ダース・ベイダー単語

ダァスベイダァ
  • 19
  • 0pt
掲示板へ

ダース・ベイダー(Darth Vader)とは、映画スター・ウォーズ』に登場するキャラクター
スーツアクターデビッド・プラウズ
ボイスアクタージェームズアールジョーンズ
スタントボブアンダーソン

C-3POR2-D2ヨーダオビ=ワンと並び、スターウォーズで最も人気のあるキャラクターの一人。アナキン時代も含め、スター・ウォーズ本編のうち、すでに死亡している続三部作以外のすべてに出演している。2016年開のスピンオフ映画ローグ・ワン』にも登場した。

概要

本名はアナキン・スカイウォーカーフォースにバランスをもたらすと予言された「選ばれし者」であり、ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナの実の父親

かつてはクローン戦争で活躍し「恐れを知らない英雄」と賞賛されたジェダイ騎士だった。しかし、ジェダイ騎士団への不信感と妻を失う恐怖からパルパティーン(ダース・シディアス)の誘惑に屈しシスの暗卿に転向。師匠だったオビ=ワン・ケノービとの対決の果てに瀕死の重傷を負い、現在のような尽くめのスーツ仮面をつけるようになった。自での呼吸ができなくなったためスーツには人工呼吸装置が搭載されている。独特の呼吸音が聞こえるのはそのためである。

生身の体の頃はヨーダやシディアスすらもえると言われたほどの潜在を持っていたが、半機械の体となったためにそのフォースの永遠に失ってしまった。しかし、皇帝のもとでの修行やジェダイとの戦いを経て全盛期には及ばないまでも高い暗黒面を獲得していった。歳を経たりベイダー誕生での過程からか、性格も幾分か冷静沈着となっている。しかし直情的な部分はしくなり、敵対する者には一切の情けく、失敗した者・気に入らない者には容赦なくフォースグリップで処刑している。

大柄でがっちりとした体に全身漆黒のような装と、圧倒的な存在感を放っている。スター・ウォーズシリーズで一番最初に登場したキャラクターでもある(モブを除く)。

ダース(Darth)とは Dark Lord of the Sith の略であり、それ単体で「シスの暗卿」の称号である。それゆえ、「ダース・ベイダー」は二重敬称に当たるので注意。

ベイダーとは「ファーザー」をもじったもので、ルーカス自身の父親との確執が反映されたキャラクターであると言われている。実際オランダ語父親のことをvaderファーダー)と言う。

銀河帝国皇帝となったパルパティーンの右腕としてジェダイ狩りや反乱同盟軍との戦いで活躍。クローン戦争の頃からの直属部隊「第501大隊」を率い多くのジェダイや反乱分子を殺していった。この動きは素く容赦く確実であり、第501大隊は「ベイダーの鉄拳」と呼ばれ恐れられ、ベイダーの名と恐ろしさも銀河中に広がっていった。

第1デス・スターが破壊された「ヤヴィンの戦い」以降は、あらゆる法を視して活動できる権限と「死の小艦隊」と呼ばれるスーパー・スター・デストロイヤー「エグゼクター」を旗艦とする専用部隊を与えられ、帝国内でのナンバー2の地位を得た。

皇帝に従いながらも 内心は反逆の機会を伺っていた。ルーク子として鍛え、皇帝を倒し銀河の不毛な戦いを終わらせ、親子二人で銀河を支配・秩序を作る野望を抱いていた。

「ヤヴィンの戦い」で実の息子(ルーク)の存在を知り自らの権限をフル活用し、血眼になって捜索した。「ホスの戦い」であと一歩の所で取り逃してしまうものの、惑星ベスピンの「クラウド・シティ」で遂にルークと対面する。ライトセーバーでの戦闘ルークを破り、自らが実の父親であることを明かし絶望させシスに引き込もうとするが、またもや失敗し取り逃がしてしまう。

エンドアの戦い」においてを救う決意を固めたルークと再び対面。この時点では既に皇帝に裏切らないよう釘を刺されており、自らが使い捨てにされる事にも気付いていたが、これを運命として受け入れるつもりでおり、ルークからの救いの手も断った。その後第2デス・スター内で、皇帝の面前でルークと2度の戦いに突入。との戦いを拒むルークを一度は追い詰めるも、不用意にレイアを人質にとった発言をした事でルークブチ切れる。ベイダー以上の攻勢の前に耐え切れず右手首を切り落とされ敗北。更に皇帝ルーク暗黒面に引き込むための生贄とされかけるが、ジェダイとして心身ともに成長したルークに助けられる。そして直後に皇帝フォース・ライトニングで苦しめられるルークへ助けをめるによって明面に帰還。捨て身の行動で皇帝を殺したが、その時に人工呼吸装置が破壊されてしまう。

最期を悟ったベイダーはルークマスクを外してもらい、自身の息子の成長した姿を確め、息子の腕の中で静かに息を引き取った。遺体ルークが運び出し、エンドアので荼毘に付された。フォースの意思で産まれたベイダーは死後フォースと一体化し霊体となり、同じく霊体となっていたオビ=ワンヨーダと共に戦いを終えたルークを祝福した。

「選ばれし者」であるベイダー=アナキンはジェダイとシスの両方を滅ぼし、その後にルークが新しいジェダイを築く事で、予言にあった「フォースのバランスを取り戻す」使命を果たした。

その他

関連動画

The Imperial March

ダース・ベイダーのテーマとしておなじみ。「帝国のマーチ」を参照。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 19
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダース・ベイダー

332 ななしのよっしん
2020/05/14(木) 11:14:07 ID: kvTCcM8j19
>>326
ベイダーって言うほど威厳を示すシーンに溢れてたか…?
333 ななしのよっしん
2020/05/14(木) 11:32:22 ID: EkBPB2Aclw
>>331スターキラー主人公ゲーム、”Star Wars: The Force Unleashed”の事。

