ツインリンクもてぎ単語

ツインリンクモテギ

ツインリンクもてぎexitとは、栃木県芳賀郡茂木町exitにあるモータースポーツ施設である。

コース全長:オーバルコース=1.5mile=2,414m ロードコース=4,803m FIA

概要

1997年8月開業。

オーバルコースロードコースという特色の違う2つのコースをもつ世界でもしいサーキット
このためツインリンク双子サーキット ツイン英語双子の意味、
リンクドイツ語サーキットの意味)と名付けられた。


オーバルコースは、楕円形に近い形をしたアメリカトラック
2011年までインディカーレースIRL日本ラウンドが開催されていた。
2008年の第3戦はダニカ・パトリックが優勝。インディカー史上初の女性優勝者誕生の舞台となった。
2011年東日本大震災コースが破損したため現在では満足に使うことができなくなった。
ロードコースでのビッグレース開催時には駐車場になる。exit
また、西のストレート
特設スタンドを設けて観客を収容する。
この航空写真exitでも西のストレートい特設スタンドが付いたままになっている。

ロードコースは、様々なコーナーを配したヨーロッパトラック
四輪ではSUPER GTスーパーフォーミュラ世界ツーリングカー選手権、スーパー耐久など、
二輪では全日ロードレース選手権MotoGPが開催されている。


サーキットのほかにもホンダコレクションホールFANFANラボ、ホテルインリンク遊園地
アスレチック施設などを備える。
ホンダコレクションホールにはホンダの名車がずらりと展示されている。exit
アスレチック施設には空から滑空しサーキットを眺めることができるジップラインexitがあるほか、
森林設備を活かして二輪のトライアル世界選手権exitも開催される。

駐車場から各施設までは場内無料ループバスが運行され、トイレや飲食も充実しており、
内ではしい軽装で観戦にいけるサーキットである。

何気にスーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号でのレースシーンのロケ地として使われていたり、ばくおん!!に至っては制作として関わり、劇中で使用するバイクエンジン音収録を
ここで行っていたりする。

S字1つの外側の丘の上に3本の旗を立てていて、テレビ中継で映されることがある。
MotoGP開催時はツインリンクもてぎの旗、日本国旗、MotoGPの旗exitが並ぶ。
鯉のぼりが立てられるexitこともある。

立地

ツインリンクもてぎは栃木県東部の山岳森林地帯にある。
東京駅から直線距離103km離れていて、南関東から見ても少し遠い。
南関東より西の人がレース観戦するにはホテルに泊まった方がいいだろう。

ツインリンクもてぎは宇都宮水戸という2つの県庁所在地の中間地点にある。
宇都宮水戸のどちらからも直線距離30kmの位置にあるので、好きな方を選ぶことができる。
水戸の方が僅かに近いので、レース関係者は水戸ホテルを優先的に予約するそうだ。
県外からの出張者を多く受け入れる県庁所在地らしく、ホテルの数には余裕がある。

宇都宮からも水戸からも国道123号を走るだけで辿り着けて、それなりにアクセスは良い。
公共交通機関ではJR宇都宮水戸駅または真岡鐵道茂木からバスないしタクシー利用となるが、
ビッグレースや大イベント開催時には臨時の路線バス、さらに宇都宮からシャトルバスが運行される。

メインスタンドから5コーナーの方を向くと見える白い建物exitホテルツインリンクexitである。
家族連れをメインターゲットにしたリゾートホテルで、お料理が好評。

ツインリンクもてぎで事故が起こったら、まずメディカルセンターに運ばれる。
ここで手術することも可である。
レースに帯同する医師の判断により危険と判断されたら、ヘリポートからドクターヘリを飛ばし、
獨協医科大学病院exitに緊急搬送することになっている。
36km離れているが、ヘリコプターなら所要時間10分程度で運ぶことができる。

この協医科大学病院には2008年バルベラ、2015年にデアンジェリスが入院した。

山間部にあるサーキットexitなので上昇気流が発生しやすく、が起こりやすくが降りやすい。
平野部にある宇都宮市水戸市ホテルでは晴れていたが、国道123号線を移動するとが多くなり、
ツインリンクもてぎではポツポツとが降っていた・・・この手の体験談が多く聞かれる。

