ダラーラ単語

ダラーラ

ダラーラとは、イタリアフォーミュラカーコンストラクターである。

概要

フェラーリやマセラティなどでマシン設計を手がけていたジャンパオロ・ダラーラ(ザウバーF1エンジニアとは別人)が1972年に設立。

F3マシンでは圧倒的なシェアを獲得するほか、数多くのフォーミュラカーワンメイクメーカーとして活躍している。

F1

F1世界選手権では、2度シャシーのサプライヤーとして参戦している。そのほかテスト用にも製造を担当している。

スクーデリア・イタリア(1988~1992年)

初年度となる1988年は、開幕戦にはマシンが間に合わず、F3000マシン改造した3087を供給、その後はBMS188エンジンフォードコスワースDFZ)を供給した。ハンガリーGPで7位に入るが入賞には届かなかった。

翌年にはBMS189を投入、アンドレア・デ・チェザリスが3位表台に上がり、アレックス・カフィも4位入賞を果たした。
1990年にはBMS190を供給するが、一転してノーポイントに終わってしまう。 

1991年BMS191を供給、エンジンジャッドGV(V10)になった。ハイノーズを採用するも、フロントウィングは従来通りのもので、フロントの下が洞となったデザインだった。
この年に加入したJ.J.レートがサンマリノGPで3位表台を手にした。

1992年には、チーム待望のフェラーリV12エンジンを獲得、マシンは昨年を踏襲したBMS192を投入した。予選こそ前半戦にトップ10にはいる活躍を見せるも、決勝ではリタイヤが続発、2ポイントを取るのがやっとであった。
この年にスクーデリアイタリアはダラーラと決別してローラ契約するものの、ローラF3000ベースとしたマシンを供給したことで成績がさらに悪化、予選通過もままならなくなってしまった。結局1993年に撤退した。

ホンダ(1998~1999年)

ホンダコンストラクターとしてF1への復帰を計画する中で、ハーベイ・ポスルスウェイト、ティムデンシャムらが設計したRA099の製造を行った。しかしポスルスウェイトの急死によって計画は頓挫、ホンダエンジン供給で2000年より復帰した。

HRT(2010年)

2010年に新規参入するHRT(当初はヒスパニア・レーシングチーム) むけにF110を供給した。
しかしチーム側が開発資を滞納したことで開発が止まっており、支払後に完成させたときには開幕戦ぎりぎりだったため、最初はまともに走ることすらできなかった。
結局チームは入賞することができなかったものの、完走順位でコンストラクターズラキング11位となった。
その後チームは独自開発するために契約を打ち切ったが、2012年までF110のでしかやりくりすることができなかった。

ちなみにF110を元にして、GP2マシンGP2/11を開発している。

シャシー供給するカテゴリー

ワンメイク供給

関連動画

ダラーラに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

ダラーラに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ダラーラに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダラーラ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ダラーラについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード