チトー単語

チトー
2.0千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

チトー(Тито)とは、20世紀の東欧に存在したユーゴスラビア社会主義連邦共和国の第2代大統領1953年の就任から1980年の死去まで大統領の地位にあり続けた独裁者であり、その政治ユーゴスラビアをひとつのとしてめ上げたカリスマでもあった。

本名はヨシップ・ブロズ。「ヨシップ・ブロズ・チトー」と表記されたり、「ティトー」と表記されたりもするが、この記事ではすべて「チトー」で統一する。

概要

対独パルチザンとして

現在クロアチア出身。生まれた当時はオーストリアハンガリー帝国の支配下にあった(帝国は1918年に崩壊)ため、第一次世界大戦帝国軍に徴兵されて従軍、その従軍先のロシアですったもんだした末に、共産党に入って社会主義活動家となる。戦後ユーゴスラビアとなった祖国に帰るとそこで共産党を結成した。「チトー」という偽名を名乗ったのもこの頃からで(「チトー」とは「君はあれを」という、とても適当な意味)、本名を名乗ることができない状況下であったためという。

第二次世界大戦において、ユーゴスラビアドイツと同盟を結ぶが、クーデターにより独政権が転覆、結果として枢軸国側に侵攻を受けることになる。この時、反枢軸国抵抗組織がいくつか結成されるが、その中のひとつ「パルチザン」のリーダーとなったのがチトーであった。パルチザンはドイツ軍や対立勢と戦いながら、それぞれの勢を追い払うことに成功、その後新たな共産主義政権を立させた。

この戦時中、ユーゴスラビアパルチザンは他の東欧共産主義組織と違ってソビエト連邦から支援を受けず、というかソビエト側がほとんど支援しなかったので、ほぼ独で戦わざるを得なかったという経緯があり、後にソビエトおよびスターリンに対する不信感につながっていく。

民族宥和政策

チトーはユーゴスラビア連邦人民共和1962年称)成立後、その初代首相防相に就任し、1953年には大統領も兼任するようになる。1963年には終身大統領に就任すると宣言し、強固な独裁体制を築き上げた。

元々ユーゴスラビアという共同体歴史は浅く、第一次世界大戦の頃にバルカン半島西部セルビア人やクロアチア人、スロベニア人といった少数民族が、オーストリアハンガリー帝国の支配に抵抗するために、オスマントルコ帝国の引き上げた地域に組織した多民族国家であった。しかし結束したはいいものの、結束の中心を標榜するセルビア人と他民族とで速いざこざが起き、常より民族虐殺が起きる不安定な有様であった。まさに「世界の火庫」と称されたバルカン半島を体現したようなであった。

チトーは社会主義体制と共産党一党独裁で、このいつ分裂してもおかしくないような爆弾の寄せ集めを「ひとつの」としてめ上げることに全てのを注ぎ込んだ人物であった。社会主義国にありながらも言論の自由はある程度認める(チトー批判すら許される)一方で、民族義には秘密警察を使って底的に排除し、ひたすら民族間の宥和に努めていた。秘密警察による弾圧というと非常にイメージが悪いが、チトーの場合は他の独裁者のそれにべて悪く評価されることが少ない(悪く言うのは、せいぜいセルビア民族義者くらいか)。

また東欧に誕生した社会主義国のほとんどはソビエト連邦下にある「衛星」であったが、チトーはそのを払拭し、独自の社会主義体制確立と、東西大の干渉を受けない中立化を推し進めた。これを不としたスターリンは刺客を送ったりクーデターを計画したりとチトーの排除に取り組むが、すべて秘密警察によって封殺され、逆にチトーがスターリンに対して「モスクワに刺客を送るぞ」と脅しをかけ、おそロシア相手に旗を上げさせる快挙を成し遂げた。後のソ連書記長であるフルシチョフはスターリン批判を行ったことで知られるが、批判的のひとつには、スターリンと対立したユーゴスラビアとの関係善をしていたという。

没後

20世紀の独裁者の中でも一「カリスマ」扱いされるほどの人物であったが、それだけにその人物が抜けるとそのも大きいものである。1980年にチトーが没すると、まずコソボ自治州で独立運動が始まり、民族間対立や所得格差による対立など、チトーがづくで押さえつけてきたものが次第に表面化するようになってくる。それを再び押さえつけられる人材は、最後まで出てくることはなかった。

その後民族義をする政党が各地で躍進し、1991年クロアチア独立を宣言し、泥沼のユーゴスラビア紛争を経て、ユーゴスラビア2003年世界地図からその名前が消えた。一方でチトーが民に捨てさせようと腐心した差別感情は、今なお湧きあがり続けたままである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

チトー < 申し訳ないがスターリンの手先はNG

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%81%E3%83%88%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チトー

134 ななしのよっしん
2021/06/19(土) 12:29:32 ID: UAKj4LUQMi
反論を期待して良いのは論理的人間だけだぞ
長々と妄言を喚くだけの君が他者に反論を強いてはいけない
あとチトー天国に行けないなら人間一人として天国にいけないと思うぞw
135 ななしのよっしん
2021/06/19(土) 12:51:53 ID: 2oygEKhvcW
>>134
へいへい
136 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 11:54:47 ID: JAj9Y/DFJd
初端に民族問題で特大の宿題を残したユーゴ時代を棚にあげといて同等同等ってよくも言えたもんだね、王が存続してても変わらなかったというのこそ現実かったことで「それあなたの感想ですよね?」で終わりなんだが

識字率の向上、寿命の向上、治安の向上は戦後も王が続いてたら同じことは出来ましたとおっしゃるんでしょ?個人の感想
137 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 12:03:39 ID: JAj9Y/DFJd
チトーは集権化を諦めたというけどそもそもの問題として王セルビア中心の強引な集権化を図ったのが民族問題の芽生えだったんじゃないのかな
民族的な区割りを視した機質な行政区の制定とかも美点ではないんじゃないの?
138 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 12:16:16 ID: JAj9Y/DFJd
共産政権時代の治安の向上はどうしても認めたくないみたいだがウスタシャや内部マケドニア革命みたいな然と一般市民をそそのかして国家転覆を謀るテロリストが各地に跋扈してる環境ではなくなったのは向上でしょ

時代にも強権的措置で警察を動員して強引にデモ鎮圧や政治狩りとかやってたけどとても一般市民穏に暮らせるには思えないんだけどね

共産主義者がその王時代における「一般市民をそそのかすテロリスト」の一なのは否定しないよ
139 ななしのよっしん
2021/07/02(金) 21:39:41 ID: cT4nE0FKJe
>>134
ここまで見事な勝利宣言は初めて見た
妄言だから反論は必要ないってそれ典的な論点先取やんけ…
反論して初めて相手の発言が妄言だと示せるのにそれは負け惜しみにしかならねーよ
140 ななしのよっしん
2021/08/01(日) 23:35:18 ID: W+Oi0bKt2L
チトーチート染みた政治バランス感覚の持ちだったことはユーゴスラビアにとって大変な幸福であり、同時に大変な不幸なことでもあったんだな
141 ななしのよっしん
2021/09/13(月) 03:50:53 ID: hNb4Ajl9q5
チトーの存在とその死後のユーゴスラビアの滅亡は専制・独裁政治限界をよく示してると思う
いくら優れた導者がいてもそいつが死んだら終わりっていう
142 ななしのよっしん
2021/09/27(月) 22:52:49 ID: CqOy6aEgUD
まあ今のバルカン半島も見向きもしないのが物語ってるわな
143 削除しました
削除しました ID: X9RnN7lQpT
削除しました

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

バルガ 国の借金 黒夜叉