ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア単語

ダーニックプレストーンユグドミレニア
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ダーニック・プレストーン・ユグドミレニアとは、小説Fate/Apocrypha」の登場人物の一人である。

檜山修之

概要

あらゆる魔術系統を結集させた“千界ユグドミレニア一族の当。その実態は、ワケありの魔術師一族による連合の盟にして支配者。そして同時に、ルーマニアトランシルヴァニア地方の外れにあるトゥリファスのセカンドオーナーでもある、“王冠(グランド)”の階位を持つ魔術師
一見すると、やかな外見をした青年といっただが、実際は年以上の時を生きたバケモノ。かつては、木の地にて行われた第三時聖杯戦争にて、ランサーサーヴァントフィンマックールのマスターとして、第三帝国に与する形で参戦。だが、間桐臓硯御三家第三帝国を出し抜き、大聖杯を強奪。と同時にトゥリファスに隠匿。
それから現代。ランサーことヴラド三世を召喚し、大聖杯奪還のために派遣された魔術師たちを返り討ちにする形で魔術協会に宣戦布告。一族の者たちを呼び寄せ、協会からの独立という的を掲げたことにより、前代未聞の聖杯大戦勃発となった。
しかし、その一方では、自分たち一族を弾きにした魔術協会への復讐という側面も有している。

だけあって、落ち着き払った慇懃な態度をしており、フィオレやロシェなどの一族の中でも有望な才覚を持った者たちに対しては揚さを見せることもある。また、サーヴァントであるはずのヴラドに対しては彼を王として敬意を払い、臣下の如く接している。
しかし、その本性は冷酷で狡猾な魔術師そのもの。ユグドミレニアの支配者だけあり一族の者たちから恐れられている。と同時に、ヴラドに対しても他の大多数の魔術師同様、本心ではサーヴァントをたかが使い魔として見下している。
また、的のためならば、如何なる犠牲をも払える冷さと、どのような屈辱でも甘んじて受けながら耐え抜く冷静さをも有している。

なお、魔術師として桁外れに高い実の持ちであり、二級講師という地位を有していながら、周囲からのその評価は低い。
そんな彼の手腕は政治において大いに発揮される。権謀術数などお手の物で、裏切り寝返りなど日常茶飯事。また、独自の情報網も敷かれており、敵と見なした相手に対しては底的かつ執拗に追い詰めた上で破滅させるなど飯前。
実際に、叛旗を翻す直前まで協会側に計画を気取られなかったことや、大戦中においても独自のルートで必要物資を確保するなど、その辣腕を伺い知ることができる。
そのため、彼は一流の詐欺師“八枚舌”のダーニックとして知れ渡っている。

そんな彼が長い年を掛けて立てた計画だが、セイバーの突如の脱落を皮切りに、次第に旗色が悪くなっていく。そして、とうとう敵営により大聖杯が奪取されると、ダーニックはフィオレに丸投げ後事を託し、そして最後の手段に出る・・・・

奥の手とその末路

もはや形成を挽回することも絶望的となり、敗北受け入れようとしているヴラド。その前に現れたダーニックは、この劣勢を打開するための一の手段として、宝具“鮮血の伝承(レジェンドオブドラキュリア)”の発動を提案。だが、それはヴラド本人が忌み嫌っていると同時に、これを使用させることは死を意味することをダーニックは十分すぎるほど理解している。
にもかかわらず、彼は悪辣な本性を表すと同時に、三画の令呪全てを用いてヴラドに命。当然、その身は彼のに貫かれてしまう。
その彼が令呪にて命じた内容は以下の三つ。

宝具“鮮血の伝承”の発動

大聖杯を手にするまで生き続ける

ダーニックの存在をその魂に刻みつける

この不可解な最後の命意。
それは、ダーニックが独自に編み出したの手。通常の魔術師であれば着しないはずの魂を自身の糧とする、という大魔術にして禁呪である。ただし、かなり高度なだけあって危険度も大きく、ほんの僅かなズレでも死に至るという。そのため、ダーニック過去三度しか使用しなかったという。また、どれほど十全な準備の元に行なったとしても、やはり自身の魂は擦り切れてしまうらしい。
そうでなくとも、サーヴァントという規格外の魂を取り込むことの危険性はとてつもないほど大きい。
それでも、ダーニックヴラドを乗っ取ることに成功してしまう。ただし、そこにいるのはもはや、ダーニックでもヴラドでもない。吸血鬼ドラキュラに端を発する、死徒とは異なる吸血鬼という災厄である。
もはや妄念のみで動く怪物と化していながらも、“鮮血の伝承”によるを最大限に活かしているばかりか、ルーラーをはじめとする何騎ものサーヴァント、それもそのほとんどが代の英霊を相手取りながらも、互に戦いを繰り広げている。
そして、とうとう大聖杯を前にするが、そこに突如現れたシロウ・コトミネと応戦。吸血鬼であるが故に、その弱点を的確に突かれてしまい、最終的には洗礼詠唱により消滅させられてしまう。

