ツルマルボーイ単語

ツルマルボーイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ツルマルボーイとは、1998年まれの日本の元競走馬・種である。

な勝ち2004年安田記念

概要

ダンスインザダークルマルガールサッカーボーイという血統。SS産駒の菊花賞でこれが初年度産駒。GⅢ朝日チャレンジCを制し、兄弟や近親にもOPが多い、まあまあの良血であった。

兄弟も管理した橋口次郎厩舎に入厩。2歳(旧3歳)7月デビュー戦を勝利で飾る。新種ダンスインザダークにとって、これが中央での産駒初勝利だった。が、その後はそれなりの人気を集めながらなかなか勝てず、やっと2勝を挙げたのは3歳5月の矢賞(500万下)。のGⅠには全に乗り遅れてしまう。まあ、この年の3歳戦線は出たところで相手がアレソレコレだし厳しかっただろうが…。

休養してに復帰するが条件戦で勝ったり負けたり。翌2002年の初戦で久々勝利を挙げる。ちなみにこの時の2着はかのハートランドヒリュである。この後昇級戦で上がり最速の3着とし、格上挑戦でGⅢ中京記念に出走。メンバーが手薄だったこともあり3番人気に支持され、またも最速の末脚で5身突き抜け圧勝。大阪杯は5着に敗れるが、OPメトロリタンS、GⅡ金鯱賞とやはり上がり最速の末脚で快勝し、人気サイド宝塚記念に挑戦。ここでもよく追い込むが、ダンツフレームの根性の前に2着惜敗。京都大賞典で2着とするが天皇賞(秋)では自己最悪の11着。その後蕁麻疹の影で休養する。

2003年、復帰戦の大阪杯久々ながら3着と好走。天皇賞(春)はさすがに長かったか4着。宝塚記念は前年同様大外から猛然と追い込むがヒシミラクルを捕まえきれずまたも2着。なんだかシルコレ臭が・・・。天皇賞(秋)に直行するがシンボリクリスエスの2着。JCタップダンスシチーの逃げ切りを眺めるだけの15着。有馬記念シンボリクリスエスを眺めるだけの4着。年間通して善戦するが、勝ちのないまま1年を終える。そんなこんなをしているうちに菊花賞でザッツザプレンティが勝ち、産駒GⅠ勝利も掻っ攫われてしまった。

2004年、3年連続で大阪杯から復帰するが6着。6歳になり、中距離では体的に厳しいと判断したのか、3歳以来のマイル戦となる安田記念に駒を進める。単勝は11.3倍の6番人気。3年以上ずっと中距離を走ってただし、血統的にもマイル要素が見当たらない。確かに人気割れていたが、それでも買えるかどうか微妙な感じだった。

しかし初コンビ安藤勝己はいつにない意気込みで臨んでいた。というのも、安田記念の前の週、安藤キングカメハメハダービーを勝ったのだが、この時2着だった橋口厩舎のハーツクライ安藤のお手だった。安藤は、中央移籍前から世話になっていた橋口師の悲願だったダービーで騎乗依頼を断ったことが心残りで、なんとか借りを返したいと思っていたという。するとそれまでツルマルボーイに騎乗していた横山典弘(ダービーハーツクライの手綱を引き継いだのも彼)がローエングリンの先約で乗れなくなり、手がいていた安藤に依頼が舞い込んだのである。

灼熱だった前週のダービーから打って変わって、が降りしきり、稍重発表とはいえかなり重い馬場になった安田記念安藤はこのの戦法に逆らわず後方に控える。前はメジロマイヤーが1000m57.5という、この馬場では暴走でしかないペースで逃げていく。誤ってゴーグルを全部外して迎えた直線。普段は大外を突っ込んでいたツルマルボーイだが、今回はタイミングよく開いた群の間をすり抜け、馬場ん中を突いて末脚を伸ばす。先行勢はハイペースに付き合わされて疲弊しきっていた。最後はやはり後方に控えていたテレグノシスに詰め寄られるがクビ差振り切って勝利にとって悲願のGⅠ勝利を成し遂げ、安藤はわずか1週間で橋口師に借りを返した。

その後、ツルマルボーイは中距離戦線に戻るが勝ちを挙げられず、有馬記念を最後に引退した。種としてアロースタッドに繋養されたが、ダンスインザダークが現役バリバリだったこともあって人気は集まらず々にスタッドを後にした。現在去勢され、福島ノーザンファーム栄にてスタッフの乗練習として繋養されているらしい。ツルマルボーイ、ザッツザプレンティ々に種引退デルタブルースが種になれなかったこともあって、ダンスインザダークの後継者はかなり怪しい状況になっているのが現状である。

関連動画

関連商品

ツルマルボーイに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%84%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ツルマルボーイ

1 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 17:32:30 ID: IvzOHiR53/
サッカーダンスバリバリステイヤー血統なのにマイラーが生まれちゃうのが競馬の面さだが ほかのダンスインザダーク産駒がステイヤー過ぎて駆逐されてるから後継としては一番可性あったのに惜しい事だなぁ

急上昇ワード