テトリス武闘外伝単語

テトリスバトルガイデン

テトリス武闘外伝とは、友情破壊系落ち物パズルゲームである。

概要

1993年12月24日発売。発売元はボンブリステトリスベースにした落ちゲーを開発したBPS

様々な点で従来のテトリスとは異なったゲーム性が特徴。
まず、「武闘」のタイトル名が示すように対戦に特化したゲーム性が本作最大の特徴。CPUと対戦するストーリーモードか、2P対戦モードしかなく、1人でテトリスを続けるプレイ(従来で言うエンドレスプレイ)は今作には存在しない。
個性豊かなキャラクターや、ストーリー仕立てになっているCPU対戦モードも本作ならではの特徴である。各キャラクターは様々な必殺技(後述)を有しており、これに関わる駆け引きが対戦を盛り上げさらにリアルファイトを誘発する大きな要素である。

以上のように、従来のシリーズ論、以降のシリーズ較しても異色の作になっており、そのためか今日でも多くのファンがおり、根強い人気を維持している。
ニコニコ動画においてもプレイ動画TAS動画が多く投稿されている。特に鬼畜プレイをする動画には「テトリス外道外伝」なるタグが。誰がうまいこと言えと

ルール・システム

基本のルールテトリスに則る。ラインえてブロックを消すと、そのときえたラインと同じ数だけ相手フィールドラインが下からせり上がる(その際はライン中のどこか1ブロックいた状態でせり上がってくるが、ある程度同じ列がくようになっているため長棒のテトリミノを差し込めばすぐに打ち返すことも可)。
フィールドの一番上までブロックを積み上げてしまった方が負け。
待機ブロックは中央のNEXTに3つ後まで表示。この1P2Pで共有で、欲しいテトリミノが出現した時は素現在テトリミノを落とすなどし、相手に先駆けて回収する必要がある。従って長棒や、後述するクリスタルブロックの含まれるテトリミノを相手に取らせない等の戦略が出来る。
対戦が長引くとブロックの落下スピードが上昇するが、間隔は較的緩やか。

通常のブロックとは異なる、二種類の特殊ブロックが存在する。

オプション

タイトルオプションより、ゲームに関する設定を変更することが出来る。
本作のオプションは非常に多機で、ゲームにおける細部の設定まで変更できるのが特徴。スピードバランスや、必殺技の発動に必要なクリスタル数が調節可クリスタルブロックの出現間隔も調節でき、全テトリミノにクリスタルを付随させるというとんでもないプレイも可。さらにプレイモードも大きく変更でき、通常のBATTLEモードクリスタルが撤されたTETRISモード、そしてRENSAモード(後述)から選択できる。
サウンドテストや、ステレオ/モノラル切り替えも搭載。

登場キャラクター

ファンタジー性が強い本作のストーリーりを添える10人のキャラクター。このうちプレイアブルキャラクターは8人で、2人はCPU専用のボスキャラクター(2P対戦モードでは隠しコマンドを入することでボスキャラクターも使用可)。
強大なドラゴンが存在する世界舞台で、それぞれが異なる的でドラゴンが居を構えるし、冒険の旅に出る。
選択したキャラクター以外の7人と対戦(順番は任意)し、全員を下すことでドラゴンと対戦できる。

プレイアブルキャラクター

ハロウィン

いたずらお菓子が大好きなかぼちゃ男。言うまでもなく同名のお祭りモチーフで、一人称は「オイラ」。いたずらの相手としてしょっちゅうミルルンターゲットにしているよう。
ドラゴンが隠し持つと言われる、大量のお菓子を奪い取ることを企んでいる。
必殺技バランスが取れており初心者にも扱いやすいが、やや攻め寄りで決定に優れるので、上級者にもお奨め。

ミルルン

うさぎ(のようななにか)。社交的な性格で、トモダチ作りが趣味。強大なドラゴンともトモダチになりたいと思い、に出る。
攻守共にバランスが取れており、安定感は抜群。初心者にお奨め。

シャーマン

マッドマン。どっかの部族の官で、文化圏が異なるためか独特のしゃべり方をする。部族に代々伝わる秘を作るために必要なドラゴンめてに出る。
意外にも攻守のバランスが取れているが、上述の2人とべるとややテクニカルアラジンとはすこぶる相性が悪い

