可にするカードが登場していたが、こちらとは異なり、攻撃モンスターの攻撃は半分になってしまう。ただ、このカードと違ってタイミングを逃す心配がないという点が異なる(もっとも、アニメでは細かいルール視されることもあるので、これは明確な差異とは言えないが)。

OCG版

「GENERATION FORCE」(2011年4月16日発売)で登場。

速攻魔法
モンスターの攻撃が効になった時、そのモンスター1体を選択して発動できる。
このバトルフェイズ中、選択したモンスターはもう1度だけ攻撃できる。
その場合、選択したモンスターダメージステップの間、攻撃が倍になる。

※「スターターデッキ 2013」収録のカードST13-JP024)による

 アニメ漫画とまったく変わらないである。

相手から効にされた時に使おうと思った場合、対応するのは「ネクロガードナー」など。バトルフェイズが終了してしまう「攻撃の無力化」などの場合は再攻撃の機会もないため使えないし、「次元幽閉」などは攻撃モンスター自体が除去されてしまい、効果を適用すべきモンスターがいなくなってしまうのでこれもまた使えない。さらに、「くず鉄のかかし」は、攻撃効処理の後に再セットの処理が入ってしまうため、タイミングを逃して発動できない。「の御封霊」に対して発動することも狙えなくはないが、霊墓地で発動するほうの効果もあるため、たらればの要素がつきまとう。

相手が効にしてくるのを待っているのはあまりにも不確実なので、基本的には自分からコンボを狙っていくことになる。
アニメ漫画でも何度も使用された「No.39 希望皇ホープ」なら、ホープ自身が攻撃効の効果を持っており、ホープの展開もそう難しくないので相性がいい。
また、「サイバーオーガ」とも相性がよく、7800の攻撃ですぐさま攻撃することができる他、「E・HERO プリズマー」の効果で「サイバーオーガ」の名前を得ることで、同様のコンボができる。

他にも「タスケルトン」「オッドアイズアブリュートドラゴン」の効果でも同様のコンボが狙える。オッドアイズ体ではこのカードが来る前に試合が決まってしまうこともしくないため、もしこのカードによるコンボに重点をおくのであれば、「タスケルトン」が向いてるか。

ただ、複雑な発動条件が付いたこのカードより、「巨大化」のような汎用性の高いカードで倍化したほうがよいということも多い。このカードの利点は、元々の攻撃ではなく、変化したままの攻撃を参照して倍にしてくれるところ。上記「サイバーオーガ」のコンボも、「巨大化」では不可能な技である。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ただし、このときの「エクシーズ熱戦!!」は、ホープに強制攻撃させる効果ではなく、あくまで2体を戦闘させるだけの効果であるため、ホープの攻撃を効にするということは不可能であり、OCGルールで考えると、そもそもホープの効果は発動できないと思われる。
  2. *後の展開に影がないためかも言及していなかったが、テキストを見る限り「オーバーレイブレーキ」の効果は「攻撃宣言をしたモンスターエクシーズ1体を選択して発動できる。選択したモンスターの攻撃を効にする。さらにこのカードは選択したモンスターエクシーズの下に重ねてエクシーズ素材とする。」というものである。
    OCGルールだと、アトランタルの攻撃が効になった後、「オーバーレイブレーキ」がアトランタルの素材になる処理が入るために、このカードタイミングを逃して発動できないと思われる。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダブル・アップ・チャンス

59 ななしのよっしん
2015/09/13(日) 11:34:46 ID: ZkJEFiaIHh
個人的にはホープより「かっとビング」を体現しているカードだと思う OCGでそんなに壊れじゃなかったのも好印
60 ななしのよっしん
2017/01/18(水) 22:30:33 ID: PuOJQpTzdV
アブリュートにも、かっとビングの機会を
61 ななしのよっしん
2017/06/24(土) 10:39:34 ID: hE5llSVC3V
発動条件が面倒臭いけどその発動条件さえ満たせれば圧倒的な爆発を発揮できる最高のコンボカード
それ故に様々なコンボ考察できる。今ならオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンにこれを使えば5000打点+倍ダメージとかいう殺気の塊みたいなコンボも狙えるし。
どこぞの某呪いのカードとは大違いだ!
62 ななしのよっしん
2018/12/12(水) 20:39:06 ID: GjclvVtg7U
No.39 希望皇ホープダブル
ランク4/属性/戦士族/攻 0/守2500
レベルモンスター×2
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「ダブル・アップ・チャンス」1枚を手札に加える。
その後、「No.39 希望皇ホープダブル」以外の「希望皇ホープ」Xモンスター1体を、
自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃は倍になり、直接攻撃できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

場にレベル4を2体、デッキにこのカードがあれば攻撃10000がたたき出せる恐ろしいカードになったな
63 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 09:59:52 ID: EK2p6+GUxf
遊馬用するから変なの宿っちゃったよ!
64 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 23:05:01 ID: Nd44i1henW
何枚入れるか迷うところだけど、単なるファンデッキの為のカードって扱いじゃなくなってきて嬉しい
65 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 23:08:42 ID: 9ny264mixt
ダブル・アップ・チャンスをキメすぎたせいで、自分からめるようになってしまったホープさんェ・・・
66 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 23:24:38 ID: wXBn/QqjgL
デッキのこのカードのサーチがRUM代わりになって
67 ななしのよっしん
2018/12/14(金) 17:18:58 ID: K5N+GJ2IwV
攻撃10000があっさり立つようになった
下手にリンクモンスター置いてると即死だな…
68 ななしのよっしん
2019/05/27(月) 04:23:16 ID: AQfM+Yv4yR
最近気づいたけどこのカードアクションマジック回避の強メタカードとして使えるんじゃ…

急上昇ワード

2019/08/20(火)05時更新