チャンピオンズミーティング単語

チャンピオンズミーティング
6.7千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

 チャンピオンズミーティングとは、ゲームアプリウマ娘 プリティーダービー」で行われるゲームイベントの1つである。通称チャンミ。

概要

 トレーナープレイヤー)がリアルタイムマッチングし、他のトレーナーと勝敗を競う大会である。勝てばトレーナー称号など、ゲーム内で使える報酬が手に入ることから、ここで勝てるウマ娘を育成することが、トレーナーの大きな標の1つとなっている。

 各トレーナー3キャラでエントリーし、3名、合計9キャラでのレースが行われる。モブウマ娘はいない。勝敗はウマ娘1位を取るかで決まる。

 だいたい1度の頻度で行われ、そのたびにレースの条件が変わる。その条件に最適なウマ娘をどう育てるか、トレーナーは毎頭を悩ませることになる。現状ゲームエンドコンテンツであるため、ウマ娘で最も議論が活発になる話題の1つである。

イベントの流れ

歴史

タウラス杯 2021(東京 芝 2400)

【開催期間】2021/5/14 ~ 2021/5/20

 記念すべき第1回チャンピオンズミーティングのモデル日本ダービートレーナーの人口が多く、それほど攻略情報が出回っていなかったことから、低レアウマ娘が多く見られた大会だった。

 特に大きな活躍を見せたのはゴールドシップ府中2400mで噛みあう固有スキルと、直前のGWイベントゴルシウィーク)で多くのトレーナーに育成されていたことが原因で大流行。バ群の後ろから3人のゴルシが迫る様子が頻繁に見られた。またナイスネイチャによるスタミナデバフ戦法も悪であり、相手に1人でもいると回復スキルを積んでいないキャラはトコトコ歩くことに。

 この大会でのみ、決勝に進出するにはBグループのラウンド2も3勝する必要があった。決勝に行けないトレーナー今より多かったと思われる。

ジェミニ杯 2021(京都 芝 3200

【開催期間】2021/6/14 ~ 2021/6/20

 第2回のモデル天皇賞(春)ゴールドシップナリタタイシンといった追い込みバと、アグネスタキオンスーパークリークといった先行バ(スタミナ回復固有)が流行した。前回猛威を振るったナイスネイチャは、逃げデバフが届かない、「八方にらみ」だけではスタミナを削りきれない、などの理由からそこまでの脅威とならなかった。

キャンサー杯 2021(東京 芝 1600

【開催期間】2021/7/23 ~ 2021/7/29

 今回のモデル安田記念。当初はアンスキ(セイウンスカイ固有スキル略称)が逃げウマ全体を強化したことで、終盤でいかに1位を取るかの争いになるかと思われた。しかし最強序盤スキル「地固め」の入手難易度の高さや、条件により必ず出遅れるバグの発見などで逃げ育成の見通しが立たない事態に。その結果、スキル脚」やメジロライアン固有による差し・追い込みの加速ガチャ2位から逃げの差し切りを狙う先行エルコンドルパサーなどの多様な戦法が見られた。

 ルームマッチ機の追加によりこれらの仮説は検証を繰り返され、本番は混沌とした環境に。最終的には、前述したバグの修正により、地固めを搭載したセイウンスカイ環境の中心ではあったが、前二回よりも豊かな顔ぶれがった。

 なお、バグの修正に時間がかかりキャンサー杯は約2週間遅れで行われている。チャンミ詳細の発表が遅れためトレーナーたちはストーリーイベント(それもよりによって幻想世界ウマネスト虚無顔で周回する羽に。

レオ杯 2021(阪神 芝 2200

【開催期間】2021/8/24 ~ 2021/8/30

 モデル宝塚記念アンスキを継承させた水着マルゼンスキーと、それを差しきる先行オグリキャップの2強の様相を呈した。さらに史実ではマイラーのタイキシャトルの固有スキルがなぜか有効(修正前)であり、運営ゲーム内の性把握していないのではないかと、この辺りでトレーナー達から疑惑のを向けられるようになる。