山間部にあるサーキットなのでが発生しやすい。
が発生してドクターヘリが飛べないと判断されると、レーススケジュール遅延する。
2013年exit2015年exitMotoGPが発生してレーススケジュールが大きく変わってしまった。

こちらexitが現地の天気予報

ツインリンクもてぎ花火の祭典

ツインリンクもてぎ花火の祭典exitと呼ばれる花火大会が年2回、に開催される。
お盆休みの最中、大晦日あたり。

広いサーキット敷地で行われるので、都会の河川敷では使えないような大の二尺玉花火を使ったり、
線の高さで炸裂する花火を仕掛けたりと、圧巻の演出がを楽しませてくれる。

花火提供しているのは「菊屋小幡花火」という群馬県花火メーカーで、
各地の花火競技大会で優勝や上位入賞の常連になっている名門企業である。

この花火大会1998年から始まった。その当時から音楽花火シンクロさせる演出に取り組んでいた。
音楽花火を同調させるのはなかなか難しいが年々腕前が向上し、最高峰の花火大会と称されている。

駐車場・観覧席があり、飲食店もトイレも豊富にあるので花火大会の開催地としては理想的な場所の一つ。

ホンダレーシングサンクスデー

毎年12月初旬に、ホンダレーシングサンクスデーexitという催しがツインリンクもてぎで行われる。

ホンダ契約を結んでいるモータースポーツ選手達がツインリンクもてぎに勢いし、
トークを行ったりデモランを行ったり、様々なイベントを行う。

F1ドライバーレプソルホンダマルク・マルケスダニ・ペドロサなど、
スーパースターが一堂に会する重な撃することができる。

ロードコース後半のコーナー名

ロードコースは全14コーナーから成り立つが、6コーナー以降の各コーナーには名前が付いていて、
そのコーナー名で呼ぶのが慣例となっている。

「(数字)コーナー」とコーナー名の対応表は以下の通りになっている。

6コーナー 130R
7コーナー S字1つ、S字1発
8コーナー S字2つ
9コーナー V字
10コーナー ヘアピン
11コーナー 90コーナー
12コーナー (特に名前らしい名前が付いていない影の薄いコーナー
13コーナー (特に名前らしい名前が付いていない影の薄いコーナー
14コーナー ビクトリーコーナー

 

コース紹介(MotoGP)

概要

ストップ&ゴーのサーキットで、ブレーキングの上手さと加速を問われる。

山の中のサーキットなので上り下りの勾配がある。
かなり長く続く上り勾配と、短い距離の中で一気に下る強な下り勾配がある。


こちらexitMotoGP公式サイトの使用ギア明示動画である。1速ギアを使うのはヘアピンのみである。

なパッシングポイント1コーナーexit5コーナーexitS字1発目exitV字exit

軽~中排気量クラスなら、バックストレートエンドの90度コーナーexitもパッシングポイントになる。

路面のグリップが良い。その反面、タイヤが摩耗しやすい

ツインリンクもてぎの路面のグリップは非常に良い。

サーキットに使われるアスファルトの品質は世界共通ではなく各地域で分かれている。
日本サーキットアスファルトのグリップは非常に良く、
欧州サーキットアスファルトのグリップ日本のものよりも劣り、
米国サーキットアスファルトのグリップ欧州のものよりも劣ると言われている。

ツインリンクもてぎの路面のグリップ日本サーキットらしく非常に良く、
タイヤががっちりグリップしてツルッと滑る危険性が少ない。
抜群のグリップがあるため一杯バイクを傾けて高速コーナーリングすることもできる。

その反面、タイヤの摩耗がしいサーキットとしても知られている。
ザラザラしたグリップの良い路面がタイヤを削ってしまい、タイヤが摩耗しやすい。

2017年の最大排気量クラス土曜日予選ではタイヤの摩耗が話題となった。
日曜日の決勝においてもアンドレア・ドヴィツィオーゾマシンタイヤに摩耗が発生、
90コーナーマシンを左右に振るわせながらブレーキングexitすることになった。

