編集  

チェコ単語

チェコ
基本データ
正式名称 チェコ共和国
Česká republika
国旗 チェコ国旗
国歌 我が故郷いずこ
菩提
公用語 チェコ語
首都 プラハ(Praha)
面積 78,866k世界114位)
人口 1000万人(世界79位)
通貨 チェコ・コルナ(Kč, CZK)

チェコとは、中央ヨーロッパに位置する内陸である。2004年欧州連合EU)に加盟した。

概要

正式名称は「チェコ共和国」、チェコ語では「チェスカー・レプブリカ(Česká republika)」。チェコ語の通称は「チェスコ(Česko)」「チェヒ(Čechy)」。なお「チェヒ」は、内の一地方名のことも意味するため、としてのチェコを表現する場合は内外を問わず「チェコ共和国」のが用いられることが多い。
2016年4月チェコ政府は外国語での名表記について、ラテン語の「チェキアCzechia)」の使用を要請する明を発表した。これは前述の「チェコ共和国Czech Republic)」が長々しいためだが、内でも異論があり、定着するかどうかは未知数である。なお、チェコ外務省1993年にもチェキアの呼称を提案しているが定着していない。

1993年チェコスロヴァキアチェコスロヴァキアに分離して成立。この分離は武衝突を伴わず平和に行われたことから、西側諸では滑らかな布にかけて「ビロード離婚(Velvet Divorce)」と呼ばれており、「離婚」後も両間の関係は良好なものとなっている。

西部のチェヒ(ボヘミア)、東部のモラヴァ(モラヴィア)、北東部のスレスコシレジア)の3つの地方からなる。面積北海道より少し狭く、人口は東北地方よりやや多い。

歴史

チェコ歴史は、神聖ローマ帝国オーストリアハンガリー二重帝国ナチス・ドイツソビエト連邦などの周辺各勢の影が非常に大きい。

出来事
9世紀 モラヴィア
10世紀前半 マジャル人侵入の影で大モラヴィア崩壊
10世紀初頭 プシェミスがチェヒを建
921年 ボヘミアが成立、ヴァーツラフ1世(のちにボヘミアの守護人に)が国王に即位
1003年 ポーランドボレスワフ1世がチェコを武制圧
1004年 プシェミス神聖ローマ帝国に臣従、ボヘミアの座を取り戻すとともに神聖ローマ帝国の領邦となる
11~14世紀 ドイツ人、ユダヤ人の移住が進み、ドイツ文化が浸透
1212 ボヘミア王の称号と世襲が承認され、選侯となる
1310年 プシェミス断絶、ルクセンブルクボヘミア王を継承
1346年 国王カレル1世神聖ローマ皇帝カール4世に即位
15世紀初頭 プラハカレル大学総長ヤン・フスによる教会
1414年 コンスタンツ会議にてフスが異端として火刑に処される
1419年 フス信者市長らを庁舎のから放り投げる(第一次プラハ窓外放擲事件
1419年 フス信者神聖ローマ帝国カトリック教会のあいだにフス戦争勃発
1436年 神聖ローマ皇帝とフス穏健が停戦、フス戦争終結 急進はフスの内部抗争で壊滅
1437年 神聖ローマ皇帝アルブレヒト2世が即位、ボヘミアハプスブルクの支配下におかれる
1618年 新教弾圧に反発した民衆が国王の使者をプラハから放り投げる(二次プラハ窓外放擲事件
1618年 ボヘミアの新教諸侯たちとハプスブルクの諍いから三十年戦争勃発
1620年 白山の戦いでボヘミア諸侯軍が大敗、新教貴族外追放や財産没収などを課せられる
1638年 スウェーデン軍がボヘミア侵攻、土荒
1648年 ヴェストファレン条約で新教徒の権利が認められるも、ボヘミア王位はハプスブルクの世襲となる
1741 オーストリア継承戦争により、シュレージエンシレジア地方の大半がプロイセンに支配される
1918年 スロヴァキアとともにチェコスロヴァキア共和としてオーストリアハンガリー二重帝国から独立
1938年 ズデーテン地方ナチス・ドイツに割譲、更にはポーランドハンガリーにも領土を割譲
1939年 ナチス・ドイツ進駐、チェコスロヴァキア共和解体 チェコは「ボヘミアモラヴィア保護領」となる
1940年 ロンドンチェコスロヴァキア共和亡命政府が成立
1945年 ナチス・ドイツ敗走、ソ連軍によって「解放」される
1945年 ベネシュ大統領ドイツハンガリー系住民の追放を命令、250万人に及ぶドイツ系住民が追放される
1948年 ソ連の圧によるクーデター共産主義政権が成立(二月革命
1948年 非共産系のヤン・マサリク外務大臣が外務省敷地にて転落死体として発見される(三次プラハ窓外放擲事件とも)
1968年 ドゥプチェク第一書記による共産体制革(プラハ
1968年 ルシャワ条約機構(WTO)軍による軍事介入(プラハ事件)、革は頓挫
1989年 大規模な民主デモの結果、流血の事態なく共産党体制が終焉(ビロード革命
1993年 スロヴァキアと分離、チェコ共和国が成立(ビロード離婚
1995年 経済開発機構(OECD)に加盟
1999年 北大西洋条約機構NATO)に加盟
2004年 欧州連合EU)に加盟

