ダートグレード競走単語

ダートグレードキョウソウ
2.7千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ダートグレード競走とは、日本競馬における中央・地方交流重賞のことである。

概要

日本で行われる重賞競走のうち、地方・中央の所属に関係なく出走できるダートの競走について格付けが行われている。グレード格付けの得られている競走はGI/GII/GIIIグレード格付けの得られていないものは内向けではJpnI/JpnII/JpnIIIとなり海外向けではリステッド(L)またはリステッド・リストリクテッド(LR)のいずれかの格付けが与えられている。日本国内であればローマ数字が同じならば一応同じ格と考えていい。これらの格付けは日本グレード格付管理委員会によって行われている。

現在ダートグレード競走を施行していない催者は岐阜県地方競馬組合(笠松競馬場)のみである。競馬場単位であると中央は函館福島小倉が、地方水沢笠松姫路が施行していない。

中央と地方の所属のがぶつかる関係上、中央の刈り場と化していることがほとんどであるが、2歳競走は地方でも十分に勝てるところはあるし、地方所属のでも勝利している例はあるにはある(特に船橋所属のとか)。

歴史

交流元年と呼ばれた1995年以降に、中央、地方問わず全各地の競馬場で中央地方定交流競走が設けられるようになった。ダート競走の位置づけを明確にするため、JRANAR、全競馬催者協議会の3者によって「ダート競走格付け委員会」が発足。1997年4月から「ダートグレード競走」として格付けが行われた。同委員会は2008年までダートグレード競走の格付けを行ってきたが、2009年からは日本国内のG/Jpn格付け機関を一本化した「日本グレード格付管理委員会」が新設され格付けを行うようになった。それに伴いダート競走格付け委員会は解散され、ダート競走の体系化等について検討する機は新設機関の「ダート競走振会議」へ引き継がれた。

2007年日本際セリ名簿基準委員会にてパートIに昇格したことをきっかけに際的に承認されていないグレードはJpnI/JpnII/JpnIIIと格付けされるようになった(読み方はJpnIならば「ジーワン」などだが「ジェーピーエヌワン」などと呼んでいるところもある)。

2022年6月にはNARJRA、全競馬催者協議会、TCK、兵庫県競馬から合同3歳ダート三冠競走を中心とした2・3歳馬競走の体系整備についてexit会見が行われ、2024年から羽田盃東京ダービーJpnI格付けを得ることが発表された。2022年11月には競走体系の整備の詳細exitが発表されるとともに、将来計画として日本独自グレードを2028年より段階的に止し、地方でも足並みをえる意味で際格付けの取得、格付けを得るために必須となるレーティング達成や海外の受け入れ体制の整備などを進めていくとしている。

競走の一覧

開催順、太字グレードの重賞()内は開催競馬場

GI/JpnI

GII/JpnII

GIII/JpnIII

過去に交流重賞だった競走

GI/JpnI

GII/JpnII

GIII/JpnIII

将来的に格付け付与予定のレース

GI/JpnI

GII/JpnII

GIII/JpnIII

関連動画

ダートグレード競走に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *際的にはL(リステッド)競走扱い。

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダートグレード競走

1 ななしのよっしん
2022/08/31(水) 21:27:33 ID: Q7z7eYX7Ay
作成乙
レーティング上がらなくて中々グレード化出来ないけどちょっとでも増えてほしいね