ホンダのテストコースなので路面の状況が常に良い

このサーキットホンダテストコースとして使用されている。
モータースポーツに関する投資を惜しまな世界最大の2輪メーカーホンダが、
糸目を付けず路面の補修をちょくちょく行っていて、路面の状況は常に良好である。
陥没や凹凸やうねりが非常に少ない。

このため最大排気量クラスで使われている電子制御にとって理想的な路面環境になっており、
スムーズな加速が璧に行われ、短い直線でも相当な速に到達することができる。

ちなみにツインリンクもてぎはホンダが建設してホンダが所有してホンダテストに使うコースだが、
ヤマハスズキといった他のメーカーテストコースとして盛んに利用している。

ライバルメーカーの手助けをしてはいけないからコースを貸し出さない」とか、そんなことはない。
むしろヤマハスズキコース使用料を払ってくれる大事なお客さんになっている。

ホンダヤマハスズキといった日本メーカーはツインリンクもてぎでさんざん走り込んでいて、
走行データを山のように持っており、マシンに最適な電子制御を上手く組むことができる。
このため日本メーカーは総じてツインリンクもてぎでの成績が良い。

ヴァレンティーノ・ロッシドゥカティワークスに在籍していたとき、
「ツインリンクもてぎでの日本メーカーマシンは速い。
サテライトチームでさえ信じられないほど速い」とっていた。
ドゥカティアプリリアKTMといった外勢にとってツインリンクもてぎは難関で、
ここで日本メーカーを負かすのはなかなか難しい。

ブレーキに厳しいサーキット

ブレーキへの負担が強で、世界一ブレーキに過酷なサーキットといわれるほど。
2012年MotoGPでは、間のレースであるにもかかわらず、グレッシーニレーシング所属の
アルヴァロ・バウティスタのブレーキディスク熱する様子がTVカメラにとらえられた。

2013年MotoGPクラスディスクの直径が320mmまでと規制されていたが、
ツインリンクもてぎのレースだけは制動の高い340mmのディスクを義務づけられることになった。

ブレンボexitイタリアブレーキメーカーMotoGPクラスのほとんどのマシンブレーキを供給する)が
選んだ「ブレーキに厳しいサーキット」の中で、ツインリンクもてぎはトップ4の一に入っている。

2015年には再びブレーキディスク赤熱の様子exitカメラに捉えられた。
が降って走行速度が落ちてもブレーキディスクが赤熱exitする。
が高く高額の最高級部品を使用するヤマハワークスマシンですらブレーキディスク熱する、
この事実を見た関係者の間に衝撃が走った。

このため、ブレーキにダクトを付けて空気を当てて冷却する動きが広がっている。
こんなダクトexitを前輪の横に付け、空気を吸い上げてブレーキディスクを冷やすのである。

ブレーキディスクの前方は空気が当たってくれるがブレーキディスクの後方は空気が当たらない。
他のサーキットならそれで十分に冷却できるが、ツインリンクもてぎでは冷却が不足する。
そこでわざわざダクトを付けて空気を拾い集め、ブレーキディスクの後方に空気を流し込んでexit冷やす。

本来なら、空気抵抗が増して走りに悪影が出るのでこのような部品は付けないのだが、
ツインリンクもてぎのブレーキ過熱は深刻なレベルなので背には代えられない。

燃費に厳しいサーキット

アクセル一杯開ける時間が多いレイアウトなのでガソリンの消費がしく、
燃費の向上が大きな課題となる。

2012年MotoGPではカル・クラッチローが最終ラップガス欠を起こし、
S字区間でスローダウンexitしてリタイヤした。

スリップストリームの恩恵を受けない単独走行をしすぎたり、
リアタイヤが消耗して回りの割合が多くなったり、それらが重なってのガス欠だったとされている。

硬いフロントタイヤが活躍

ハードブレーキングサーキットである本サーキットにおいては硬いフロントタイヤが推奨される。

フロントタイヤというのはブレーキング時にマシンの荷重を全て受け止める場所なので、
硬くて剛性が高いほど安定したブレーキングを行うことができる。

硬いフロントタイヤを選ぶと、ハードブレーキングをするときにしっかりマシンを止めることができる。
ただ、乗り心地が悪く、操縦性が悪く、あまり機敏に動けない。

柔らかいフロントタイヤは全く逆で、乗り心地が良く、操縦しやすく、機敏に動けるが、
ハードブレーキング時にしっかりマシンを止めることができない。

路面がフラット

フラットコーナーがとても多いという点もツインリンクもてぎの特徴である。
路面のカント(傾斜)が強なのはS字1発コーナーぐらいで、あとはフラットな路面が続く。
カント(傾斜)がしっかり付いているコーナーが多い鈴鹿サーキットとは対照的なサーキットと言える。