経済・産業

要産業は機械工業、化学工業、および観光業。企業では100年以上続く老舗自動車メーカーのシュコダ(現在フォルクスワーゲン子会社)や、大トラックに製造するタトラ、学機器のメオプタなどが知られる。

それまで帝国で最も工業化が進んでいたシレジア地方オーストリア継承戦争プロイセンに奪われたため、マリア・テレジアとその息子ヨーゼフ2世は代わりにボヘミアの工業化を推進。くから綿工業、製糖業、ガラス工業などが発達した。チェコスロヴァキア共和成立時にはオーストリアハンガリー帝国の工業資産の4分の3を継承し、世界有数の工業となっていた。

兵器分野でも工業を発揮し、第二次世界大戦のころは戦車機関銃の製造で名を馳せていた。ドイツチェコを併合した際に戦車産業をそっくり頂き、これがドイツ機甲師団の快進撃につながった。機関銃は遠く離れた中華民国へ輸出され、それを鹵獲した日本軍に「故障知らずのチェッコ機関銃」と絶賛された。こうした兵器産業を支えていたのがシュコダ財閥で、当時欧州最大級の財閥だった。

第二次世界大戦が終わるとチェコ全域が共産圏に入り、ソ連の影下に置かれた。兵器産業で名高いチェコが東側に入ったのを見て、当時の西側諸には強い衝撃が走った。

共産党政権が崩壊すると計画経済から市場経済に移行。革命後、工業化の進んだチェコ農業であったスロヴァキアの間にあった格差などから混乱が生じたが、ビロード離婚によって分離をはたしたことや、西側諸からの企業進出の増加などによりプラス成長を遂げ「チェコ経済奇跡」とも呼ばれた。1997年の通貨危機などから一時マイナス成長を記録したが、直接投資拡大により再びプラス成長に転じた。

以降も高い成長率を維持し続けたが、輸出依存の高いチェコ2008年危機の影を免れることができず、急速に気が低迷。その後ドイツなどの経済回復によって2010年にはプラス成長に回復するも、翌2011年には欧州経済危機の影で、再び成長が鈍化している。

近年、特に欧州連合加盟後においては外資系企業の過剰進出が労働者不足を招き、均給与の上昇が企業利益を圧迫する事態が起きている。

なお、欧州連合EU)加盟ではあるがユーロは導入されていない。

ボヘミアングラス

チェコの伝統産業の中でも特筆すべきものがボヘミアングラスである。9世紀頃にビーズ指輪など装身具の材料ガラスが使われたのがはじまりとされ、その文化と技術が発展を遂げながら現在まで継承された。

最初はチェコ首都プラハの宮殿で好評を博し、そしてチェコに近いウィーンの宮殿にも出荷されるようになった。欧州中から人が集まるウィーンでも大人気となり、欧州ボヘミアングラスの名がとどろくことになった。