ヴァルゴ杯 2021(阪神 芝 1600

【開催期間】2021/9/21 ~ 2021/9/27

 モデル桜花賞……ではなく2021年マイルCS京都競馬場修中により阪神競馬場で開催)と思われる。新シナリオアオハル杯実装によって、賢さ育成が大流行。その結果、高い賢さによりグングン進んで行く水着マルゼンスキーセイウンスカイが大暴れ。対抗策として「脚」などによる加速ガチャが流行した。

ライブラ杯 2021(京都 芝 3000

【開催期間】2021/10/22 ~ 2021/10/28

 モデル菊花賞。加速スキル「直線一気」やその上位スキル「迫る」による追い込み環境となった。具体的にはゴールドシップナリタタイシンマンハッタンカフェなどである。

 ここまで読んだ賢明な読者は気づいているだろうがこのゲーム特定の加速スキル異常に強い。前述した「直線一気」は終盤スパートが直線になるコース類の強さを発揮する。今回は逃げ・先行・差しで確実に発動できる加速スキルがなかったため、それほど多く見られることはなかった。

スコーピオ杯 2021(東京 芝 2000

 【開催期間】2021/11/23 ~ 2021/11/29

 モデル天皇賞(秋)セイウンスカイや、水着マルゼンスキータイキシャトル(修正前)などが環境を作り、それ以外は各々の長所を生かした戦いに。直前に実装されたメジロドーベルが「八方にらみ」を所持していたため、ナイスネイチャと合わせる十六方にらみ戦法も見られた。

サジタリウス杯 2021(中山 芝 2500

【開催期間】2021/12/21 ~ 2021/12/27

  モデル有馬記念。加速スキルでは「直線一気」と「迫る」の性が抜きんでており、またも追い込み環境に。直前に実装されたタマモクロスが直線一気を自前で所持していたためトップメタとして君臨した。

 またチャンミ最強クリオグリ(クリスマス衣装オグリキャップ)も実装されていたが、有馬記念では固有発動が少し遅いため、トレーナーたちが絶望味わうのはもう少し先の大会になる。これ以前はチャンミといえばゴールドシップと言われ、毎回ゴルシゲーなどと揶揄されていた。

カプリコーン杯 2022(中京 芝 1200

 【開催期間】2022/1/22 ~ 2022/1/28

 モデル高松宮記念、もしくはこの年中京競馬場で開催されたシルクロードステークス(GⅢ)と思われる。終盤にコーナーがないという特殊な事例だったために、短距離適性皆無ハロウィン衣装スーパークリークエルコンドルパサー改造するか、オグリキャップサクラバクシンオーエアグルーヴなどで終盤ランダムスキルの発動をお祈りするかの二択の方針に分かれた。

 また終盤加速スキルとして「登山家」が最強クラスの性になるため、ライスシャワーマンハッタンカフェサポートカードからこれを必死に狙うトレーナーが続出した。

アクエリアス杯 2022(東京 ダート 1600

【開催期間】2022/2/18 ~ 2022/2/24

 ついに行われたダートチャンミ。モデルは大方の予想通りフェブラリーステークス。初期ダートAマイルAのキャラが3人しかおらず、12キャラでも継承1回で済むのがハルウララエルコンドルパサーしかいない持ち物検のような大会であった。

 スマートファルコン水着マルゼンスキー、通常オグリキャップなどが環境の中心であったが、中にはチョコボン(バレンタイン衣装ミホノブルボン)を魔改造して投入する猛者も。「地固め」と中盤速度固有スキルアンスキを確実に発動しようとする強逃げウマである。ちなみにチョコボンの登場により水着マルゼンスキーへの地固めの継承も易化した。

ピスケス杯 2022(阪神 芝 3200

【開催期間】2022/3/22 ~ 2022/3/28

 モデル2022年開催の天皇賞(春)。長距離不良バ場という過酷な条件で行われた。熾なスタミナ勝負になるかと思われたが、下り坂でのスタミナ消費量が減少する仕様により、実はそれほどスタミナは必要なく、代わりに賢さが重要なステータスになった。環境追い込みvs逃げとなり、2逃げ追い込みバが届かないくらい先に進む戦術が特に有効であった。1stアニバーサリー実装されたキタサンブラックを中心に環境が形成された。

