チョウチンアンコウ単語

チョウチンアンコウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

チョウチンアンコウは、深海に生息するアンコウチョウチンアンコウ科の

概要

チョウチンアンコウは、太平洋大西洋に生息する深海魚
黒色の丸みを帯びた体をしており、表面は短いとげで覆われている。
頭の先にる突起物は誘引突起と呼ばれ、その先端にある細い皮弁は疑似餌の役割を持つ。

チョウチンアンコウといえば、上記のような貌のを思い浮かべるが、この姿をしているのは雌。
40cm以上成長する雌にべ、雄は4cm程度と極端に小さく貌も全く異なる。

ミツクリエガチョウチンアンコウなどの一部のチョウチンアンコウの仲間は、雄が雌に噛みつき離れないように寄生した後、精巣のみを残し雌に吸収されるといった生態から、より多くのを持つために雌の体が大きいのかもしれない。
なお、この特徴は一部のチョウチンアンコウの仲間のみで、それ以外には見られない。
 
チョウチンアンコウは深海魚の中でも有名であるが、まだまだの部分が多い。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チョウチンアンコウ

1 ななしのよっしん
2018/03/02(金) 18:19:24 ID: bdiNw72hVJ
世界は広いね
2 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 19:42:41 ID: OXNOv3j1oU
チョウチンアンコウのオスは一旦メスに寄生すると生殖器以外のほとんどの器官が退化して最終的にメスの一部になってしまう。この文も必要かな?

急上昇ワード