ダンカン・バタフライ単語

ダンカンバタフライ
1.5千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧ダンカン(企業) > ダンカン・バタフライ

バタフライとは、ダンカンが発売するヨーヨー名前である。
ハイパーヨーヨーでの名前「ハイパーパピヨン」

概要

1958年の発売以来60年近く販売され続ける、ダンカンロングセラー。
現在までに、累計1億個以上を販売した。

それまでのヨーヨーは、俗に「インペリアル」と呼ばれる、マカロンのような形状のものばかりだった。
当時すでに「エレベーター」や「トラピーズ」など、ヨーヨーの溝にストリングを入れるトリックが開発されていたが、当時のヨーヨーではとても狭い隙間にストリングを入れなければならなかったため、高度な技術を要した。

そこで、ダンカンデモンストレーターだったWayne Lundbergは、インペリアル形状の「ダンカントーナメント」のボディを左右逆に取り付けた形ボディのヨーヨーを考案。その形状からバタフライと名付けて発売した。

ほどなくして、この形状はストリングトリック機のスタンダードとなり、このヨーヨーの名を冠してバタフライシェイプ」と呼ばれるようになった。

発売当初は木製だったが、1960年代にダンカンFlambeau社に買収されると、会社の得意分野であるプラスティック製に変更された。

その後は、ロゴデザインや軸回りの強化、ボディ材質の変更や安全性の向上など、マイナーモデルチェンジを経ながらも、ほとんど変わらないデザインで販売されている。

第1期ハイパーヨーヨーでは「ハイパーパピヨン」の名で発売。
ロゴデザイン1990年代版のロゴ(上記)から「BUTTERFLY」の文字を消し、の部分を少し大きくしたもの。「ハイパーインペリアル」などと異なりハイパーヨーヨー名は刻印されていない。

派生機種

ヴィンテージスタイルバタフライ

先述の木製バージョン復刻版
ダンカン75周年など、節の年に発売されることがある。

バタフライキーチェーン

キーチェーンバージョン金属リムが内蔵されているので、こんなに小さくてもちゃんとトリックができる。

ホイールズ

ボディを重く、幅を広く、形状を丸くし、よりロングスリープストリングトリックに特化したモデル

2016年に「バタフライXT」のプラスチックベアリング版としてリニューアルされた。

ダンカン・ホイールズ

バタフライXT

ボールベアリング搭載機種。ハイパーヨーヨーでの名前は「スパークバット」。

ダンカン・バタフライXT

バタフライAL

フルメタル機種。バタフライの形状をそのままアルミニウムボディで再現

→ダンカン・バタフライAL

関連機種

固定軸バタフライ形状ボディの機種は、ほぼ全て該当する。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダンカン・バタフライ

1 ななしのよっしん
2017/07/20(木) 14:17:10 ID: Tv/yjxWL9s
かなりされている機種らしく、バタフライを使ったクリップも多い
固定軸使いの基本装備かな?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2017/07/20(木) 14:48:41 ID: ACHvNzySx9
>>1
ハイパー世代でも持っている人はわりといるようですね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0