最後に、その正体に悟りながら・・・・

余談

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%82%B0%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア

12 ななしのよっしん
2018/05/08(火) 23:15:00 ID: QeJddOyBja
>>8
そもそも当初は協会と聖杯大戦やるつもりはなかったのよ
協会の刺客の一人が大聖杯の予備システムを起動したせいでに分かれた
身内同士で聖杯戦争して勝者が聖杯を手に入れるってのが元々のダーニックの筋書き
だからこのことについて色々推測意見出てるけど正直的外れ感
13 ななしのよっしん
2018/05/08(火) 23:29:50 ID: CudhQd3ASJ
ハッキリ言ってダーニックの当としてのって微妙だったりするのか?
ゴルドとセレニケをいまいち制御出来てないし
自分に何かあった時の対応を考えていから死後はフィオレにほぼ丸投げ
一族の未来に妄執の域までこだわってた魔術師がそれはどうかと思うわけよ
結局リーダーとしての手腕といえばアヴィのゴーレム材料の準備くらいだし
しかもあれ完成してたら敵味方の区別なくにとっても非常に不味いから結局仲間割れアダム討たないといけなくなるし
14 ななしのよっしん
2018/05/11(金) 15:26:39 ID: GqGmKSUtAn
>>9
個人的にはアストルフォがいるならどのみち負けてたと思う。
相手のメンバーを見る限りならアルジュナクラスが最低でも2人必要になる(アキレウスカルナ対策として)。
キャスター営を崩壊させたのはアストルフォなわけだし。

>>12
協会も聖杯大戦する気で手は打ってたはずだしね。
だから、アキレウスカルナなんていうオーバーキル確定のコンビを呼んだわけだし。

>>13
12に詳しく書いてあるよ。
ゴルドに関してだけど本来なら聖杯戦争で対戦する相手で聖杯大戦自体が予想外で自分が死ぬこと予想外
後、セレニケに関してはカウレスと同じく令呪出たから使わざるを得なかったとしか…。
15 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 15:04:52 ID: IzvN/GWIEE
こいつが勝っていればsn聖杯戦争はたぶん起こらず、間の血が途絶えて蔵に放り込まれなくてすんだという事実ある意味fate世界におけるキーマンの一人。
16 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 15:12:55 ID: IzvN/GWIEE
追記
間接的にに違う人生を進ませた彼でもエルメロ2世が誕生しているってことからケイネス氏は救えなかったのか…
やはり編纂事
17 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 20:22:30 ID: uVnOlIprqV
>>8
イスカンダルカルナ倒せるような宝具あったっけ?
はっきりいって知名度補正のおかげだろうけどカズィクル・ベイ自体
攻守にすぐれててかすれば負け確定のかなり強宝具だからね。
ISIので体内焼いて防ぐカルナさんがおかしい。
18 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 22:16:06 ID: yJnl6Wu7Kb
石田さんにコミカライズオファーが行ったのは、ゼッタイ駄肉(だーにっく)繋がりだと思っている。
19 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 21:30:48 ID: DhI0oBrQ4v
>>15
こいつも自分が死んだ後のこと何も考えてなかったよね
20 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 21:02:57 ID: uVnOlIprqV
>>19
原作だとダーニックは一応自分がいなくなったときに
次のユグドレニアの頭首としてフィオレに継ぐよう言ってあるぞ。(結局のほうが継いだわけだけど)

21 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 17:36:53 ID: gvqETRN6ET
この記事、本性は冷酷で狡猾とか悪辣な本性とかマイナスイメージ方向に故意的に過ぎる。
確かにマテリアル魔術師らしい魔術師だと書かれてるし原作二巻で必要ならばあらゆる悪徳をいはすまいとあるけど、原作マテリアルで本性が悪人であるかの様な表現はされてはいない。
彼は80年ほど前にある魔術師から一族の悪評流されたせいで自分に続いて行く一族の者達の未来を潰されて、負ければ一族が殲滅される聖杯大戦で追い詰められ、勝利の為ならばあらゆる犠牲を許容するとして自分が殺される事も令呪サーヴァントに魂を刻み付ける事は自殺行為だと覚悟した上での行動だった彼側の背景を記述せずやらかした事だけ書くのは偏ってる。
あと「他の世界線においては、第三次聖杯戦争の時点で死亡」はガセ。
ひむてんとfakeではユグドミレニアが衰退してるっぽいのは確かだけど彼の生死は不明で、マテリアル聖杯を入手できなければあと二年程生きた辺りで自全に希釈されるとあるから生存の可性がある。

急上昇ワード