ツチブタ単語

ツチブタ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ツチブタ(土豚)とは、動物の一種である。

概要

ツチブタツチブタ科ツチブタ属に属する動物で、同・科・属において現存するものは本種しかいない。学名は「Orycteropus afer」。英名は「Aardvark」で、アフリカーンスの「Aard(土の)」「Vark)」をそのまま訳したものが現在の和名につながったとみられる。

体長は100160cm前後、そのうち尾が4560cmで、体重は40kgほどある。体毛は色かみがかった灰色。地面を掘る際の摩耗で、老齢の個体ほど毛が薄い傾向にある。「ブタ」という名のとおり、鼻の先端は坦で、四肢は短く、「ブーブー」と鳴く。ただブタと一致しているのはこれくらいで、長い鼻、長く垂れ下がった尾、前足の発達したなど、分類学的にはアリクイの方が近い。またウサギのようにピンっと立った大きなも特徴的である。

アフリカ大陸サハラ砂漠以南のほとんどの地域に分布しており、エサであるアリシロアリが1年中獲れる地や開けた森林に生息している。前足のですばやく地面を掘り、エサを見つけたりトンネル状の巣を作ったりする。外敵やぐための一時的なものもあるが、複数の出入り口を備えた数十メートル以上の長さの巣最低1つは持つ。また臆病な性格で、外敵と出会ってもすぐ巣へ引っ込んでしまうことから、野生のツチブタと出会うのは難しいとされる。

基本夜行性で、群れではなく単独で生活している。尾の付け根には臭腺があり、そこから分泌される黄色い刺物で縄り行動をとる。ただおとなしい性格であることから、縄りが他のツチブタのものと重複しても戦ったりはしない。

ツチブタが放棄した巣ヘビなどの小生物も利用するため、生態系の維持につながっている。しかし地面を掘り返すという特性上、農牧地ではひどく嫌われており、駆除の対になる。また古代エジプトセトの頭部がツチブタであることから、秘的な特性を持つと一部で信じられており、本種のなどはやお守りとして利用される。

IUCNのレッドリストでは最も絶滅の危険性が低い「低危険種(LC)」に分類されており、日本でも複数の動物園で飼育されている。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%84%E3%83%81%E3%83%96%E3%82%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ツチブタ

1 ぶひひん
2019/07/20(土) 18:25:56 ID: YqgoS9LItT
思ったようなじゃなくてウケた

急上昇ワード