オーストリアクリスタルガラスメーカースワロフスキーの創始者であるダニエルスワロフスキーも北ボヘミアハンドカットクリスタル職人の生まれである。

繊細なデザインなどから土産物としても世界的に人気があり、特に観光地としても有名なプラハ内にはガラス細工を取り扱う店が非常にたくさん存在する。ガラス細工だけに当然壊れやすいので、お土産として持って帰るときにはうっかり壊さないよう注意が必要。

文化

食文化

伝統的なボヘミア料理ドイツオーストリアハンガリーなどの影を受けながら発展してきたのが現在チェコの食文化である。寒いため野菜果物、内陸のため魚介類が不足しがちでカロリー過多との摘もあったが、近年際化の影善が見られるようになった。

小麦粉牛乳を練り混ぜ、円筒形にして茹でたクネドリーキという料理が名物。イタリアのニョッキや日本のすいとんに近いもっちりとした食感で、味はあまりない。このため肉料理の付け合せ(ソース汁にからめて食べる)やスープの具などとして食卓に出される。ジャガイモを原料にしたものや、イチゴアンズなどの果物を入れ、チーズバターナッツをかけて菓子として食されるものもある。

酒類

ビール民的飲料となっている。民1人当たりの年間ビール消費量(2009年キリン食生活文化研究所調べ[1])は142.3リットル(大瓶約225本相当、日本の約3倍)と、2位アイルランド30リットルほど差をつけて17年連続の世界1位を誇る。その歴史は紀元前3世紀にまで遡るといわれ、長く培われた醸造技術と良質な大麦と豊かな世界ビールを呻らせる味を生み出している。

現在世界で製造されているビールは、その大半がピルスナースタイルと呼ばれるホップの苦味を特徴とするものだが、このピルスナー1842年にチェコのプルゼニドイツ語名ピルゼン)で市民設立のビール会社に雇われたドイツ人ヨーゼフ・グロルによって生み出された。その商品名は「ピルスナーウルケル」で、「ピルスナースタイルビールの原点」という意味。現在ピルスナーウルケルは製造販売されている。このためチェコビール日本人の口にもよくあい、特にラガーは飲みやすくオススメ。

チェコ内には470以上の銘柄があり、地ビールも豊富に存在する。な銘柄は、ピルスナーウルケル、ブドヴァル、スタロプラメンなど。

チェコ西部にBudweis(ブドヴァイス)というビール名産地があり、Budweiser(ブドヴァイゼル)というビールを生産している。
19世紀にアメリカ合衆国中西部のミズーリ州で、ドイツ米国人のアドルファス・ブッシュが有名なビール産地のBudweisにあやかって自分のビールをBudweiser(バドワイザー)という名で売ったら大ヒットし、米国最大のビール企業になった。同じBudweiserという商標名を巡ってアメリカ企業チェコ企業世界各地の裁判所で今も争っている。

東部の南モラヴィア地方ではワイン生産も盛んで、ワイン定評がある

音楽

神聖ローマ帝国オーストリアハンガリー帝国などの諸勢ゲルマン系、スラブ系、マジャル人などの各民族カトリックプロテスタント正教会の各会が勢を争った複雑な歴史的経緯から、多様な音楽性を特徴とする。

ドルジフ・スメタナ(連作交『わが祖国』)、アントニン・ドヴォルジャーク(『新世界より』『アメリカ』)らボヘミアが特に有名である。

マリオネットとチェコ・アニメ

マリオネットによる人形劇が盛んなとして知られ、首都プラハには国立マリオネット劇場やマリオネット博物館があるほか、プラハ芸術アカデミーには人形劇学科まで存在する。元々は17世紀に西欧から伝えられたもので、ハプスブルクによってドイツ語が強制されていた時代でもチェコ語で上演されていた。土産物としてもマリオネット人気があり、プラハ内にはマリオネット専門店が数多くある。

このような伝統もあってか、チェコアニメーション作品、とりわけ人形アニメーション作品で知られる。言葉なくしても伝わる繊細かつ多な表現方法を自在に用いたチェコ人形アニメ世界的に評価も高く、カンヌをはじめとする映画祭での受賞作品も数多い。特に1960年ごろはチェコ人形アニメ黄金時代とされ、『人形アニメ』イジー・トルンカおよび『人形アニメヘルミーナティールロヴァーらの作品がのちに大きな影を与えた。