カント(傾斜)がついていないフラットコーナーは、 リアタイヤが滑りやすい上に
フロントタイヤグリップしづらく、なにもかもグリップが薄く感じられ、ライダーにとって難しい。

カント(傾斜)がしっかり付いているコーナータイヤセンター部分を使うことができるのだが、
カント(傾斜)がついていないフラットコーナータイヤエッジ部分を使わざるを得ない。
ツインリンクもてぎは直線区間が多いが、意外とリアタイヤエッジ部分を消耗するのは、
フラットコーナーが多いためである。

また、路面のカント(傾斜)が少ないことで、コーナーがのっぺりとしていて立体感がなく、
コーナー旋回最中に進行方向にを向けても様子がわかりづらい。
コース幅が非常に小さく見え、縁石が見えづらく、コーナー形状がわかりづらい。

路面のカント(傾斜)が大きい擂り鉢(すりばち)exitのようなコーナーだと、コーナーに立体感があるので
コーナー旋回最中に進行方向にちらっとを向けるだけでしっかり把握できるのだが、
そういうコーナーが少ない。

ライダーは視覚情報に頼らず、想像を駆使してコーナーリングしなければならない。
こういうことからもツインリンクもてぎは少し難しいサーキットなのである。

グラベル(砂)が広い

ラベル(砂)が広くて安全性が高い設計のサーキットとなっている。

5コーナー130Rヘアピンダウンヒルストレートエンド90コーナーラベル(砂)には
外に進むにつれて上りになる傾斜があり、
コースアウトして突っ込んでくるバイクライダーを受け止める構造になっている。

2013年MotoGPクラスでは、アレイシ・エスパルガロマシンブレーキトラブルが発生した。
よりにもよって速が最高速になるダウンヒルストレートブレーキが効かなくなってしまい、
異常を察知したアレイシは即座にマシンから飛び降りることを決断した。
アレイシはアスファルト路面からラベル(砂)高速で滑走することになってしまったが、exit
傾斜の付いているラベル(砂)に受け止められ、傷で済んだのだった。

ラベル(砂)が広くて、ところによっては傾斜まで付いているので、安全性は高い。

しかしながら、そういうラベル(砂)の形状が、ライダーを幻惑させることもある。
ラベル(砂)が広く大きく見えて圧迫感を感じ、ブレーキ操作を誤ってしまうことがある。

5コーナーexitヘアピンexit90度コーナーexit、いずれも「砂の」がそそり立っているように見える。
この「砂の」が急に視界に入ってびっくりし、僅かにブレーキバーを握るタイミングが遅れることで
コースオーバーランしてしまう危険性がある。

ブレーキングするときも視覚情報に頼りすぎてはならず、やはり少し難しさがあるサーキットと言える。

メインストレート~2コーナー

最終コーナーはかなりの上り勾配で、ここを駆け上がるライダーヌッと出現するexitように見える。

1~2コーナーは直コーナーが2つ結合したコの字コーナーで、旋回速度が高めである。
2013年に1~2コーナーアウト側のアスファルトが拡され、コースアウトしにくくなった。

1コーナーは有なパッシングポイントで、インに入ってずばっと抜いていくシーンが数多く見られる。

2コーナー立ち上がりは各ライダー一杯外を攻める。外の縁石をはみ出して土を上げることもある。


2コーナー~3コーナー間の直線の下や4コーナー~5コーナー間の直線の下exit地下道がある。
転倒したライダーコースを横切るわけにはいかないので、この地下道を通ってピットに帰る。

