チェルノブイリ原子力発電所単語

チェルノブイリゲンシリョクハツデンショ

チェルノブイリ原子力発電所とは、ウクライナ(旧ソ連)にある町、プリピャチにある原子力発電所である。

建設以降の正式名称はV・I・レーニン共産主義記念チェルノブイリ原子力発電所である。

概要

チェルノブイリに生えているといわれている植物 by ぬけみち ぬけみちユーザースレ#9

1986年に起こった有名なチェルノブイリ原子力発電所爆発事故によって世界中にその名を知られることとなった。
チェルノブイリ原子力発電所の事故は、スリーマイル島原子力発電所事故福島第一原子力発電所事故を経た今でも、史上類を見ない最悪の原子力事故である。 

事故後も、事故を起こした4号炉を除いた1~3号炉の運転を続けていたが、2000年には全ての炉が運転を停止した。

事故概要

事故が発生したのは1986年4月26日未明のこと、電喪失事故を想定した実験中、原子炉が暴走し、水蒸気爆発が起こった。爆発とその後の火災により大量の放射性物質が漏出。ウクライナベラルーシのみならず、気流に乗せて全世界に放射性物質を飛散させる結果となった。

事故を起こしたチェルノブイリ4号炉は、РБМК-1000という炉(減速材にを用いる原子炉)で、格納容器が存在しない、一度反応を起こせば分裂反応が加速する(それを制御棒で制御する)等の特徴があった。また、制御棒の挿入に時間がかかる、一度に多数の制御棒を挿入すると一時的に出が増大するといった特性があり、それらも事故の発生の要因となった。さらに、減速材の爆発で燃焼し、大規模な火災を発生させたため、放射性物質が上昇気流に乗って高層まで運ばれたことで、汚染地域を拡大した。

また、ソ連の官僚義も事故の原因の一つである。規定通りに実験を行うため、安全装置をカットし、既定の出を満たすために制御棒を引き抜き、不安定な低出運転で炉に負荷をかけたことがまず大きな原因であり、全なる人災であると言える。官僚義は食品や避難の基準を定める際も障となり、ベラルーシウクライナで食品の汚染基準が定まったのは事故から実に5年後という遅さであった。これにより、チェルノブイリ近郊の住民は、数万Bq/kg以上の汚染をされた食物を食べ続け、少なくとも数ミリシーベルト(!)から数十シーベルト(!!)の内部・外部被曝をし、甲状腺が敏感な子供の中には甲状腺を発症して苦しむものもいた。

日本でも北海道雨水から放射性物質が検出されたことが当時話題になった。また、ヨーロッパ産の牛乳野菜が汚染されたため、輸入食品の放射能基準が初めて定められることとなり、その数値は今まで変わっていない。

ちなみに、この時大気中に放出された放射性物質の量は、ヒロシ原爆リトルボーイ」の500倍の量だと言われている。チェルノブイリ近郊では、今でもキノコから数千Bq/kg以上のセシウムが検出されている。
が、避難区域近くに今でも住んでいる村人たちは気でそんなキノコを食べて長生きしている。人間って恐ろしい。

事故以降

チェルノブイリプリピャチ近郊は立ち入り禁止となっており、居住していた人々は事故後すぐに移住させられたが、全くも住まなくなったというわけではないようである。

長年れ親しんだ土地で寿命を迎えることを選んだ高齢者や、見知らぬ土地で社会混乱に苛まれる生活に耐えかねて故郷に戻ってきた人々など、危険であることを知りながらなおチェルノブイリに住み続けているその理由は様々である。

同発電所があったプリピャチ事故の影で放射性物質により町ごと汚染されており、政府発行の通行いかぎり入る事が出来ないが、地元ツーリスト催でプリピャチ観光ツアーを開いている。
(ただし、ツアー参加中やその後の健康については自己責任である旨の書類に署名させられる)

