ティム・ヘンマン単語

ティムヘンマン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ティム・ヘンマンはイギリス(イングランド)の元テニス選手である。アンディ・マレー登場前、イギリスの期待を一身に背負っていた。

概要

1990年代後半から2000年代にかけて活躍したイギリスのサーブ&ボレーヤー。サーブで崩すよりもネットに出てから勝負する本格サーブ&ボレーヤーで、このスタイルトッププレイヤーとしては最後に残った選手と言っても過言ではない。ジュニア選手、祖ミックスダブルスでペアを組みウィンブルドンに出場。さらに曾祖ウィンブルドンプレーしたと言うテニス一家に育った。

1996年ウィンブルドンでのベスト8で頭をあらわす。同年、アトランタ五輪ではダブルスでメダルを獲得している。その後、ウィンブルドンでは1998年1999年2001年2002年ベスト4進出があったが、全てその年の優勝者に負けてタイトルは獲れなかった。特に2001年の準決勝はゴラン・イバニセビッチに対して第3セットを6-0で奪い優位に立っていたが、による中断で流れを切られ、逆転されてしまった。

キャリア終盤はストローを磨いて、ベースライナー全盛の時代に対応した。その甲斐あって2003年にはパリMS優勝30歳を迎える2004年には全オープンと全オープンベスト4に残っている。しかしその後は立った活躍は出来なくなっていった。最後の決勝は2006年ジャパンオープンだが、ロジャー・フェデラーストレートで敗れている。

彼の全盛期にはウィンブルドン優勝への期待から「ヘンマニア」と呼ばれる熱狂的なファンが付いていた。現在マレーマウントと呼ばれるコート外の丘はヘンマニアたちが集まるため「ヘンマン・ヒル」と呼ばれていた。結果的にファンの願いには応えられなかったが、彼の後をアンディ・マレーが継ぐことになる。

主な実績

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ティム・ヘンマン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ティム・ヘンマンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2020/02/29(土)04時更新