ティムール朝単語

ティムールチョウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ティムール朝またはティムール帝国(1370-1507)とは、現在ウズベキスタン中央部を発祥とする、中央アジアからイランにかけて存在したイスラーム帝国である。首都はサマルカンド。

数あるモンゴル帝国の後継国家の内の一つであった。

(王、一族)としてのティムール王は、この帝国のみならず、このの後継に当たるムガル帝国をも統治した。そのため「ティムール朝」を王として見た場合、それはティムール帝国の創設(1370年)からムガル帝国の滅亡(1858年)まで、実に約500年間継続したことになる。ムガル帝国を第2次ティムール帝国と見做すことができるのもこのためである。

概要

モンゴル帝国ウルスの一つ、チャガタイハンが分裂した西チャガタイハンからティムールにより建された。当時、チャガタイハンは分裂の様相を呈しており、東チャガタイハンによって1360年に一時的に統一されるもその後すぐに分裂状態に戻った。こうした中でティムールは勢を伸ばし、チンギス・ハンの子孫を形式的なハンとし、自身はその婿としてアミール・キュレゲン(ハン婿の意)を名乗って建した。

その後、彼はチャガタイハンの領域を統合。ホラズムを征し、ジョチ・ウルスに介入して同を安定させると、イラン方面へ侵攻。ジョチ・ウルスとの関係が悪化すると、カフカスを通り首都サライを襲って破壊し、イラン定を継続1398年には矛先をインドへ変えて、デリーを占拠。アゼルバイジャン王子が反乱を起こすとこれを討ち、これに加担したグルジアを攻撃。加えて、マムルーク対決して、ダマスカスを占拠。更にアンカラの戦いでオスマン帝国勝利して、スルタンであるバヤズィトを捕虜とし、アナトリアまでを勢圏に組み込んだ。明征を計画して東征する途上でティムールは死亡するが、こうした征運動によってできた彼のの領域はモンゴル帝国の西側を覆った。

ティムールの死後、各地で知事としていた息子たちが王位を巡って争いあう状態が発生。ティムールの第四皇子シャー・ルフはこれをおさめて、交易を振し、中央アジアにはイスラム文化が開いたが、彼の死後には再度混乱が発生し、イラン西部に奪われた。こうした混乱が十年以上続いたのち、アブー・サイードは一時的に統合するが、彼が白羊との戦いで討たれると、帝国はサマルカンドとヘラートの政権に分かれた。

こうした混乱の中でウズベクのシャイバーニーがサマルカンド、ついでヘラートを奪取し、帝国は滅亡した。ティムール朝の王子バーブルはサマルカンドを取り返したが、維持ができずに失陥。ホラーサーンに逃れ、アフガンを抜け、最終的にインドのデリーでムガル帝国を起こすこととなる。

関連動画

関連項目

前身

周辺諸国

後継

領域

ティムール朝の版図を現在領有している国家を示す。

人物

その他

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%9C%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ティムール朝

13 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 14:20:10 ID: w9hnS2Re/k
実はティムールの死後すぐに帝国が崩壊したわけじゃないんだけどね…
シャー・ルフの時代までは全盛期ほどではないにしてもを保ってる。
14 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 17:36:03 ID: 5dtuJfc/rK
どっちかって言うとシャー・ルフの死が終わりの始まりだよね
15 ななしのよっしん
2019/10/27(日) 18:14:27 ID: 4daV0wmWD3
最近では3色の組み合わせ名かな?
16 ななしのよっしん
2020/01/20(月) 22:15:02 ID: e3O7qYVtM5
広大帝国軍事と人事をほとんど一人で切り盛りしてたような人が死んで、即帝国崩壊とならなかったのは奇跡といえる
17 ななしのよっしん
2020/01/29(水) 18:53:56 ID: 9fW0bbLTzl
最近、興味を持って色々と調べてるがティムールって意外と特徴的というか何というか面
前までチンギスハーン劣化版みたいな印持ってたが、案外似てる部分少ないね

ミーラーン・シャーとかチンギスだったら絶対処刑して後顧の憂いを絶ってるだろうに
その子孫がムガル帝国の始祖バーブルになるんだから歴史は面
18 ななしのよっしん
2020/02/09(日) 17:44:41 ID: OMLGM1XPED
>>11
でもティムールの出自はウズベキスタンと同じトルコ系じゃなかったっけ?
首都があったサマルカンドは歴史的にペルシャ系のタジク人が多数だった都市だが
19 ななしのよっしん
2020/02/10(月) 21:34:49 ID: H/1N82bp6F
>>18
>>11が言ってるのはティムール朝を滅ぼしたのがウズベク人のシャイバーニーで、その末裔がティムールを称賛することへの皮かと

ちなみにティムールはチンギス・カンと同じ先祖を有する一族の分自称してるから一応モンゴル系(かなりトルコ系と混血してるだろうし、あの時代モンゴル系/トルコ系を区別することに意味なんてあるのか?というとこはあるけど
20 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 05:28:22 ID: I2dw/H6j7i
ソ連の学者が死体から顔を復元したらモンゴロイドベースにコーカソイドが混ざっている貌になったんだよな
21 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 05:47:43 ID: I2dw/H6j7i
ムガル帝国の末裔のフマユン・A・ムガール氏の貌を見ると、流石にもうインド人の血が濃くなりすぎて普通インド人のおっちゃんにし見えずにモンゴロイドの特徴は消え失せているな
https://www.mughal.netexit
22 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 09:17:27 ID: 9fW0bbLTzl
>>19
本人は結局、どこまで自分の系のこと知ってたんだろうね?
はっきりしてるのは親父タラガイだけで、後は子孫がチンギスとの繋がり強調するために系図作ったみたいね

最終的にはハーン擁立しなくなって、死んだ直後はまた傀儡ハーンが出てきて、かと思えばシャールフは擁立しない
ところがウルグベクになってまたハーンを引っり出してくる

子孫もどうやって支配に正統性持たせるか迷走しちゃってるよね

おすすめトレンド