ダークニンジャ単語

ダークニンジャ

ダークニンジャは、サイバーパンクニンジャ活劇小説ニンジャスレイヤー」の登場人物である。

ドラマCD等での声優速水奨=サン。

概要

 ダークニンジャは「ニンジャスレイヤー」に登場するニンジャである。初登場は「ゼロ・トレランス・サンスイexit」であるが、このエピソードでは最後に少しだけ出番があっただけで、本格的な登場は「メナス・オブ・ダークニンジャexit」からである。また、「カース・オブ・エンシェント・カンジ、オア・ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウルexit」という彼に重点を置いたエピソードがある。

 ダークニンジャは主人公ニンジャスレイヤーの宿敵にして、彼の妻子を殺した敵であり、第一部「ネオサイタマ炎上」では悪のニンジャ組織ソウカイシンジケートソウカイヤ)の首ラオモト・カンの右腕として、第二部「キョート殺都市」ではザイバツ・シャドギルドの一員としてニンジャスレイヤーと対峙し、幾度となくカラテを交える。

 また、数奇な運命から「ハガネ・ニンジャ」のニンジャソウルを宿しており、第一部終盤からは「運命者」と称されるの者たちの導きによって自らの運命を知る行動を開始。第二部では自らの運命がいかなるものかを確信すると同時に、それを打ち破ることを決意。第三部「不滅のニンジャソウル」では運命をえるべく暗躍を続けている。

キャラクター

 キャラクターとしては非常に寡黙で冷、他人に対して感情を表に出すことはほとんどい。古のニンジャ知識や、ザイバツでのしあがるのに必要な複雑怪奇な作法やワビ・サビにも精通する。

 また、ニンジャとしても作中でも屈の実者であり、オブシディアン黒曜石)色のニンジャ衣装に身を包み、カタナを使用するイアイドーを軸としたカラテで何度もニンジャスレイヤーを追い詰め、多くの強ニンジャ達を圧倒してきた。特に彼が用する妖「ベッピン」を使って放つヒサツ・ワザ「デス・キリ」は凄まじい威を持ち、ニンジャスレイヤーですら捉える事が出来なかった。ただし現在のところ、それ程のカラテを以ってしてもナラクのを引き出したニンジャスレイヤーには敗北している。

 なお、ニュービーヘッズ(新たにニンジャスレイヤーファンになったばかりの人)などからは「感情な殺人機械」のような印を持たれることが少なくない。だがその実内面では、自らが「ダークニンジャ」になることを押し付けた理不尽な運命に対して底的に抗うという決意や、燃えるような情が渦巻いている。

 また、少年時代に苦難を共にした旧友危機に陥っているところに出くわしたときには、少々のリスクを伴ってでも救おうとする意外な姿を見せた(第2部「ドゥームズデイ・ディヴァイスexit」)。非な行いをするニンジャであり、なにより物語主人公の妻子のでありながら、それでいて人間らしい心を失いきってはいないという皮な存在である。

 余談だが、少年のなんかをあぶなくするビッチニンジャパープルタコ」と、自らの邸宅のフートンでなにやら行ったようだ(第2部「アウェイクニング・イン・ジ・アビスexit」)。その挙句、パープルタコ=サンは「あたしもう……ねえ許して」「あたし死ぬかと思ったの」「ねェ好きになってもいいよね……?」などと甘い言を言っている。ワザマエ!

ダークなんとか=サン

 以上の通り、主人公の宿敵と位置付けられているダークニンジャではあるが、第一部~第二部中盤までは登場機会が少なく、また彼自身寡黙なニンジャであったため、非常に影が薄かった。どれくらい薄いかと言うと、第二回キャラクター人気投票ではライバルでありながらなんと36位。[1]ズノウ・タノシイ社エンターブレイン社の公式PV第一弾からもハブられた。その影の薄さをニンジャヘッズネタにされ、ダークなんとか=サン」「なんとか=サン」「ダークドメイン=さんじゃない方」「36位=サン」などインなんとかさんいじめを彷彿とさせるニックネームをつけられる羽となる。

 第二部中盤以降は登場機会が増え、彼自身の的も出来るなどで存在感を増し、ヘッズからは本名フジオ・カタクラから「フジオ」と呼ばれることも増えた。物理書籍では彼が登場するエピソードも数多く初翻訳され、もはや「ダークなんとか=サン」などと呼べばシツレイの誹りを免れ得ぬだろう。……が、この一連の流れで変なニックネームはつけられる呪いにかかったのか、この後もツチノコ(ハガネ・ニンジャの伝承から)トコロテン」「ナメクジ(共に本編での描写から)「美=サン」(書籍版での挿絵から)ダークカカオ=サン」「ダークチョコ1位=サン」(2013年バレンタインデーに(キャラクター宛で)送られたチョコの数が一位だったことから)など変なニックネームをヘッズにつけられることとなる。ヤンナルネ……

