テュール単語

テュール

テュールティーウツィーウ、またはティTyr, Tiw, Ziu, Tiu)とは、北欧神話戦争会議勇気と誓い天空である。

概要

ギリシャゼウスローマユーピテルインドのディヤウス・ピターと同じ起である(*dyeus-ph₂têr、煌く)から、元々テュールは最高のおよび天空と考えられていた。

現存の資料では、テュールは軍となっている。
ルーン文字のTも彼の代表文字であり、北欧社会伝統習俗で、テュールの文字に刻まれたなら、必ず勝利を手に入れられると言われた。
また、伝説ではテュールのを手に入れることができれば、確実に勝利を掴むことができるとされている。

から降格した原因は、2世紀後半以降にしい戦乱の時代で、フレイトールオーディンへの信仰が台頭し、テュールの最高としての地位が次々に奪われた。

ちなみに現存する彼と関係する神話は、フェンリルの捕縛に関する物語、及びラグナロクにおける地獄番犬ガルムと相討ちになった事のみである。なお、火曜日を意味する英語であるTuesdayも「テュールの日(Tyr's Day)」の意味からきている。

ではないためか、その他北欧神話々にべて神話資料が少なく、アニメコミックゲームなどでの出番は少ない以下の作品に登場する。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

テュール

1 ななしのよっしん
2011/09/23(金) 13:52:07 ID: NWdcPcp5B+
他人任せで揚げ足取りみたいな書き込みですみませんが、
るの
」で良いです。
>現存の史料より、テュールは既に軍となった
「現存の史料では、テュールは軍となっている」の方が自然です。
勝利が絶対に手に入れた
伝承なので、「勝利が絶対に手に入れられるとされた」とした方が適切だと思います。
>絶対に勝利を掴まった
上と同様に伝承なので、「絶対に勝利を掴むことができるとされた」が良いのではないかと思います。
より降の原因
から降格した原因」の方が自然です。
>最高の地位が次々奪えた。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2 削除しました
削除しました ID: 7/q5LNR5tZ
削除しました
3 ななしのよっしん
2011/10/31(月) 20:54:22 ID: NWdcPcp5B+
アニメとかで「テュール」の名を冠する人はあまり思い当たりませんよね。
敢えて挙げるなら家庭教師ヒットマンREBORNテュールぐらいですか。
あと、遊戯王カードに二種類(「極テュール」、「Tyr,the Vanquishing Warlord」)あるらしいです。

>>2
初版作成者が台湾の人なので、機械翻訳でも仕方ないといえば仕方ないわけですが。
4 ななしのよっしん
2013/09/03(火) 14:21:11 ID: Ff80k7Chgc
すごい今更ながら、チュールの出る物語なら・々の宴会ビールを造るための大を借りるために実家に帰る「ヒュミルの歌」、・ロキに罵られるの一柱として「ロキの口論」がありますよ。 もし編集可な方が見られましたら追加していただけるとうれしいです。
5 ななしのよっしん
2013/12/18(水) 15:12:22 ID: S00lkNzMf0
テュールと言えばヴァルキリープロファイルにもけっこう良い上として出てきた記憶が・・・
6 ななしのよっしん
2015/02/14(土) 22:40:15 ID: ZTL9butXQy
北欧神話ネタ小説でもまず出てこないからなあ。
小説家になろうの、「24時間戦う人たち」では大物として出てきたけど他には見た覚えがない
7 ななしのよっしん
2015/09/28(月) 00:03:30 ID: 1nIFazCbE6
『ヒュミルの歌』って話だとしくトールコンビを組むのだが、ぶっちゃけ親父にデカイがある」という情報提供以外全部トールが活躍するという出番のなさがよく分かるのがあったなw
8 ななしのよっしん
2017/03/30(木) 01:29:08 ID: 1nIFazCbE6
ふと気がついたんだが、ヒュミルの子ならテュールロキ同様に巨人族の出自になるのか?
(「母親巨人族からに来た」のはアースガルドではオーディン筆頭にそうでない方が少数だが、系が非アース出自なのはちょっとしい。)

やっぱり他の神話から後の方で合流したので外様っぽい説明になったのかな?
9 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 00:44:34 ID: 1nIFazCbE6
ちなみにテュールの名前をしく使った創作作品だとH.A. Guerberという人の『テュールTyr's Sword)』のがある。
「持ちを与えるが最終的に殺す」という物騒な魔剣で、ローマ四皇の年にあった内戦にこれを絡めて、史実の記録だとなぜガルバ皇帝から離反したのかわからない(信頼される人だった)ウェテリウスという高地ゲルマニア総督の変の原因をこれとしている。
ウェテリウスは赴任先でテュールを手にしてそのに見せられ挙兵、だが途中で(=)を失いそれが元で死ぬ…

急上昇ワード

2019/08/22(木)13時更新