 アラジン

TASさんの持ちキャラ
ランプの精を操る、好奇心旺盛な少年。胸躍る冒険をめている。
ランプの精が使える魔法を駆使して戦うが、さも自分の実であるかのようにしゃあしゃあと振る舞う。さらに人を見たら相手をかまわず口説くなど、なかなか良い度胸をしたガキである。
必殺技は攻撃に優れ、相手に直接干渉する強なものがっている。要するに総じて嫌らしい技が多い。オオカミオトコと並んでリアルファイトの口火を切る二大壊れキャラ

プリンセス

様。ドラゴンにさらわれてしまったを助け出すためにドラゴンす。なぜかプレイヤー選択画面とCPU選択画面とでは印が結構違う。
必殺技は相手のフィールドや行動に影を受けるものが多く、格ゲーでたとえるなら当て身キャラクターといったところか。防御には優れているのだが半面攻撃が非常に低いため、泥仕合になることも。
相手のキャラクタープレイスタイルを見極めて戦う上級者向けキャラクターである。

  • レベル1:ソル
    フィールドの縦3列のブロックを消滅させる(位置は任意)。どんなに高く積まれていようが最下段まで消滅するので防御は高いのだが、くのが縦3列ではその後が消しにくいので他の回復技と較して非常に扱いにくい。さっさともう一つクリスタルを消してもう一度発動することでようやく安定する。
  • レベル2:ミラー
    一定ターンの間、相手が使う技の効果対を逆転させる。つまり相手からすれば攻撃技は自分に返ってきて、回復技は相手にを送るという形になる。
    かなり特殊な技で、他の技と異なり発動時の演出は一切なく、発動時に自分が操作しているテトリミノがパッと消えるだけ。この「こっそり発動させる技」という点がミソで、上手く発動することで効果の継続を悟られない戦略が取られる、プリンセスとなる技である。
  • レベル3:マヒ
    4ターンの間、相手が操作ブロックを回転できなくなる。プリンセスにとっては一の攻撃技。レベル3にしてはややパンチが弱い気もするが、CPUに対して非常に有効な技である(CPUはまず回転させてから横移動をするというプログラムがなされているため、この技で回転ができなくなると横移動も一切しなくなる)
  • レベル4:コピー
    フィールドブロック配置を相手フィールドと同一にする。ファックス逆の仕様の技で、一発逆転というよりもピンチ回避のための技である。レベル4技にも関わらず攻撃に等しく、試合を長期化・泥沼化させる要因となる。

ビット

小人5人組。遊ぶことと踊ることが何よりも大好き。働いてる様子が見られない、要するにおまえら。ドラゴンと楽しいおどりを踊りたいという、ミルルンと似ているようだがめちゃくちゃ軽い動機で冒険に出る。
必殺技は総じてランダム要素が高く、安定しない。演出も思わず笑いを誘うようなものが多く、ネタプレイまたは舐めプ担当のキャラクター

ニンジャ

汚い忍者。傍らにいるカエル人のキョウコが魔法で姿を変えられたもので、彼女の呪いを解くためにドラゴンが持っているというめてに出る。好戦的な性格で、対戦前の掛け合いも相手を挑発するような物が多い。
本作屈オフェンシブキャラクターで、攻撃的な技が非常に多い。そのためなるべく多くクリスタルを横取りして、強な技を仕掛ける戦法が推奨される。汚いなさすが忍者きたない
攻め色が強い分守りが弱いので注意(全キャラ中直接的な回復技を持たないのはニンジャのみ)。

オオカミオトコ

東京下町出身の狼男を携え、三度に股となぜかおさんのような出で立ちで、語尾に「ござる」とつける。専用ステージBGMイントロが「必殺シリーズ」のリスペクト。故郷ののお様がドラゴンにさらわれてしまい、助け出すためにに出る。様さらうのが好きなドラゴンまるでク○パのようだ!
守り寄りだが、全体的にはバランスタイププレイヤーの操作の腕がいいほど高い効果を発揮する技が多い上級者向けキャラクター。後述する必殺技「ヌー」を連発したヌーハメが悪で、本作においてリアルファイトを発生させる筆頭となるチートキャラクター。そのため対人戦においては、を期すためにヌー禁止などの措置を取ることが多いが、ヌーがなくてもそれなりに高い実を備える。

