ダンカン・バンブルビー単語

バンブルビー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧ダンカン(企業) > ダンカン・バンブルビー

バンブルビー(Bumble Bee)とは、ダンカンが販売するヨーヨーの名である。

概要

前身は、旧プレイマックスの「ターボバンブルビー」。
プレイマックス初のボールベアリング機種。

Aサイズベアリングスペーサーは、今でこそ「ダンカンベアリング」「ダンカンスペーサー」というが、元祖は本機である。

レスポンスシステムに、それまでのスターバーストに代わり、コルクを採用。
そのためとても戻りがよく、ボールベアリングスリープと両立させることに成功している。
スリープさせたときにの羽音のような音がすることから、「バンブルビー」の名がある。
ボディカラーも、その名にふさわしい黄色(のちに、他のカラーバリエーションも出る)。
ストリングも、本機独自の黄色のストライプのものが使われている。

ハイパーヨーヨーでの名前は「ハイパーワスプ」。
サイドキャップが皮革の処理がなされた箔押しという仕様である。

買収後は、ダンカンが引き続き販売している。

派生機種

プロファイヤー

廉価版機種。しい、金属スリップベアリングを搭載している。

バンブルビーGT / ドラゴンフライ / フレイムウイング

ダンカン・ドラゴンフライ

バタフライタイプモデル。「ドラゴンフライ」はダンカンブランドになってからの名。
この「ドラゴンフライ」のが、「ダンカン・フリーハンド(2002)」の元になったのは有名である。

第3期ハイパーヨーヨーでは「フレイムウイング」の名で発売された。

コールドフュージョン

アルミフルメタル機種。当時は3万円ほどしたため、「世界一高価なヨーヨー」としてギネス記録になったこともある。
ルーピング機種として使うとバンブルビーと大差ない性だが、コルクベアリングにあたる部分を削ることで、当時としては驚きのスリープを発揮。90年代末はロングスリープコンテスト用機種としてされた。

ダンカンブランドでもしばらくの間販売されていた。

バタフライ版は「コールフュージョンGT」。

スタントパイロット

ドラゴンフライに似たボディに、プロペラのような軸を搭載したヨーヨー
プロペラは飾りだが、軸が出っっているので、オフストリングにしてに回すとコマになる。

そのまま床で回したり、に乗せて回したりといったことが可現在の「トップオン」の先駆けである。

イグナイト

ダンカンになってから発売された木製軸機種。
ただし、木製スプールは「ダンカン・プロヨー」のものと異なる。

レスポンスシステムが木ではなくコルクになったことで、戻り具合や消耗の度合いに差がある。お好みで選ぼう。

バタフライ版の「イグナイトバタフライ」もある。

関連動画

関連商品

ダンカン版。

第1期ハイパーヨーヨー版。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダンカン・バンブルビー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ダンカン・バンブルビーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!