ステンバーイでおマクミラン大尉とプライス中尉の活躍の舞台は、ここである。

なお、人が極端に少なくなったことが良い意味でしたのか、現在の発電所近辺は野生動物サンクチュアリとなっていることが研究により明らかとなった。絶滅が危惧される動物が多数繁殖していることなどが報告されている。ただし、この汚染区域における野生動物の繁殖の意義については様々な議論がなされているところである。

シェルター[1]

事故発生から約半年で、事故が発生した炉を覆ったり、補強するためのシェルターが作られた。事故当初はサルファーガス(石)と呼ばれた。設計寿命は約30年。

1997年シェルター善計画(SIP)と呼ばれるプロジェクトが発足、倒壊の可性があった排気筒の補修や梁の補修などが実施された。プロジェクトの最終段階では現在シェルターを覆う"新安全閉じ込め構造物"(New Safe Confinement; NSC)を建設する。

福島原発事故との比較

福島原発事故以降、度々福島の現状を議論するためにチェルノブイリ事故の研究データが利用されている。数十年かけて蓄積されたデータ集合体であることから非常に信頼性が高いことは言うまでもない。

このデータ福島原発事故とを較する論文は既に出ているが、少なくともチェルノブイリとは較にならないほど小規模な放射線汚染であることは伺える。

また、チェルノブイリ事故自体の死者数・がん患者数も再検討がなされるなど、今後も情報アップデートが必要だろう。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *検証・25年経ったチェルノブイリ原子力発電所事故:チェルノブイリ原子力発電所はいまexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チェルノブイリ原子力発電所

161 ななしのよっしん
2014/04/08(火) 21:45:57 ID: 8eTVYbmTdu
当時のウクライナソ連に含まれてたから混同するが多いのも仕方ないね
162 ななしのよっしん
2014/04/26(土) 22:57:03 ID: Fzl8TMl5wa
今日起きた事故だったのか
163 ななしのよっしん
2015/08/04(火) 16:49:33 ID: 4XbLwGiOHl
>>lv229646577exit_nicolive
?ref=qtimetable&zroute=index
164 ななしのよっしん
2015/12/20(日) 13:13:16 ID: bNIugPL55l
>>159
S.T.A.L.K.E.R.の発想の元ネタやな
165 ななしのよっしん
2016/04/08(金) 22:59:41 ID: 6TMCZaVu5c
チェルノブイリ原発とかで「像の足」ってのよく聞くけど
それってなんですか
ヤバい代物なの?
166 ななしのよっしん
2016/09/05(月) 13:50:30 ID: 2Ovm49T3ck
>>165
溶けた核燃料と建材がどろどろになって混じりあったものが温度下がって固まった代物。
30年たってるから数値だけ較すれば結構線量は下がってると思うが、人間が近づいたらあかん
167 ななしのよっしん
2017/09/18(月) 03:31:40 ID: QpfuXsdHfH
カラーの足撮ってるおっさん写真あるけどあれ顔露出してるよね?大丈夫だったのかなあの人
168 ななしのよっしん
2017/10/27(金) 22:52:05 ID: SGShBZxjLm
わからないんだよなあ
時間が経てば気なのか、時間が経っても危険なのか…
30km圏内の立入禁止区域に戻ってきた70代のばあちゃんが、のどかに暮らしている、という記事を見た(ほかに戻ってきたのは160人)
原発周辺には、奇形でもない自然動物がいくつか見られたと言う報告があって、汚染された餌を食うことで健康する恐れがあるとしたものの
人間がいないからどんどん繁殖してどうぶつの森みたいになってるし、枯れた木も生い茂っているとか…
原発、それらの大元である核物質が危険だというのは確かだけど、それ以外は本当に何もわからない
169 ななしのよっしん
2018/01/09(火) 00:48:12 ID: 34j/Rsb9cj
はじめてチェルノブイリ事故を調べたときは眠れなくなるぐらい怖かったと同時に、原子力に関わる人なら絶対に知らないといけないなと思ったよ。
170 ななしのよっしん
2018/02/05(月) 14:04:39 ID: XRfKyruOmL
良くも悪くも原子力発電の運用のリスクがどれほどのものなのかが分かるな。

急上昇ワード