ツーステップバス単語

ツーステップバス

ツーステップバスとは、出入口の段差が二段あるバスのことである。

概要

かつてのバス流。一般路線バスからはバリアフリー対応の面から急速に姿を消しているが、企業学校の自用送迎バス、構造上低床化の難しいマイクロバス、大出エンジンと大きな荷物入れを必要とする観光・中長距離高速バスでは未だに流である。(ちなみにツーステップバスでもバリアフリー対応が出来ないのかというとそうでもなく、車いすリフトを付けたマイクロバス観光バスが存在する)

メリットとして内へタイヤハウスエンジンなどが飛び出していないので収容に優れる。内のフラット間が広いので座席を多く設置できる他、立席スペースを広く取れる。床下のスペースも広いので大出エンジンを積んだり、バゲージスペースとしたりする場合もある。

余談だが、岡山県宇野自動車宇野バス)は「着席がお客様への最大のサービス」というポリシーを持っており、2000年までツーステップバスを積極的に導入していた。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%84%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%90%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ツーステップバス

1 ななしのよっしん
2016/09/04(日) 21:18:07 ID: PfjzGdQUxy
名古屋ガイドウェイバスも、同様の理由でBRCハイブリッドツーステとかトンデモが導入されたりしたんだけどね。