ツキノワグマ単語

ツキノワグマ

ツキノワグマとは、哺ネコクマクマ属の食獣(ただしやや食系)である。

概要

ヒグマとは違って本州にも生息しているクマで、元は九州まで分布を広げていたが、2012年九州生息の個体群は、ニホンカワウソと同じく絶滅扱いとされた。
ツキノワグマのツキノワとは、そのままのことをし、い体毛の中において胸に三日月のようない模様が出来ることから、そういった名前がついた。
たまにこのの模様がない個体もおり、そういったものは「みなぐろ」という称で呼ばれることもある。 

あまりにもヒグマが化け物過ぎていろんな事件を起こしているせいであまり陽のの当たらないクマであるが、危険度はヒグマとそんなに変わらない。しかも最近はヒグマと同じく人に降りてくることもしばしばである。
ヒグマは一定のテリトリーを持っているが、ツキノワグマは特に縄りを決めず行動する。そのためヒグマ以上に人里に出現してくる可性が多くなっている。
生息地に餌がなくなり住みにくい環境になったためだが、このことで生息数を減らしたりしている。四国のツキノワグマなどは絶滅を危惧されている地方クマとして有名だろうか。

生態

ヒグマより体格はやや小さく、体長は120cmから180cm程度、体重もオスの最大が150kg程度である。大きさで言えば下手をすると大程度の大きさにならない者もいる。

基本的にはヒグマと同じ雑食性であるが、ヒグマべれば食寄りの食生活を送る。内に生息し、果実や昆虫などを食べるほか、動物の死骸も好物である。

や習性はヒグマと大体同じで嗅覚が強い。も強いがヒグマべると小クマなため、駆除や撃退はヒグマよりはやりやすい。
ただ、あくまでもヒグマよりマシというだけの話なのでツキノワグマに出くわした時点で相当ハードな状況であることはまず理解しなくてはいけない。

実際ツキノワグマによる死亡事故過去より何回も起きていることである。なめてかかれば死ぬのは人間の方である。

トリビア

実は東京にも住んでるぞ!

もちろん大都会の中でツキノワグマがサラリーマンをやっているわけでも、暴力団の構成員になっているわけでもない。

東京と一言でいっても、実際は結構広い都市である。
イメージが薄い人もいるかもしれないが、東京にも自然あふれる土地はあるのだ。そしてそこに、ツキノワグマは少数ながらも生息しているのである。

実際ツキノワグマの遭遇談・撃談はよく報告されている。ちなみによく撃されるのは多摩方面や八王子など、まだ自然の残っている部分が多い土地である。

対処法はヒグマと同じ

火を怖がらない、逃げると追ってくる、基本臆病だから睨めば逃げることが多いなど、ツキノワグマと出会った時の対処法は、大体ヒグマと同じである。
そして、ヒグマもそうだが、ツキノワグマが最初から好戦的な態度でこちらに向かってきていて、明らかに逃げられない状況にあった場合は、勇気を出して戦うことが大事である。
逃げても追いつかれるし、死を好むツキノワグマには死んだふりなどまず通用しない。
生き延びたければ、諦めるよりも戦って死のうという気概があったほうが、生存確率は少しでも高くなるのだ。 

ヒグマべれば、まだツキノワグマは戦える相手である。だがクマはどの種類も総じて身体が筋肉の塊なので、闇に攻撃しても撃退は出来ない。
よって撃退時は、固いものなどを手に持ち、鼻など急所に強な一撃を当てて、ツキノワグマの戦意を喪失させることが最優先である。当然クマにはいろいろなところに急所があるが、一番手っ取りいのはやっぱり「鼻」である。
ヒグマだと下手をするとデカ過ぎて急所の鼻に届かないまま殴られて即死もありうるが、身体の小さいツキノワグマならまだワンチャンス残されている。 

実はあるヒグマと異なる特徴

身体の大きさや毛の色以外に、このツキノワグマが得意なことがある。それは木登りである。

ヒグマは幼い頃こそ木に登ることがあるが、成長するにつれて身体が大きくなりすぎてしまい、木登りが苦手になっていってしまう傾向がある。
しかしツキノワグマは大きさ的にに捉まって踏んれるサイズであるため、成獣になっても木登りが出来るという個体は多い。

ツキノワグマから逃げる時、木登りは有効なようだが、ヒグマとは違って木に登ってくる可性が高いのは難点。しかし木に登っている時点でツキノワグマの行動は制限されるし、こちらが先に登っている状況になるのは間違いないので、攻撃するうえで、優位に立ちやすい。

あとはツキノワグマが諦めるまでのべである。 

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%84%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%AF%E3%82%B0%E3%83%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ツキノワグマ

16 ななしのよっしん
2017/07/14(金) 15:36:39 ID: T0PT7inRkd
>>14-15
何をしたいのかわからない
結局どうしろってのよ
17 ななしのよっしん
2017/07/14(金) 17:04:09 ID: KS3ZWta0x+
単に餌が少なくなっただけなら、人里に出てくるのもあるだろうけど
飢え死にするから数が減ってそのうち餌が足りるようになるはずで
そうなると生息数の減少もあってそのうちあまり見なくなるはずだけど
現実には撃数は減っていないようだからな
18 ななしのよっしん
2017/07/14(金) 22:53:34 ID: HnwXCyXwqK
>>16
三行にまとめるとだな、
クマの生息数や生息域はここ10年程度のトレンドでは減ってはいない(むしろ逆の可性大)
クマの性質が変わったというより、人間側の対応が変わった(暴になりうるクマの狩猟による期排除がなくなった)
クマによる人身事故を減らす確実な方法は、ある程度の狩猟圧による頭数調整。

ということ。
捕獲したクマを痛めつけて放獣して、人間が怖いと学習させるなんてのがあるが、コストのわりに効果あるのか不明。
人間を怖がってた時代のクマはもちろんそんなことされていない。
そういう時代のクマは、人間に出会う≒猟師に出会う≒死でしかなかったから。
特に効果が不明ってのは、例えば人間にかみつく野を痛めつけてまた放したら、もう人間に近づかないになるのか?
そんなわけはないのはでもわかる話なのになぜかクマでは有効と考えられてるのはなぜなんだぜ?
19 ななしのよっしん
2017/10/03(火) 22:25:58 ID: 6l+898Sj/9
々に処分できるが、クマはそういうわけにもいかないという単純な理由だよ。
20  
2017/10/15(日) 08:41:25 ID: HnwXCyXwqK
>>19
というのは本的にもともと人に対する警心が薄いので、人に攻撃されても人を避けるようにはなりにくく、逆に攻撃的になりうる。
なのでを懲らしめて人をかまないに仕立て上げることは難しい。きちんとしつけて管理しないとな。

クマに関しては、結局一度人に対する警心が薄れ切ったものに対して、人に対する警心を復活させれるのか?というのがきちんと研究されているとはいいがたい。
むしろ、逆の事例はいくつかある。
猟師に撃たれたことのある手負いのクマは、いわば人から危を加えられて、人に対する警心が芽生えたクマのはずであるが、
そうしたクマがのちに人を襲う事例はある。

はっきりいって、コストのわりに効果が期待できないとしかいえない。
21 ななしのよっしん
2018/03/16(金) 11:46:32 ID: /sqS0VLqnq
>>12
日本亜種であるニホンツキノワグマは立っても150cmくらい
でも人間には勝てる
22 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 19:32:39 ID: L2RrXwe5MA
一般に高身長人間が強いとされるのはリーチと、何よりウェイトによるところが大きい訳で
単純な身長より筋肉断面積とウェイト、それとと牙という人間にはい'武器'に注した方がいいという話よな
そもそも相手は素で武装してるようなもんだから、人間の側も武器持ってなけりゃ話にならん
23 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 08:57:00 ID: UwRE9dYgR2
日本自然って思ってるよりもヒトの手が入っているんだよね、かつてはほとんど里山だった
自然の一部」の人間が役割放棄した結果が野生動物と人の轢だと個人的に思ってる

けどハンティングが趣味です!って言うとドン引きされそうでな
狩猟免許家族に相談したら止められてる
24 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 12:45:45 ID: 6Vl85VkeEL
食料の増加による個体数の増加と、それによる過密化がここ数年の人里に降りてくる原因じゃなかった?
25 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 23:35:09 ID: dqfNf7DeY1
英語ウィキペディア見たら日本では密漁されていて日本の当局はこの種の保護をおろそかにしている的な事書いてあるけど絶対大丈夫だと思うんですけど

韓国ウィキペディア翻訳したら日本半島ツキノワグマ全滅させたってのも適当日本べて高すぎる方としての需要と植不足、オンドルでの木材の過剰消費+商業未発達からの共有地の悲劇で日本領になる前にはもうの息なのになぁ