5コーナー

次の3~4コーナーが勝負どころになっている。3コーナーはきつく、4コーナーは緩やかになっている。
3コーナーを上手く止めて、4コーナーを絶妙なラインで上手く立ち上がり、
前のの背後にぴたりと付けてスリップストリームを利用して速を伸ばし、
5コーナーインに入って抜くというのが非常によく見られるシーンである。

4コーナーが高速コーナーで、4コーナーから5コーナーは下り勾配になっていて速度が乗りやすく、
5コーナー自体がキツい度の低速コーナーであるといった条件が重なり、
5コーナーが本サーキットで最もしいブレーキングの場所になっている。
サスペンションやブレーキデータに表れている。
ゆえに各ライダーは5コーナーをしっかり止められるマシン作りをすことになる。

5コーナー地味コーナーに思われるが、パッシングも多く、マシンセットの基準にもなり、
最も重要な場所となっている。

ファーストアンダーブリッジ~S字1発目

5コーナーで抜きにかからず上手く立ち上がることに専念するのも選択肢の1つとなる。

5コーナーを上手く立ち上がってファーストアンダーブリッジを抜け、
その次の130Rでしっかり速度を乗せ、前のの背後に付いてスリップストリームの恩恵を受け加速し、
S字1発でズバッとインに入ってパッシングする。

S字1発目は急激な上り坂exitで、ここから長い間上り勾配になるので、
進入速度一杯速くしたほうが得をする。
S字1発の進入速度がその後のS字区間全体のコーナーリング速度を決めてしまう。

S字1発には擂り鉢(すりばち)exitのようにカント(左右の傾斜)がしっかり付いているので、
あまりブレーキを掛けずオーバースピード気味に飛び込む。

S字~V字

S字からV字を経てヘアピンに至るまで非常に長い上り坂になっている。

S字は特に勾配がキツく、ライン取りや操縦が下手なライダー地球重力によってさらに遅くなる。
S字区間はライダーの上手下手がハッキリ鮮明になる。

「この上り坂区間、それも特にS字区間で速いライダーは全体のラップタイムでも速い」と言われる。


S字区間で近づいてV字コーナーでズバッと抜くのはマルク・マルケスが得意としている。

S字2つからV字への距離が短い。
S字2つで右にバイクが傾いた状態から左に切り返してV字に進入する。
距離が短い、切り返しがある、この2条件のため、S字からV字へは速を乗せづらい。

速を乗せづらいので先行ライダーを抜き去るパッシングは非常に難しい場所の1つのはずなのだが、
マルク・マルケスV字でのパッシングを繰り返している。exit
マルク・マルケスは身体が抜群なので切り返しもやたら速く、その分、速も速い。

マルク・マルケスが何度もパッシングを披露したので、他のライダーもパッシングを挑むようになった。2017年からはV字の前に観客席が設置されるようになった。

ヘアピン

V字を立ち上がってもまだ上り勾配が続く。

ヘアピンのあたりがツインリンクもてぎの頂点となっている。上り勾配なのでマシンを止めやすい。

ヘアピンではめにブレーキングしてゆったり回り、次のダウンヒルストレートの加速に備える。
低速コーナーだがパッシングシーンは少ない。
パッシングを仕掛けると走行ラインが崩れ、立ち上がりの加速が鈍り、
ダウンヒルストレートで置き去りにされてしまう可性が高まる。

ダウンヒルストレート

ダウンヒルストレートは本サーキット最長の762mとなっている。

最初は坦だが、アーチをくぐってから急な下り勾配が始まり、底に落ちるような感覚になる。
ここの高低差は30mで、ビル10階建て分の高さを一気に下る。
ダウンヒルストレートを下から見た写真exitを見ると、悪い冗談としか思えないような傾斜になっている。


ヘアピンの立ち上がりはコースの外側で、ダウンヒルストレートの中間地点でコースの内側へ移り、
ダウンヒルストレートエンド90コーナーではコースの外側へ移る、
このようなコースを2回横切る行が最大排気量クラスで一般的である。
特に、晴れいた路面になるとそういう傾向が強まる。

現在MotoGP最大排気量クラスの電子制御は発達していて、バイクが深く傾いている状態から一気に
ガバッとアクセルを開けることができる。そうするとバイクが勢い余ってコース内側にまで移動する。
マシンを起こしてからアクセルを開けてっ直ぐ走って距離を得する」よりも、
「一でもタイミングアクセルを開けて加速を伸ばす」ことが有効と各チームが判断している。

