編集  

チャイコフスキー単語

チャイコフスキー

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー (Пётр Ильич Чайковский / Peter Ilyich Tchaikovsky1840-1893) とは、ロシアクラシック作曲である。

曖昧さ回避

概要

1840年、ロシア東部に位置する田舎町、ヴォトキンスクに生まれる。性格的には非常に生かつ内向的ではあったが、その一方では納得がいかなければ恩師に当たる人物とも喧をする、とは生涯にわたって仲良くあり続けるなどの一面も見せていたとされる。

的には甘い旋と非常に優オーケストレーション人気が高いが、自分が自信をもって送り出した曲と世間で評価を得る曲が違うことも多く、本人はそのことにはかなり悩まされたようである。また今は当然のように親しまれている彼の曲であるが、初演時には価が理解されないことも多く、演奏者から演奏拒否を喰らわされたり、書き直しをめられることもしばしば有ったと言う。

しかしベートーベン交響曲をかなり研究したり、ワーグナーにも忌避感を見せないなどしていたことからも分かる通り、音楽においては後進国であったはずの当時のロシア情にも似ない、都会的洗練さえ感じさせるほどの優れた書法を確立していたことについては現代でも高く評価されている。

尚、彼の同性愛傾向については、存命当時から様々な形で噂されることがあり、本人もかなり気にしていたと言われる。加えて研究による異動もしいため、ここでは割愛する。

主な作品

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
ページ番号: 4190432 リビジョン番号: 2353092
読み:チャイコフスキー
初版作成日: 09/10/26 05:14 ◆ 最終更新日: 16/04/23 07:50
編集内容についての説明/コメント: 曖昧さ回避を設置、概要に加筆、関連項目に追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チャイコフスキーについて語るスレ

32 : ななしのよっしん :2015/02/26(木) 06:26:33 ID: exhLijSPqg
ヴァイオリン協奏曲はサラチャン演奏が好き
33 : ななしのよっしん :2015/02/28(土) 00:02:09 ID: exhLijSPqg
あ、ヴァイオリン協奏曲は古い録音だけどメニューイン(フリッチャイ揮)も凄い。
34 : ななしのよっしん :2015/03/08(日) 01:43:02 ID: exhLijSPqg
ピアノ協奏曲は上原子さんの演奏が好き
あのCDにはムソルグスキー展覧会の絵(ピアノ版)も入っていてお得
35 : ななしのよっしん :2015/04/02(木) 21:44:41 ID: HKB8RltqLx
くるみ割り人形 の 花のワルツ
>>sm25832150exit_nicovideo
36 : ななしのよっしん :2015/06/14(日) 00:20:41 ID: G1F8maztwd
>>sm18826425exit_nicovideo
このシリーズ良いな
37 : ななしのよっしん :2015/07/17(金) 11:06:59 ID: 2m1gV+UGcM
交響曲5番6番なんかはマイノリティ故の苦しみくして産まれなかったんじゃないかなあ
妄想しながら演奏した
38 : ななしのよっしん :2016/01/03(日) 12:48:27 ID: eH7UUJBkcq
個人的には、6番はあくまでエンタテイメント寄りに徹した作品に聴こえます
だから文字通りの「悲愴」感たっぷりなものより、古過ぎて音は悪いものの
一番オペラ的な楽しさに溢れているメンゲルベルクの演奏が好きなんですが、
他にはなかなか、おなじような好みの人って居ないんですよね…
39 : ななしのよっしん :2016/10/02(日) 17:40:29 ID: uJyfc1WZBl
6番がエンタメ作品であると解釈するのは個人の自由
だが、作曲者本人にとってはどういう曲だったかというと、

作曲しながら幾度となく泣いた」という作曲者の言葉にある通り、この曲は
作曲者の魂の叫びの曲であり、
作曲者が「この曲は、私の全ての作品の中で最高の出来栄えだ」
と周囲にるほどの自信作だったんだよ。

個人的に、幾度となく泣きながら娯楽作品を作っていたとは思えません。
40 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 11:00:01 ID: G1F8maztwd
私も個人的に、曲を書いて居た時の心情が曲の性格を決める根拠になるとは思えません。
極端な例ですが、泣きながらでも楽しい曲は書けるわけで
41 : ななしのよっしん :2017/01/09(月) 21:50:35 ID: uJyfc1WZBl
言いたかった意図が伝わらなかったっぽい。

泣きながら作曲したからこういう曲なんだ!、ではくて、
作曲していたその曲の音楽表現がチャイコフスキーを泣かせたのだと思います。


つまり個人的に、表現した音楽作曲者の心情をまさに代弁したものになり、
結果的に幾度となく泣いたのではないかと、憶測ですけど。

急上昇ワード
ニコニコニューストピックス