ツシマヤマネコ単語

ツシマヤマネコ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ツシマヤマネコとは、動物の一種である。

概要

ネコ科の動物で、アジアに広く生息するベンガルヤマネコの亜種。英名は「Tsushima leopard cat」、学名は「Prionailurus bengalensis euptilurus」。その和名どおり長崎県対馬にしか分布していない固有種であり、森林田畑辺に生息している。

頭胴長は5060cmで、体重は3~5kgほど。イエネコべると胴長短足で、尻尾は太くて長い。またの先は丸まっており、の裏側にはい斑点がある。

エサは森林に生息するネズミ鳥類昆虫しかしながらの開発に伴う森林伐採や人工化により、その生息環境は悪化。それに加え、自動車に轢かれる交通事故害獣捕獲用のでの事故死、飼い猫からのFIVネコエイズ)感染も相まって個体数は著しく減少した。

日本の野生のネコイリオモテヤマネコとツシマヤマネコの2種しかおらず、どちらも環境省レッドリストでは「絶滅危惧IA種(CR)」に選定されている。ただ発見が大々的に報道されたイリオモテヤマネコべるとその知名度は低く、前者は特別天然記念物なのに対し、後者天然記念物に留まっている。

こうした知名度の差に反して、繁殖計画はツシマヤマネコのほうが順調に進んでいる。その要因は、内の動物園にある。まず怪などで保護したツシマヤマネコを用いる繁殖が福岡市動物園2000年からスタート。その後飼育法や繁殖法が概ね確立され、伝染病や災害での全滅を避けるために全各地の動物園に分散された。また効率的な繁殖を行えるよう、動物園間でツシマヤマネコを貸し借りする「ブリディングローン」も盛んであり、近親交配を避ける・高齢で繁殖できない個体は園内で展示されている。

しかし人工的な繁殖には成功しているものの、野生復帰の処は立っていない。対馬に戻しても自生できるのか怪しいこと、内の生息環境が回復していないことがな理由である。このまま野生の個体が減少していけば、絶滅の一歩手前となる「野生絶滅(EW)」と評価される事態になりかねないだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%84%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ツシマヤマネコ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ツシマヤマネコについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2020/02/29(土)10時更新