 新シナリオMake a new track!! によってステータスインフレが起こり、グレーリーグの人口が急増。初心者と上級者がぶつかり、圧倒的な差がつく様子が見られることも多々あった。またアニバーサリースキルの効果が見直され、「ノンストップガール」が終盤加速スキルとして注された。

アリエス杯 2022(中山 芝 2000

【開催期間】2022/4/22 ~ 2022/4/28

 モデル皐月賞。「スリーセブン」でほぼ確実に有効加速を行えるクリオグリが非常に強で、このキャラを持っているかで勝率が大きく変わった。クリオグリは、前述したマル、チョコボンと共に三強と並び称され、この3キャラのみの対戦も見られたそう。Make a new track!! での育成に慣れた上級者と、時々触れるだけのエンジョイ勢で明暗が大きく分かれた。

タウラス杯 2022(東京 芝 2400

【開催期間】2022/5/24 ~ 2022/5/30

 一巡したタウラス杯もモデルダービー。やはり前述の三強(特にクリオグリ)が環境の中心だったが、アイネスフウジンなどダービー向きのキャラ勝利を狙うトレーナーも。去年のMVPであるゴールドシップナイスネイチャも頻繁に見られた。

 この大会からオープンリーグの条件がBランクからA+ランクに引き上げられた。また2度勝利した時の称号には「2回」と付く予定だったが、さすがにダサいと判断されたか、2度以降はが付く仕様に変更された。

ジェミニ杯 2022(東京 芝 1600

【開催期間】2022/6/14 ~ 2022/6/20

  モデルは去年と異なり安田記念逃げの二強とナリタタイシン応援団キングヘイローなど加速スキルの強さが勝敗を分けたと言っても過言ではない。特に根性サポートカードに有用なものが多く、Make a new track!! での根性育成が流行した。

 この大会からチャンミは中旬開催に変更。そので育成が間に合わなかったトレーナーも。

キャンサー杯 2022(阪神 芝 2200

【開催期間】2022/7/14 ~ 2022/7/20

 モデル宝塚記念。上述の三強(特にクリオグリ)が圧倒的な強さを見せる。アリエス杯と似た条件だったのでそのまま流用したトレーナーも。追い込みバでは「ノンストップガール」の入手などアリエス杯での結果から善をすことが重要であった。

レオ杯 2022(中山 芝 1200

【開催期間】2022/8/13 ~ 2022/8/19

 モデルスプリンターズステークス。久しぶりの短距離開催であり、ニシノフラワータイキシャトル(修正後)、通常オグリキャップが活躍した。もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな

 「曲線のソムリエ」がランダムで有効加速となるので、本番は運の要素が強かったというも。

ヴァルゴ杯 2022(大井 ダート 2000

【開催期間】2022/9/15 ~ 2022/9/21

 モデルJBCクラシック。追加されたダートバのコパノリッキーや新衣装スマートファルコンダート適性の高いクリオグリなどが活躍し、前回のダートチャンミよりキャラ選択肢が増えていた。

 1.5周年で追加された新シナリオの「グランドライブ」と、ステータスの上限解放について情報が錯綜。特に上限解放については「ステータス1600は2000に上げるのと実質同じだが、効果は1250並み」という仕様が発覚し、新シナリオよりも Make a new track!! の根性育成の方が強いのではと噂が広がる。新シナリオの評価は7月後半に実装されたグループサポカ「玉座に集いし者たち」の評価にも関わるため、熱した議論が行われた。最終的に1600のステータスの効果が1400になる修正が行われ、議論は沈静化した(そして玉座はわずか一月二軍サポカに)。

ライブラ杯 2022(阪神 芝 1600

【開催期間】2022/10/14 ~ 2022/10/20

 モデルはおそらく2022年阪神開催のマイルCS。大逃げが新シナリオでようやく有用になり、逃げウマ対策としてサイレンススズカが注された。他に先行で強ニシノフラワーギャンブル加速の私服メジロドーベル、そして安心と信頼の追い込みクリオグリが流行りとなった。