電子制御がほとんどmoto2moto3レースだと、最大排気量クラスよりも行は控えめである。


2002年の最大排気量クラスの記録映像exitがある。この年は4ストロークエンジンの初年度で、
電子制御がまだ未発達だったため、バイクが深く傾いている状態からアクセルガバッと開けることが
できなかった。それゆえ、ダウンヒルストレート行が現在よりかなり控えめになっている。

90度コーナー

ダウンヒルストレートエンド90コーナー難易度が高く、テクニックを要する。


ブレーキングの初めは優しくソフトブレーキバーを握らねばならない。そして徐々に握りを強める。
いきなりガツンとブレーキを握ると一気にリアタイヤが浮いてしまう。

2014年金曜練習走行で、ダニ・ペドロサがいきなりガツンとブレーキバーを握ってしまい、
リアタイヤを思いっきり浮かせてしまった。exitリアを浮かせたまま130メートルも走ったらしい。


恐怖を感じるほどの急な下り坂をアクセル全開で走る状態からしいブレーキを行うので、

多くのマシンリアタイヤを1~2cm浮かせるジャックナイフとなる。

2011年のケーシー・ストーナーexit2013年のヴァレンティーノ・ロッシexitがここで止まりきれずに
オーバーランしてグラベル(砂)に突っ込んでいる。
MotoGP歴史に名を残すレジェンドライダーコースアウトする厳しいコーナー


また、ブレーキしすぎてスピードを殺しすぎてもいけない。
度のきついコーナーではなく90コーナーなので、ある程度のスピードを残してコーナーに入りたい。
このため、「もっとも強くブレーキングする場所」の座を僅差で5コーナーに譲っている。

90コーナーを過ぎてもまだ下り勾配が続きexitセカンドアンダーブリッジまで同じ傾斜の下りが続く。
下り勾配が続くせいでグリップが薄く感じられ、なんとも走りにくい。

このように90コーナー周辺は難しい。

最大排気量クラス重の重いハイパワーマシンだと90コーナー難易度は極度に高まり、
人間限界を越えるほどの難しさになる。それゆえ90コーナーでのパッシングは少ない。
あのマルク・マルケスですらこの90コーナーでパッシングしようとしていない。
ロスしないように上手くまとめるコーナーという感じ。

が降って濡れた路面になると、最大排気量クラスでも90コーナーでのパッシングをしやすくなる。
が降って濡れた路面だと滑りやすいので、電子制御を用の設定に変えてエンジンの出を抑える。
そのため、晴れいた路面の時よりも最高速が10km/hほど下がる。
90コーナーブレーキングの難易度もぐっと下がり、パッシングも多く見られるexitようになる。

セカンドアンダーブリッジ~最終コーナー

90コーナーを脱出したら可な限りマシンを右に寄せる。
Dunlopの看があるセカンドアンダーブリッジの中できちっとコース右に寄っているexitのが望ましい。

コーナー1発はかなりの高速コーナーで、をくぐってここを高速で駆け抜けるライダー
ピット側から写すexitのがテレビ中継の定番である。

コーナー1発マシン左側が路面に当たり火花を散らすexitこともある。

コーナー1発を過ぎた後はアスファルトが広がっており、exit転倒したライダーが滑るexitことがある。


コーナー2発と最終コーナー(ビクトリーコーナー)はS字になっていて、
最終コーナーに向けて右に切り返すところからぐっと上っている。exit


最終コーナー(ビクトリーコーナー)は隠れた難所となっている。

ここは急な上り勾配になっていて、上りきった頂点で直線にさしかかるので、
思い切りアクセルを開けたくなる。

しかしながら上り勾配を上りきった頂点はリアタイヤの荷重が抜けて滑りやすくなっているものであり、
そこでアクセルガバッと開けるとリアタイヤが滑ってしまう。
そして急にグリップが回復してライダーマシンからはじき出され、
絵に描いたようなハイサイド転倒になってしまう。