ボスキャラクター

上述の通り、ここまでのキャラクターとの対戦を勝ち進むことで対戦できるボスである。隠しキャラクター扱いだが、裏技を使うことで対戦プレイに限り使うことが可コマンドBBXXAYAY上左(ミルルンハンテンを喰らったつもりでコナミコマンド)を、BPSの後のクレジットで入する。文字くなったら成功。

ドラゴン

離れ(テトリステトリス)のに居を構える、強大な魔を有するモンスター。悪評高いが、実際はそこまで悪人ではない。むしろプレイキャラクターによっては結構悲惨なエンディングを迎えたりするし、実際はなかなかの苦労人のようだ。
必殺技を有するが、ドラゴンというキャラクター像や、ボスキャラという立場の割には大人しめ。

 グランプリンセス

ドラゴンを破ると登場する、本作のラスボススペルはおそらく「grand princess」。ゲーム中では縮めてグラプリと称されている。プリンセス
きわめて高飛車な性格で、ドラゴン彼女ペットである。
必殺技は攻守に優れた万タイプラスボスだけに、図抜けて高い性の技がう。

関連動画

関連商品

テトリスXで本作のキャラクターの一部が流用されているが、ゲーム自体は普通テトリスで本作のシステムは受け継がれていない。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B9%E6%AD%A6%E9%97%98%E5%A4%96%E4%BC%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

テトリス武闘外伝

29 ななしのよっしん
2014/09/21(日) 02:07:53 ID: xbkI5Sw8YQ
今ならもっといいものができるだろうに、復活しないのは勿体無い
30 ななしのよっしん
2014/10/06(月) 16:06:26 ID: DTS5e4f9Ib
小さい頃うちにあった
その時はルールもよくわからずにやってたけど面かったなぁ
たしか親が最後まで行ったところを横で見てたけどグラプリの登場演出がとてもかっこよかったので今度は自分でそこまで行きたい
バーチャルコンソールとかで配信してほしいな
31 ????
2015/01/29(木) 20:27:49 ID: VNkXza97tm
親父が引っり出してきたゲームの中にこれがあった
友人とやってボコボコにしたらそのあと何かをつかんだらしく
こっちがボコボコにされた。
いまではいい思い出
32 ななしのよっしん
2015/03/26(木) 04:25:20 ID: oGrnz1Mvub
今考えてもNEXTブロックを取り合うってのは凄く新なシステムだと思う
ぷよぷよでこのシステム導入したらどういう事になるのか
33 ななしのよっしん
2015/04/08(水) 04:17:05 ID: DBVaZYSNKb
ウエハラ
どこにでもいる、ごくありふれた日本人

レベル1:プッシュウ
フィールドの下の方がブロックが「上」の字の形にえぐられる、あまり便利ではない。

レベル2:ウエブロック
相手フィールドに「上」の形を模したテトリミノを落とせる、実にうざったい。

レベル3:ウエハラノワ
テトリス棒を入れようとすると突如出現する、邪魔なブロック

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
34 ななしのよっしん
2015/04/08(水) 18:16:14 ID: Qx0cp6NoTy
東方武闘外伝ってパロゲーがあったね
35 ななしのよっしん
2015/11/15(日) 10:21:48 ID: 1eEwb8AGOB
なぜか未だにバーチャルコンソール配信とかリメイクとかされない作品
バランスは悪かったけど、かなり新でおもしろかったのに

ヌー禁止をローカルルールで決めるのはもはやお約束
36 ななしのよっしん
2016/04/16(土) 21:35:00 ID: vn0BWRArMY
> テトリスXで本作のキャラクターの一部が流用されているが、ゲーム自体は普通テトリスで本作のシステムは受け継がれていない。
4人対戦で好きな相手に自分の消したラインを送り込める(たまに自爆して自分が被る)システムを「普通テトリス」……?
37 ななしのよっしん
2016/08/21(日) 23:59:08 ID: xbkI5Sw8YQ
>>35
SFC以前のテトリスは意欲作だらけだったのに
恐らく某社のせいで未だに出ないのばかりで立たしい
38 ななしのよっしん
2016/10/07(金) 01:44:22 ID: Zdjlz67ZFy
某社が何かは知らんけどBPSが潰れてて版権が宙に浮いてるからでしょ

急上昇ワード