ベイダー視点ストーリーの流れを描くと、(ネタバレ注意




1.キャッシークに潜伏中のジェダイ(ケントー・マレック)を殺しに来た際、幼いながら強フォースの素質を持っていた彼の息子ギャレン・マレック、後のスターキラー)を見つけ密かに匿い、皇帝弑逆の為に十数年かけてダークサイド修行を積ませる。

2.修行の終わりにジェダイ暗殺を命し、ラーム・コタ将軍をはじめ粛清から落ち延びた複数のジェダイ対決させる。

3.元評議会メンバーのシャク・ティの殺に成功した事でその成長を認め、本拠地に戻るように言う。しかし皇帝にその存在が知られてしまった為、彼の眼前で自らの手によって処刑。その後死体を密かに回収させ、医療船にて蘇生させた。
334 ななしのよっしん
2020/05/14(木) 11:33:57 ID: EkBPB2Aclw
>>333続き

4.不信感を抱きつつも他に何もできないスターキラーに、『厳しくなった自分への監視網に対する陽動』という名反乱軍結成を示。(少なくともこの時点でベイダーの的は反乱分子の粛清になっており、子からの信頼を失った事すら逆に利用している。)

5.スターキラーは生きていたコタ将軍ベイル・オガーナらとの接触に成功。ベイダー卿も裏で破壊標などの助言を与え反乱の機運を煽る。

6.そしていよいよ調印式の執り行われる日に帝国軍が現場を制圧。師の意を見抜けなかったスターキラー全に虚を突かれ、通信で参加していたレイア姫を除き全ての列席者を拘束。彼自身もベイダー卿に殺されかけるが邪魔が入り逃走に成功。
335 ななしのよっしん
2020/05/14(木) 11:36:23 ID: EkBPB2Aclw
>>334 続き

7.ここまでの中で既に強いを抱いていたスターキラーギャレン・マレックとしてライトサイドに転向。単身仲間が連行された建造中のデス・スターに潜入し、遂にはベイダー卿や皇帝をも撃退する(ライトサイドエンディング)。
仲間を逃す過程でギャレンは自ら犠牲になるも、ベイル・オガーナらにより反乱軍は正式に結成される。密会はキャッシークにて行われ、希望徴としてマレック家紋が旗印となった。

ちょっとがある設定だけど、反乱軍設立の経緯はこっちの方が好き。
336 ななしのよっしん
2020/09/02(水) 21:35:30 ID: 5Qizpk8XOT
反乱者たちでアソーカとの戦い見たけど止まらんかったわ
かつては師であり同然の関係だったのにいくらなんでも残酷すぎる…
もうあれ見ちゃうとクローンウォーズ見れないわ
結末があれじゃちょっときつい
337 ななしのよっしん
2020/09/03(木) 00:19:22 ID: 5Qizpk8XOT
しかしあれだな
プリクエルでのジェダイ時代のベイダーが超絶美形キャラだったのは悲劇のヒーロー感を強くして女性ファンを増やすのが狙いだったんだろうか
338 ななしのよっしん
2020/09/03(木) 00:51:41 ID: 5Qizpk8XOT
少数かもしれないけど個人的にはムスタファ―でガンレイ達分離義者を始末してた時のベイダーが大好き
サイボーグ化する前で五体満足でありシスの衣とフードを身にまとっているベイダーがすごく好きなんだよな
あの姿のベイダーがフォースの潜在を全て開させてライトセーバーを使用すること想像しただけでかっこいいし最高だわ

まあ世間的に有名なサイボーグ化された姿も大好きだけどね
339 ななしのよっしん
2020/09/22(火) 00:00:23 ID: 8yX6leI7d/
>>338
あの辺りが作中最強の実を持っていた頃だしな。
あれで心の迷いがなければ本当に史上最悪のシスの暗卿と化していただろう・・・。
340 ななしのよっしん
2020/10/13(火) 19:54:10 ID: 1yoMQOz/m0
ベイダーはカリスマ的な悪役だけど、それと同時にと子の徴するキャラクターだと思う。EP6で皇帝シャフトに投げ落としたあの間……まさにジェダイの帰還だよ。が子を助けるために、一度どん底まで堕ちた者が、その心の中の何処かに残っていた善い部分が復活する。

子供の頃は、宇宙戦争アクション面白いSF映画としか見てこなかったけど、話がわかるようになると、今までとは違う面からもスター・ウォーズは本当にいい映画だと思えるようになった。

ちなみにレジェンズだと、ベイダーの一の楽しみはマスクを外せる瞑想チェンバーで食事をすることだったらしい…… 基本的に体の維持に必要な栄養素は、点滴の様にあのスーツで自動的に供給されるらしいが、チェンバー内ならマスクを外して食事ができたそうだ。まあそれでも厳しいので、流動食が多かったらしいが、スーツによる点滴よりもかに良かったそうだ…
341 ななしのよっしん
2020/10/21(水) 19:47:23 ID: 5Qizpk8XOT
>>340
本家に満ち溢れた人だからね
そこが絶対悪で血ももない皇帝とは違う
EP6ではと妻を救えなかった彼が息子を救うという感動的な場面なのよ
結局ベイダーいやアナキンにとって本当に大切だったのは選ばれし者としての使命でもなければジェダイでもなくシスでもない
大切な存在を守りたいという純な願いだった

まあムスタファ―である意味死よりも残酷な状態で生きていく結末になったのは罪のない若いパダワン達を虐殺したことへの作者から与えられた罰だったんだろうな
EP3でパドメの首絞めたりEP5ルークの腕切り落としたりろくでもないDV野郎だと感じる人もいるかもね