だから最終コーナーの立ち上がりは慎重にアクセルを開けなければならないが、
それを忘れた軽量級の若いライダーガバッとアクセルを開けてハイサイド転倒する例が後を絶たない。

2013年moto3決勝でランキング2位アレックス・リンス3位走行中にハイサイド転倒exitしたのも
この最終コーナーだった。3位で終わっていればランキング1位になって最終戦に進んでいたのに、
転倒でランキング3位へ転落してしまう。まさに運命を変える転倒になってしまった。

最終コーナー(ビクトリーコーナー)はイン側の狭い場所だけにカント(傾斜)が付いており、
アウト側にはカント(傾斜)が付いていない。
針に糸を通すような感じでカント(傾斜)が付いているイン側の狭い場所を通らなければならない。

走行ラインはたった1本だけで、パッシング不可能に近い。

レーサーからの評価(MotoGP)

ツインリンクもてぎはハードブレーキングサーキットであり、ライダーの両腕筋肉への負担が大きい。
MotoGPに帯同する医師によると、ツインリンクもてぎで腕上がりの症状を訴えるライダーは非常に多く、
世界トップクラスに腕を酷使するサーキットであるとのこと。

最大排気量クラスにおいて5コーナー90コーナーでのブレーキバーへの入は約8kg。
2リットルペットボトル4本を右手3~4本で引っり上げるのと同じ操作を行う。
それに加えて強そのものの減速Gがかかり、「重りを背負って腕立て伏せをする」と形容されるような
しい負荷が上半身にのしかかる。

また、ハードブレーキングサーキットであるがゆえに、ライダーへの精面への負担も大きい。
バイクを止めるというのは素人には簡単そうに見えるのだが、
2輪のバイクをしっかり止めて、コーナーの中でコントロールしつつ減速して、
しっかり向きを変えて立ち上がっていくのは非常に難しい作業なのである。
バイクの操作にほんのちょっとの狂いもミスも許されず、非常に正確な操作が必要になる。
そうしたブレーキングが絶え間なく延々と続くので、ライダーの精的な消耗もしい。

ツインリンクもてぎは厳しいコースで、体面でも精面でも充実していないと好成績を収められない。

MotoGPライダーのなかでも、ツインリンクもてぎがとても大好きだというライダー
非常に少ないらしい。

ライダーにとってはまさに過酷そのもの、試練の場所といえるだろう。

優勝者の傾向(MotoGP)

ここを得意としていたのはロリス・カピロッシexitで、最大排気量クラスで3連覇を達成した。
また2002年には2ストローク500ccマシン4ストローク990ccマシンに競り勝ち、
1位から7差の3位に入賞するという偉業を達成している。

ツインリンクもてぎでキャリア初優勝を飾ったライダーは5人いて、
中野真矢、青山博一ヨハン・ザルコダニーケントアレックス・マルケである。
いずれも「上位争いの常連で、もう少しで勝ちそうなのに初優勝を逃し続けていた」というライダーばかりだった。
そして、この5人のうち4人が後に世界チャンピオンになっている。

関連項目

外部リンク

ツインリンクもてぎexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%82%E3%81%A6%E3%81%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ツインリンクもてぎ

1 ななしのよっしん
2010/11/09(火) 20:18:02 ID: p6WkU4uPcY
結標淡希万歳
中野梓デジモンテイマー
M1エイブラムスストライクフリーダムカスタム
シーウルフアークエンジェル
2 ななしのよっしん
2010/11/09(火) 20:19:18 ID: S9xp9k+IaS
なにこの>>1
3 ななしのよっしん
2010/11/20(土) 23:05:59 ID: EZwzS2+Yv3
昨日ここ行ってきた。
平日の何もやってないときに入場料1200円は高かったけど、ミュージアムは十分満足できた。
4 ななしのよっしん
2011/03/29(火) 13:27:08 ID: y1GwT2Uwf2
>>1
なぜもてぎであわきんが出てくるんだ…
5 ななしのよっしん
2016/10/06(木) 23:12:00 ID: UUFRuy0UXH
1999年250cc中野真矢さんも初優勝。
6 ななしのよっしん
2017/07/18(火) 18:15:05 ID: Z1rhDj2mwv
なんて詳しい記事だ

急上昇ワード