チトー単語

チトー

チトー(Тито)とは、20世紀の東欧に存在したユーゴスラビア社会主義連邦共和国の第2代大統領1953年の就任から1980年の死去まで大統領の地位にあり続けた独裁者であり、その政治ユーゴスラビアをひとつのとしてめ上げたカリスマでもあった。

本名はヨシップ・ブロズ。「ヨシップ・ブロズ・チトー」と表記されたり、「ティトー」と表記されたりもするが、この記事ではすべて「チトー」で統一する。

概要

対独パルチザンとして

現在クロアチア出身。生まれた当時はオーストリアハンガリー帝国の支配下にあった(帝国は1918年に崩壊)ため、第一次世界大戦帝国軍に徴兵されて従軍、その従軍先のロシアですったもんだした末に、共産党に入って社会主義活動家となる。戦後ユーゴスラビアとなった祖国に帰るとそこで共産党を結成した。「チトー」という偽名を名乗ったのもこの頃からで(「チトー」とは「君はあれを」という、とても適当な意味)、本名を名乗ることができない状況下であったためという。

第二次世界大戦において、ユーゴスラビアドイツと同盟を結ぶが、クーデターにより親独政権が転覆、結果として枢軸国側に侵攻を受けることになる。この時、反枢軸国の抵抗組織がいくつか結成されるが、その中のひとつ「パルチザン」のリーダーとなったのがチトーであった。パルチザンはドイツ軍や対立勢と戦いながら、それぞれの勢を追い払うことに成功、その後新たな共産主義政権を立させた。

この戦時中、ユーゴスラビアパルチザンは他の東欧共産主義組織と違ってソビエト連邦から支援を受けず、というかソビエト側がほとんど支援しなかったので、ほぼ独で戦わざるを得なかったという経緯があり、後にソビエトおよびスターリンに対する不信感につながっていく。

民族宥和政策

チトーユーゴスラビア連邦人民共和1962年称)成立後、その初代首相防相に就任し、1953年には大統領も兼任するようになる。1963年には終身大統領に就任すると宣言し、強固な独裁体制を築き上げた。

元々ユーゴスラビアという共同体歴史は浅く、第一次世界大戦の頃にバルカン半島西部セルビア人やクロアチア人、スロベニア人といった少数民族が、オーストリアハンガリー帝国の支配に抵抗するために、オスマントルコ帝国の引き上げた地域に組織した多民族国家であった。しかし結束したはいいものの、結束の中心を標榜するセルビア人と他民族とで速いざこざが起き、常より民族虐殺が起きる不安定な有様であった。まさに「世界の火庫」と称されたバルカン半島を体現したようなであった。

チトー社会主義体制と共産党一党独裁で、このいつ分裂してもおかしくないような爆弾の寄せ集めを「ひとつの」としてめ上げることに全てのを注ぎ込んだ人物であった。社会主義国にありながらも言論の自由はある程度認める(チトー批判すら許される)一方で、民族義には秘密警察を使って底的に排除し、ひたすら民族間の宥和に努めていた。秘密警察による弾圧というと非常にイメージが悪いが、チトーの場合は他の独裁者のそれにべて悪く評価されることが少ない(悪く言うのは、せいぜいセルビア民族義者くらいか)。

また東欧に誕生した社会主義国のほとんどはソビエト連邦の影下にある「衛星」であったが、チトーはその影を払拭し、独自の社会主義体制確立と、東西大の干渉を受けない中立化を推し進めた。これを不としたスターリンは刺客を送ったりクーデターを計画したりとチトーの排除に取り組むが、すべて秘密警察によって封殺され、逆にチトースターリンに対して「モスクワに刺客を送るぞ」と脅しをかけ、おそロシア相手に旗を上げさせる快挙を成し遂げた。後のソ連書記長であるフルシチョフはスターリン批判を行ったことで知られるが、批判的のひとつには、スターリンと対立したユーゴスラビアとの関係善をしていたという。

没後

20世紀の独裁者の中でも一「カリスマ」扱いされるほどの人物であったが、それだけにその人物が抜けるとそのも大きいものである。1980年チトーが没すると、まずコソボ自治州で独立運動が始まり、民族間対立や所得格差による対立など、チトーづくで押さえつけてきたものが次第に表面化するようになってくる。それを再び押さえつけられる人材は、最後まで出てくることはなかった。

その後民族義をする政党が各地で躍進し、1991年クロアチア独立を宣言し、泥沼のユーゴスラビア紛争を経て、ユーゴスラビア2003年世界地図からその名前が消えた。一方でチトー民に捨てさせようと腐心した差別感情は、今なお湧きあがり続けたままである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

チトー < 申し訳ないがスターリンの手先はNG

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%81%E3%83%88%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チトー

59 ななしのよっしん
2019/01/17(木) 19:30:52 ID: JAj9Y/DFJd
革命第一世代が居なくなったら各民族が支持基盤の政治家しかいないんだもの、遺訓を守ろうと善処はしたがミロシェビッチの出現は避けられなかった
60 ななしのよっしん
2019/02/05(火) 02:51:39 ID: FsU15I3Fcr
ユーゴ内戦を経て、ユーゴ人はチトーの偉大さを知るのだ
61 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 22:36:43 ID: 6jsjFN9KQO
>>49
兄弟おやつ等に切り分けるチトー父さん
それに対し「チトー父さんおやつ少ないよー」とぶーたれるのはOK
但し、他の兄弟との分け前に文句を言ったり、横取りしようとすると鉄拳制裁

