チャールズ・アイヴズ単語

チャールズアイヴズ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

チャールズ・アイヴズ1874~1954)とは、20世紀前半に活躍したアメリカ作曲である。

概要

アメリカのコネチカット州に生まれる。父親地方の軍楽隊長を務めており、彼の大胆な演奏法が幼少期のアイヴズに影を与えた。

わずか14歳にして最年少の有給オルガン奏者になっただけではなく、すでに十数点の作品を手掛けていた。イェール大学でホレイショ・パーカーに師事したが、パーカー破りな彼の教育に苦労したようだ。1898年保険数理士として就職し、その後旧友ジュリアン・メリックと共同で保険会社を設立して成功をおさめている。一方で農場を買い、貧しい人々に開放するなどの活動も行っていたようだ。

1926年になると健康状態の悪化で作曲を断念することとなり、1930年には保険業からも引退した。そしてそのまま晩年を過ごした。1947年にはピュリッツァー賞を受賞している。

すぎた現代音楽作曲といったもので、多調、同時進行する複数のテンポ、発想を「積み重ねていく」技法で音が同時にく様式、といった極めて前提的なものであった。しかしその一方で保守的で、宗教的な讃美歌の旋などが取り込まれている。とりわけ、後期の作品はあまり注されることがなかったが、1960年代から70年代にかけてレオポルド・ストコフスキーレナード・バーンスタインに再評価され、現在ではアイヴズの楽曲は定番のレパートリーになっている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チャールズ・アイヴズ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • チャールズ・アイヴズについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!