 ニコニコ動画ではアニメ化作品「ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン」が配信されているが、彼の再起を描いた重要エピソードコンスピーラシィ・アポン・ザ・ブロークン・ブレイド」が収録された12話は、よりにもよってロブスター=サンの登場するつきのエピソードデイ・オブ・ザ・ロブスターと、その続編デイ・オブ・ザ・ロブスター2」と同時収録の三本立て。あまりにも色物すぎるエピソードォンに重要エピソードが挟まれてしまったことで、今度はダークブスターサンド=サン」「ダークエビサンド=サン」などといった新しいニックネームがつけられることになってしまった。ここまでされる謂れはい!

関連動画


セガ運営している日本戦国時代舞台としたアーケードカードゲーム戦国大戦」に、コラボ企画によってカードとして出演している(ただしコラボキャラでも武将名を宛がうのが慣例のため、カード名は「風魔小太郎」となっている。)。

↓はニンジャスレイヤーフジキド・ケンジ)のMMD動画であり、動画説明文URLで配布されているのもニンジャスレイヤーモデルである。しかし、配布ファイルには「おまけ」フォルダが添付されており、内部にはダークニンジャのモデルが入っている。ドーモ、ダークオマケ=サン。
 

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *参考:1位ニンジャスレイヤー2位シルバーキー、3位シャドウウィーヴ、4位ヤモト・コキ、5位ジェノサイドキャラでダークニンジャより下位なのは48位のユカノ=サンくらいなもの。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダークニンジャ

57 ななしのよっしん
2015/10/09(金) 17:07:16 ID: TRGxPP+lri
個人的に嫌いじゃないがユカノ=サンは遇から正体から出番の度にキャラが変化しまくるのが感情移入し難い要因だと思う
相棒としてはナンシー=サンやガンドー=サンに負け、ヒロインとしてはフユコやアガタ=サンに負け、師匠に託された守るべき役としては自身の正体のせいでなんかな~となる
キャラが悪いというより忍殺ではしく物語の都合に振り回された感じが強い

乗っておいてなんだが、そもそもダークニンジャ=サンの記事で延々とする話ではない
58 ななしのよっしん
2015/10/15(木) 20:43:07 ID: xWPv/MYqUx
が……」
59 ななしのよっしん
2015/10/22(木) 21:12:35 ID: swPY+1mp+a
忍者
60 ななしのよっしん
2016/01/12(火) 22:22:45 ID: iVDM9KouV+
ツイッタァー版無印ナスではイヤグワラッシュ増量な
いやあ、見たかった物が見れて良かった
61 ななしのよっしん
2016/06/11(土) 08:32:06 ID: 8bqq+MxYKr
ラオモト=サン最大の危機に全く影も形もかったのはもはやミラーシェード=サンのケジメ案件では?
62 ななしのよっしん
2016/08/07(日) 18:05:06 ID: KIuxmCwucc
(どう見ても勝ち確の状況で)信じて待っていたあるじがボコボコにされて帰ってくるなんて…
63 ななしのよっしん
2016/10/22(土) 21:33:27 ID: OQuj1VhaHu
3部終了後、あのヤバイ級のブザマに対しキョートでセプク要されなかったか心配であることだなあ
読者視点なら理不尽とわかるがザイバツ側みんな大団円後のエンドロールで席立ってたから・・・
64 ななしのよっしん
2016/10/28(金) 22:02:44 ID: eqaqauVFl6
あるじ「サクッとスレイして戻るわー」
みんな「いってらっしゃーい

あるじ「ただいま…」ボロボロ
みんな「アイエエあるじ!?その傷は!?
あるじ「にやられた…」
みんな「ベッピンは…?」
あるじ「折られた…に…」
みんな「いやって…は…?」
あるじ「ちゃうねん…は吸い尽くしてん…そしたらになってん…」
みんな「あ、あるじ…(何言ってんだ大丈夫かこの人)」
65 ななしのよっしん
2017/01/04(水) 21:26:44 ID: Cx05ejhWL8
しかし、殺(キルズ)のダークニンジャシャドームーンを彷彿とさせるキャラデザインは格好良すぎてれるわ。
66 ななしのよっしん
2017/04/21(金) 10:35:51 ID: 9+KkzS6swY
今のザイバツのだいたいのやつはブザマとかじゃなく「じゃあフジキド倒すわ」って