著名なチェコ人

(姓アイウエオ順、ニコニコ大百科に記事のある人物は太字)

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *2009年世界主要国のビール消費量 - キリンホールディングス ニュースリリース(2010.12.22)

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B3
ページ番号: 3054846 リビジョン番号: 2628692
読み:チェコ
初版作成日: 09/05/06 21:46 ◆ 最終更新日: 18/09/28 21:30
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「スレスコ」「スロバキア」を追加しました。「著名なチェコ人」で記事あり人物5名を太字化やリンク付加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


チェコ国旗

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チェコについて語るスレ

24 : ななしのよっしん :2013/10/31(木) 02:23:55 ID: SseKrRVsIE
アドルフ・ヒトラーヒトラーチェコの「ヒュードラー」に由来。しかし、ヒトラーユダヤ人説と
違ってスラブ人説はあんまり人気がない(ボヘミアンの伍長と言う揶揄はあるが、芸術崩れと
言うニュアンスが強い)。単に父親の養苗字を継いだだけであることが分かっているからか、
ドイツ人から見ると単にチェコ人は「ドイツの端っこにいる連中」以上ではないからか、当の
チェコ人にあんまりスラブ人意識はないからか…。あの辺の民族の蔑視観は分からないな。
25 : ななしのよっしん :2014/04/01(火) 00:13:43 ID: 4u0km0mIKU
http://m.youtube.com/channel/UCbpts6AmTUtX_XrJsnuTQ3w
Iveta Kolovrátníkova氏
チェコ語カバー投稿している歌い手
もっと評価されるべき
そして、ニコニコを知ってて欲しいな
26 : ななしのよっしん :2014/11/03(月) 09:45:07 ID: UxkgjFTl2S
海外の反応シリーズを見ていると、日本よりもロ……の傾向があるようにも見えるな(風評被害
27 : ななしのよっしん :2014/11/03(月) 10:13:24 ID: 1Nvl5MrXVD
チェコアニメ虚無感は異常

>>sm14701009


これとかな・・・
周囲を大に囲まれて、散々翻弄されもみくちゃにされてきた民族ならではの
ある意味、一切の希望時に断ち切るような鋭い諦観がよく現れてる
28 :    :2016/03/20(日) 03:06:13 ID: lkZsIqORqb
プラハ本当に美しかったぞ。
時計屋上から見える内の風景や、プラハ・スミーホフからプラハまでの中間あるカレルではない)から見えるライトアップ
本場のグラーシュ、最高だった。セグウェイ乗ってる人がやたら多かったのも面かったかな。お金に余裕があったら是非行ってみてほしい。
29 : ななしのよっしん :2016/10/14(金) 09:31:55 ID: QcrEV5rq9r
>>24
いや単純にユダヤ人説はヒトラーホロコーストの絡みで揶揄される回数が多いってだけで
ラブ人説も「ヒードラー氏」だの「ハイル・シックルグルバー」だの敵国プロパガンダで使われてるだろ
30 : ななしのよっしん :2016/12/29(木) 23:18:34 ID: V+9joyo36N
>>28
プラハ行ったけど、もうちょっと見て回るべきだったと後悔中
特にクレメンティヌムの図書館は行っとくべきだったなぁ
31 : ななしのよっしん :2018/03/02(金) 15:18:25 ID: 2yr/1ODqFT
世界一美味しそうな名前の
甘党にはたまらない
32 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 14:28:33 ID: tjJ9g9bjvi
>>29
ヒトラーユダヤ人説で最も有名なのがロスチャの孫説
これは陰謀論者によって唱えられて来ている。
科学的に検証したものによればヒトラーのハプログループはE(E1b1b1)でこれはユダヤ人アインスタイン(E1b1b1b2)やナポレオン(E1b1b1c1)と同系統らしい。
因みにこのグループアフリカ東部が起らしい。
33 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 14:35:40 ID: tjJ9g9bjvi
調によればアシュケナージの約20%E1b1bに属しているそうで、ヒトラーユダヤ教徒であるとかユダヤの落胤であるといった説はヒトラーの外見的特徴から見てもこうした遺伝学的データから分析しても故きものではい事が十分見て取れる
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス