チーター単語

チーター

チーター(Cheetah、Cheater)とは…

  1. ネコ科の動物(Cheetah)。
  2. ヒト科の生物(Cheater)。ゲーム不正行為に特化した知を持つ。チートの項で説明。→ チート
  3. AppleMacintoshOSコードネーム(製品名) → Mac OS X V10.0 Cheetah

なお、歌手である前寺清子の称は「チー」であり「チーター」ではない。さらに cheetah の発音も /ˈtʃiːtə/ (チータ)であり厳密には「チーター」ではない。しかし、前寺清子の称は「小さな民ちゃん(※本名が民子)」を略した作詞星野哲郎による命名であり、ヒンディー語のチーター(चीता, cītā 「斑模様の」、元々はヒョウ(現代でテーンドゥアー、 तेंदुआ, tenduā)をした)に由来する cheetah (チータ)とは関係ない。すなわち、前寺清子はチーターではない(以下無限ループ)。

本項では1.について解説する。

概要

ネコネコ科チーター属(Acinonix jubatus)に分類される食類。狭義には南アフリカおよび東アフリカに棲息するアフリカチーター(Southeast African Cheetah, A. j. jubatus (南) / A. j. raineyi (東))をすが、北アフリカのサハラチーター(Northwest African Ch.Saharan Ch. , A. j. hecki)やスーダンチーター(Northeast African Ch. / Sudan Ch. , A. j. soemeringi)の他、イランアジアチーター(Asiatic Ch. / Iranian/Persian Ch. , A. j. venaticus)といった亜種も存在し、かつてはインド全域からアフリカ大陸のほぼ全域にまたがり広く分布していた。


体は灰色から褐色で、黒色の小斑紋が広がっている。頭が身体にべて小さく、がひっこんでいてスマートである。

メスだけで子供を育て、母親は自ら狩った獲物を隠していた子供たちを呼んで食事をさせる。

基本的に単独生活を送る生き物だが、オスは数頭の兄弟で生活をすることもある。

生物歴史としては較的最近誕生した動物らしく、そのためか種の勢としては小規模な分類。過去に1万頭までに数が減ったことがあり、一時期動物園における繁殖が上手くいかなかったことから、遺伝子の多様性が危惧されていたが、どうも繁殖の失敗は遺伝子の多様性とは関係だったとも言われており、多摩動物公園などで子供が生まれている。

名称のチーターの由来については先述の通り。他にも英語の別称 hunting leopard の直訳である「狩猟」という和製漢語の名称もあるが、あまり一般的ではない。中国語での呼称も hunting leopard の直訳である「猎/獵」(lièbào, 猎/獵は日本漢字の「猟」に同じ)で、これはリエバオという発音が leopardレパード)の音訳を兼ねている可性がある。
ヨーロッパでは cheetah 系よりもイタリア語gattopardo に由来する名称(仏:guépard(ゲパール), 独:Gepard(ゲパルト), 露:гепард(ギパルト), etc...)が全域で支配的。だがイタリア語ではガットパルドはサーバルオセロットの類を大まかにす言葉であり、チーターについては仏語から逆輸入した ghepardo (ゲパルド)を用いるから少々ややこしい。また hunting leopard 系の名称の方が一般的な場合もある(jachtluipaard(ヤハトラユパールト)など)。
アジア一の棲息地を含む南コーカサス以南の諸地域では、チーターをペルシア語 ywc (ユーズ、「探しめる」を意味するため hunting leopard 系名称の亜種といえる)に由来する伝統的な呼称が用いられるが、言によってはヒョウや猟す場合もある。

チーターの狩りについて

チーターは体重に対する尾の重さの割合が大野生ネコでは最も大きく、走るときにをとる役割を果たしている。

眼の下のい模様はティアズラインと呼ばれ、の反射を抑える効果により狩りに役立っていると考えられている。

バネのように伸ばし跳躍、ネコ科としてはしく常時しまうことのできないを持ち、それにより小動物とは桁違いな速さ(およそ時速100km以上)で走行し獲物を捕らえる。はあるものの、それにより高まる体温を放出し切れないため、長い距離を走ることはできない。まずが熱でやられてしまうという。

ライオンなどと異なり、顔()が小さくがない。よって首のを折ったり窒息させることができないので捕らえてからトドメを刺すのに時間がかかる。また、速さに全てをげた体の特徴の関係上面と向かっての戦闘は非常に低い。そうしている間に他のライオンハイエナが現れて獲物を横取りされることがよくある。それだけならともかく、これらの動物はチーターの子供を頻繁に殺しにくる。毎日サバイバルカワイソス

さらにスピードが命のチーターにとって、野生において足を怪することは即ち死に繋がるため、理に戦うことができない。そのため獲物を抵抗に奪われることもしばしば。恐らく大の野生ネコの中で人間が素手で戦って勝つ可性のある動物と言えるだろう。

キングチーター

チーターには稀に体のい点模様が繋がったやや帯状に近い斑模様の個体が生まれることがあり、キングチーターと呼ばれている。

発見当初はチーターの亜種か何かではないかと考えられていたが、普通のチーターと遺伝的に大きな差異がある訳ではないない。

キングチーターは劣性遺伝により普通のチーターからも生まれるものであり、普通のチーターも発現していないだけでキングチーターの模様に関する遺伝子は持っている。

ニコニコでない某大百科を含むそこらかしこ突然変異だと紹介されているが、キングチーターは突然変異によるものではない。先祖まで遡れば切っ掛けが突然変異だった可性はあるが、現在いるチーターがその代で突然変異を起こした訳ではない。

希少な個体のはずなのだが、近年多摩動物公園では割とぼろぼろと生まれている。

余談だが、キングチーターのように劣性遺伝で外見が異なる個体が生まれる例としてベンガルトラ変種であるホワイトタイガーが挙げられる。こちらも変種と呼ばれてはいるが別種というわけではないし、突然変異であるアルビノと混同されるし、アルビノを種と勘違いしている人もいるし、アルビノがもはや遺伝的に安定してもはや品種として安定してしまっているウサギジャパニーズホワイト)もいるし非常にややこしいことになっている。

関連動画

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チーター

45 ななしのよっしん
2017/12/17(日) 12:05:45 ID: jDdstzdp8m
均体重(約72キロ)や戦闘力考えると
体重100キロのプロの格闘マイクタイソン等)の方が
チーターより強い気がするんだが
それどころか体重80キロ代でも勝てそうな

ちなみにチーター走るは高いが
相手を押さえつけたりアゴは弱いとか
46 ななしのよっしん
2018/02/09(金) 15:59:46 ID: oTnFSBOM9K
本当にSPDばかり伸ばして決定打に欠けるゲームキャラみたいだな
47 ななしのよっしん
2018/02/09(金) 16:02:12 ID: GdBjcVrmyr
チーターは弱い」というコメントがありました
48 ななしのよっしん
2018/04/20(金) 17:05:56 ID: utWeomOi3D
く走るために防御に重要な脂肪どないんだよね…
おかげで人間の蹴り程度で死ぬ可性があるという…
すごいピーキー進化をたどった生き物だ…
49 ななしのよっしん
2018/04/20(金) 18:37:35 ID: zQgnlWk+qW
>>im6662760

ヒョウ系統とは離れていてサーバルよりイエネコに近いというとスピード以外が貧弱なのも納得できそうだけど
ピューマと同じ系統と言うとやはりスピード以外を切り詰めた進化なんだろうなと思う
50 ななしのよっしん
2018/05/07(月) 21:23:59 ID: 8T5dCIth+p
ナショジオ見てたらチーターバスケ選手をシャトルランで競争させる企画があった。結果は一勝一敗で、ターンの度にタコ踊りするも一最高速まで持ち直すが凄まじい
51 ななしのよっしん
2019/02/26(火) 18:32:11 ID: 87HoWJXr/j
から口まで繋がっているラインひらがなの「ひ」に見えて仕方ない
52 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 05:54:50 ID: Z+Jj4TktLX
>>45
ウェイト考えたら中中背の成人男性なら勝てると思う
ネコ馬鹿にする訳じゃなくてチーター進化の方向がヒトとは相性悪い
ヒトって防御クソ雑魚だから基本パワーに振られた大ネコ科にはワンパンで殺されかねないけど
忘れがちだけどヒトって生き物全体で見ればデカいし素手でも攻撃自体はそこそこあるんだぞ
53 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 02:41:27 ID: Hwex+H8Lh+
>>44
修正しといたぜ
54 ななしのよっしん
2019/07/25(木) 17:16:38 ID: Bghmn0k5s2
あくまで人間価値観の中での話だけど・・・
他に何を犠牲にしようが『地上最速』という肩書きはそれだけで途方もない価値がある
それが拠に2番に速い動物は?と聞かれて即答できる人は多くない