ティムール朝単語

ティムールチョウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ティムール朝またはティムール帝国(1370-1507)とは、現在ウズベキスタン中央部を発祥とする、中央アジアからイランにかけて存在したイスラーム帝国である。首都はサマルカンド。

数あるモンゴル帝国の後継国家の内の一つであった。

(王、一族)としてのティムール王は、この帝国のみならず、このの後継に当たるムガル帝国をも統治した。そのため「ティムール朝」を王として見た場合、それはティムール帝国の創設(1370年)からムガル帝国の滅亡(1858年)まで、実に約500年間継続したことになる。ムガル帝国を第2次ティムール帝国と見做すことができるのもこのためである。

概要

モンゴル帝国ウルスの一つ、チャガタイハンが分裂した西チャガタイハンからティムールにより建された。当時、チャガタイハンは分裂の様相を呈しており、東チャガタイハンによって1360年に一時的に統一されるもその後すぐに分裂状態に戻った。こうした中でティムールは勢を伸ばし、チンギス・ハンの子孫を形式的なハンとし、自身はその婿としてアミール・キュレゲン(ハン婿の意)を名乗って建した。

その後、彼はチャガタイハンの領域を統合。ホラズムを征し、ジョチ・ウルスに介入して同を安定させると、イラン方面へ侵攻。ジョチ・ウルスとの関係が悪化すると、カフカスを通り首都サライを襲って破壊し、イラン定を継続1398年には矛先をインドへ変えて、デリーを占拠。アゼルバイジャン王子が反乱を起こすとこれを討ち、これに加担したグルジアを攻撃。加えて、マムルークと対決して、ダマスカスを占拠。更にアンカラの戦いでオスマン帝国勝利して、スルタンであるバヤズィトを捕虜とし、アナトリアまでを勢圏に組み込んだ。明征を計画して東征する途上でティムールは死亡するが、こうした征運動によってできた彼のの領域はモンゴル帝国の西側を覆った。

ティムールの死後、各地で知事としていた息子たちが王位を巡って争いあう状態が発生。ティムールの第四皇子シャー・ルフはこれをおさめて、交易を振し、中央アジアにはイスラム文化が開いたが、彼の死後には再度混乱が発生し、イラン西部に奪われた。こうした混乱が十年以上続いたのち、アブー・サイードは一時的に統合するが、彼が白羊との戦いで討たれると、帝国はサマルカンドとヘラートの政権に分かれた。

こうした混乱の中でウズベクのシャイバーニーがサマルカンド、ついでヘラートを奪取し、帝国は滅亡した。ティムール朝の王子バーブルはサマルカンドを取り返したが、維持ができずに失陥。ホラーサーンに逃れ、アフガンを抜け、最終的にインドのデリーでムガル帝国を起こすこととなる。

関連動画

ティムール帝国に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

ティムール帝国に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ティムール帝国に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

前身

周辺諸国

後継

領域

ティムール朝の版図を現在領有している国家を示す。

人物

その他

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%9C%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ティムール朝

5 ななしのよっしん
2016/12/26(月) 03:32:51 ID: g9tktzNZkB
>>4
日本の書籍で「ティムール朝」と書いて「ティムール帝国ムガル帝国の総称」とする記述なんて見たことない

それは根本の理解からして間違ってるんじゃね?
日本でもティムール朝ティムール帝国は使い分けるよ。むしろ同じ論文中で不用意に混同でもしようものなら速攻で「どういう意図で使い分けてるんですか?」とツッコミが入るレベル
ただし、使い分けた場合のティムール朝国家ではないので「ティムール帝国ムガル帝国の総称」なんて用法は最初からない。
元々そういう使い方をする言葉ではないのだから「そういう記述を見たことない」というのは当たり前と言えば当たり前。

ちなみに「」は王の意味で、国家とは全く別の概念。
帝国と区別して「ティムール朝」と書いたら「ティムールから始まる王」をす。
は複数の国家に跨がることがあるし、一つの国家は複数の王を含むことがある。
ついでにWikipediaでの話をするなら(Wikipediaを参考にすること自体は賛成できないが)日
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
6 ななしのよっしん
2016/12/26(月) 03:47:53 ID: g9tktzNZkB
まあ、もっともな摘ではあるんで自分が摘されたら直すけど、細かいところなんで何かのついでに直ればいいんじゃないの?(自分も摘を読むまでは気にならなかったし)

直すなら「ティムール帝国(1370-1507)とは……存在した帝国である。ティムール朝とも呼ばれる」あたりかな。
今の「ティムール帝国は……王である」だと日本語としておかしいからね。
むしろ自分はこっちのほうが気になった。
7 ななしのよっしん
2017/03/11(土) 16:52:09 ID: I2dw/H6j7i
領土拡は凄まじかったけど、あくまでも間最大速で持続性なし、文化的な遺産といわれるとうーんって感じの帝国
8 ななしのよっしん
2017/03/28(火) 22:06:37 ID: i3W0IrrGsd
オスマン帝国を破って一時的に滅亡させたりと、なかなかだけど
結局最近まで残ったオスマン帝国べるとなぁ・・。
9 ななしのよっしん
2017/09/09(土) 11:57:20 ID: w9hnS2Re/k
逆に建初期に勢いがあり過ぎたのも衰退がかった原因。
ローマにしろオスマンにしろ長く続いた帝国は建当初は
あまりがなかったし。
10 ななしのよっしん
2018/03/18(日) 18:20:43 ID: Maop3WCarB
>>9
が長く繁栄するパターンとしては2代目3代が基礎を固めた場合もあるよね
ただティムール帝国に関しては3代がうまいこ混乱を納めて諸王子も削いだり商業が振したりと良いことやってるのに次代でまた諸王子をつけちゃって混乱しちゃった
アゼルバイジャン地方を失ったせいで王の権威権が低下したせいかな?
11 ななしのよっしん
2018/09/24(月) 12:55:05 ID: dTkNTRN/rK
ティムールがウズベク英雄扱いされてるのがめっちゃくちゃ皮だな
12 ななしのよっしん
2018/09/24(月) 20:35:39 ID: I2dw/H6j7i
モンゴル社会からしてもイスラム社会からしてもティムールの血統は権威も何も無い成り上がり者以外の何物でもいわけだしな
そりゃカリスマ性のあるティムールが死んだら崩壊するわ
13 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 14:20:10 ID: w9hnS2Re/k
実はティムールの死後すぐに帝国が崩壊したわけじゃないんだけどね…
シャー・ルフの時代までは全盛期ほどではないにしてもを保ってる。
14 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 17:36:03 ID: 5dtuJfc/rK
どっちかって言うとシャー・ルフの死が終わりの始まりだよね