ユーゴスラビア兄弟はこうして保たれたんじゃないのかな?
62 ななしのよっしん
2019/02/25(月) 16:23:04 ID: f1q1Zr4yuu
チトーは確かに分裂を抑え込んだけども、没後の分裂の遠因を作ったのもチトーだよ。
80年前後の革で各連邦構成は自治権を強めた。
その結果連邦内の経済的・市場的一体性を失わせ、
市場解放が進むにつれて連邦構成経済格差を加速させた。

それも、以前にあった党内対立に際してチトーが一度中央集権に味方してて、
その結果社会主義経済に行き詰まりが見え始めた中、
さらなる権強化で乗り切ろうとした中央集権を切って、今度は地方分権を取った経緯がある。

彼は現場上がりの叩き上げで現実義者だから『行き過ぎを切る』が基本方針だった。
それは眼前の危機を乗り切ることには大きなを発揮したけれど、
一方では理念哲学による統一方針がなく、応急措置に応急措置を重ねるばかりで
根本的な問題の解決にはついに手を付けなかった。
63 ななしのよっしん
2019/02/25(月) 17:15:41 ID: f1q1Zr4yuu
この辺は大戦中の民族間の残虐行為への向き合い方にも見えるけども、
彼らは例えば虐殺の跡地をコンクリートで埋めてしまうとか、そういった方法を取った。
過去に向き合って直視することを避けてしまった。
自分たちがしたこと、されたことをお互いにきちんと認め、その上で許し合うという事をしなかった。
(彼個人がではなく、民族国家という共同体として)

ここのカキコにも何度か寝た子を起こすなと言う人がいるけども
きちんと向き合わなかった結果が、憎悪扇動に対する免疫さだよ。
後に飛び交った民族義的な扇動の多くには大量の流言飛が含まれてる。
けれども人々は「知らない」から、それが正しいか間違ってるかの判断さえ容易じゃなかった。
コンクリートの下から掘り起こされた流血の記憶を前にした時、
虚実も定かではない憎悪の扇動に世論は対抗できなくなっていた。
64 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 02:12:20 ID: upmg2m5x4y
じゃやっぱいないほうがよかったじゃん
ちょっと調べた程度だけどドイツチョビヒゲみたいに「こいつが悪い!俺ら悪くない!」って言い訳には使われてなくてある意味ほっとした
65 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 04:04:40 ID: 0i2+pBUg8m
チトーには功罪がある←まだわかる
チトーはいないほうがよかった←極論すぎ

頑なに「いないほうがよかった」と唱える人の内には要・不要の二択しか存在しないのか
強引ではあっても諸民族をまとめたことの意義をちゃんと理解しているのか
「いないほうがよかった」とはいうが、では、いなければ今より具体的にどこがどうよくなっていたのか
66 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 11:25:52 ID: upmg2m5x4y
あー、訂正
成果出した独裁者とかいうクソみたいな前例だからボロクソかれて貶されてた方がいいわ
後続があいつ出来たからやっていいだろみたいな言い訳とか、他の独裁者正当化というかこんなんもいるから独裁とかでもやむなしみたいな免罪符とか
ケマルもそうだけど失敗例でり継がれてた方がマシだったわ
67 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 23:07:13 ID: FNQwrZlE+y
>>66
それを言ったら徳川家康を筆頭とした日本の歴代将軍や歴代天皇陛下世界めた王や皇帝といった偉人たちですらクソみたいな前例になりますよ?
独裁が全部悪いっていうのはまさしく極論で、かつて絶対王政や幕府といった一人の人間が絶対的な権を動かしていた時代と紡いできた歴史を汚す思想に他ならない。

第一独裁者だからボロクソくって考えが浅はかだわ。
どの独裁者にも罪以外に功績はあるし、その功績は罪に関わらずしっかり評価されている。
それを視して貶めるのは学ぶことをしない愚者だよ。
68 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 20:00:59 ID: XNUIzpOvtE
独裁義の危険性は確かにあるが、国家バラバラになった場合に再び一つにまとめる事ができるのは強大な導者なんだよね
民主主義にもできる限度がある。その限度は国家や軍隊が暴走しないようにブレーキをかけるメリットがあるが、しかし民が政治興味をなくしたり諦めたりすれば、途端に腐敗し何も決められず、何も進歩しない国家へ至る危険性をんでいる。

その点、ただ一人の君導者は、民主主義ではできない限度を君導者の自己責任で取っ払う事ができる。今まで足踏みしていた憲法改正や制度の導入とか足に決められるメリットがある。
まあ導者のカリスマ性が消えたり、カリスマ性が皆無導者になると途端に腐敗するんですけどね。

何が言いたいってどの政治形態にも、メリットデメリットがあるから先入観のなく中立的に物事を見ようねってこと。
政治に正解なんかあったら今頃みんなユートピア