 この大会でチャンピオンズミーティングのウイニングライブMs.Victoria」が実装敗北しても強制的に再生されるので、「死体蹴りライブ」としてtwitterのトレンドになってしまった。

スコーピオ杯 2022(京都 芝 2200

【開催期間】2022/11/13 ~ 2022/11/19

 モデルエリザベス女王杯。「決意の直滑降」が有効加速になるコースだったため、先行バにこれを搭載する3エースが流行した。また賢さサポカのオグリキャップ実装されたことで、決意の直滑降を自前で持つファインモーションなども注された。

 賢さサポカに有効なスキルが多く、どのサポートカードを使うか戦略が問われた大会であった。ちなみに強サポカが実装され弱体化が危ぶまれたクリオグリだが、結局は追い込みクリオグリが安定した強さを見せたのだった。

サジタリウス杯 2022(中山 芝 2500

【開催期間】2022/12/15 ~ 2022/12/21

 モデルは去年に続き有馬記念。長距離・差し専用加速スキル無我中」の実装により、各脚質に勝ちのある群雄割拠の大会であった。有馬記念グラスワンダーえるための存在、大将スペシャルウィーク全員に配布されていたために流行、一方でクリオグリは固有が噛み合わないためあまり見られず。

 長距離逃げの雄キタサンブラックや安定した強さのチョコボン、「迫る」を自前で持つイナリワンカツカツなスタミナを削っていくデバフ組など、2022年を締めくくるにふさわしい多様な顔ぶれとなった。

カプリコーン杯 2023(中京 芝 1200

【開催期間】2023/1/14 ~ 2023/1/20

 ・バ場を除き、去年と同じ条件で開催された(2022年・重、2023年・良)。「登山家」がランダム発動スキルとなり、これを搭載する必要がほとんどくなったことが大きな違いである。

 固有スキルの性がやはり重要であり、先行バのニシノフラワー衣装カレンチャン逃げウマアストンマーチャン、そして応援団キングヘイロー追い込み)などが活躍した。

 一方「電光石火」や「風雲の志」などサポートカードから得られるスキルも強であり、短距離向けに魔改造したキャラにも勝機があった。バをどの条件でも出走させるトレーナー過去にも一定数いたが、彼らの熱意には感するばかりである。

アクエリアス杯 2023(東京 ダート 1600

【開催期間】2022/2/17 ~ 2022/2/23

 To be continued……

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チャンピオンズミーティング

1 ななしのよっしん
2022/12/23(金) 23:58:23 ID: u9l/S9W227
2年前の環境よく覚えてるなあ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2022/12/24(土) 01:09:17 ID: lIyuUu0FaZ
この記事見てそういや最初はゴルシゲーって言われてたなってのを思い出したw
あと次のチャンミの中1200を過去にやってたってのも…。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2022/12/27(火) 17:10:21 ID: qU1iyNudx/
今年のサジタリウスチョコボン強かったね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2022/12/28(水) 01:35:14 ID: vtIAmAIcYV
よーまとめとる
こういうのは後々「バグやら疑惑々やら死体蹴りライブやら、そういうの要らなくね」「主観を排除して客観的な記録にすべき」みたいな論調が幅を利かせて燥になるか全肯定信者運営アンチと便乗荒らしが入り乱れる編集合戦になって燃えるから今のうちに拝んどくべ…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2023/01/10(火) 00:15:42 ID: AgCXWq6ikh
Ms.Victoriaの記事の掲示板地獄みたいになってて
👍
高評価
0
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2023/01/17(火) 09:38:04 ID: ueztV/HYGA
書いたに臭えなぁ
ゆっくりウマ娘とか見てそう
👍
高評価
0
👎
低評価
6
7 ななしのよっしん
2023/01/23(月) 14:05:20 ID: mzeqr8T7z6
1番最初のチャンミはBラウンド2も3勝する必要があったから決勝に行けないトレーナーが今より多かったと思われる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 08:50:09 ID: XI+yPHB+BD
>>4
今は低評価ボタンでその手の意見が他人にどう思われるかどうか判断できるから(少し上に見本が居るし)
余程の厚顔恥でもない限り勝手に編集はしないだろ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0