テレキャスター単語

テレキャスター

テレキャスター(Telecaster)とは、フェンダー社より販売されているエレクトリック・ギターである。

概要

1949年プロトタイプエスクワイア」の発表を経て1950年に発売。当初の商標は「ブロードキャスター」(Broadcaster)であったが同名製品を抱えるグレッチ社から抗議を受けた末に「テレキャスター」に変更された。ボディに洞のソリッドボディのエレキギターとしては世界で初めて量産されたモデルである。発表された当初は「っきれ」「カヌーのパドル」等と呼ばれたが、ソリッドボディによる今までにい音色や取り回しの良さから一気に人気機種となった。

テレキャスターはソリッドボディの他にもボルトオンのデタッチャブルネック、ボディを貫く形で固定される弦、メイプルワンピースネック、片側6連のチューニング・ペグ等それまでのギターとはかけ離れた特徴を持つ。これは開発者のレオフェンダーがビグスビーがマールトラヴィスのために制作したギターアイディアを流用して完成させたものとされている。そのため、ビグスビーの前でフェンダーの話をすることはタブーとされていた。

世界初の量産モデルでありながらブリッジプレートにマウントされたピックアップの特徴的な音色は現在でも二と言える物であり、基本モデルは幾度かの細かい仕様変更が行われたものの現在までほぼ変わらない仕様で販売されている。エレクトリックギターが用いられる音楽の中で専らフルアコースティックが用いられるジャズ以外のほぼ全てで使用者がいると言っても過言ではないが、カントリーミュージックはテレキャスターの独壇場とも言える特徴的な用途である。一方で時代の変遷とともにめられてきた様々なサウンドに呼応するため「カスタム(Custom)」「シンライン(Thinline)」「デラックス(Deluxe)」 など伝統的な仕様とは異なるモデルも販売され、それぞれが定着しているのも特徴である。

シンプルな構成故に様々な奏法が工夫され、そうした技術を極めた人物は「テレマスター(the Telemaster)」と呼ばれる。後にも先にもこんな称号があるのはテレキャスターだけである。

特別モデル

1968~69年には当時のサイケデリック・ムーブメントの影ピンク・ペイズリーとブルー・フラワーの壁紙が貼られて仕上げられたテレキャスターが発表された。ピンク・ペイズリーのモデルジェームズバートンエルヴィス・プレスリーステージで使用したことがきっかけで有名になった。当初、フェンダー社から同ギターを供与されたバートンはあまりに手な見たに使用をしたが、楽屋でそのギターを見たエルヴィスが気に入り「毎晩そのギター演奏してくれよ」と言ったことから以降用することとなった。

1969年ザ・ビートルズジョージ・ハリスンオールローズ・テレキャスターが供与され、同年の「ゲットバックセッション」及びグループ最後のライブパフォーマンスである「ルーフ・トップコンサート」で使用され在籍時末期メインギターとして記憶されている。

このオールローズ・テレキャスターとは通常はに使用されるローズウッドでボディとネックを成形しているモデルである。ネックローズワンピースネック、ボディはローズウッドを横に似分割され、間にメイプルの薄いが貼り合わされている(ローズウッド同士の接着が困難なため)。ヘッドデカールは当時、テレキャスターはモダンロゴが貼られていたが、色のローズヘッドではロゴ立たないため、プレシジョンベース用のデカールを切り取って貼られていた。当時はシルバーデカールだったが、経年変化でローズの油が染み出し、色に変色した個体が多い。

このオールローズ・テレキャスターは当然「ミスター・テレキャスター」と呼ばれるジェームズバートンにも供与されたが、ジェームズは重くて音も気に入らないと断ってしまった。楽屋で見たエルヴィスは作りの良さに感心したが、ジェームズが手渡すとあまりの重さに驚愕したという。同ギターを宣伝したいフェンダーは「エルヴィスに進呈する」と申し出たが、エルヴィスもこれを断った。

仕様の変遷

仕様変更は基本的に他のフェンダー社製品に準ずる。ただし回路とブリッジについては大きな変更がある。

ブリッジ

伝統的なテレキャスターのブリッジは2本の弦が1つのサドルに乗る3wayという方式である。そのため、正確なオクターブチューニングは出来ない(ほとんど違和感がない程度までは調整可である)。ロイ・ブキャナン等は微妙に弦をチョーキングすることで音の狂いを修正していた。

1983年より6wayブリッジが標準仕様となり、ブリッジプレートはサイドエッジい物となっている。

回路

2回の大きな変更があり、現在仕様となったのは1967年からである。当時にも現在仕様と同じ回路に改造するミュージシャンは存在したようだがこの時代の曲をコピーする際は注意が必要である。

ヴィンテージシリーズなどは当時の回路を再現し、現在の回路に改造するキットが付属していた。2012年からは逆に、現在の一般的な回路が標準仕様となりヴィンテージ使用に改造するキットが付属している。

以下、各時代の回路による音色バリエーションを示す。

ポジション ~1952 1952~67*1 1967~現在
ネック リズムPU (Bass Tone)*2 リズムPU (Bass Tone) リズムPU
センター リズムPU リズムPU リズムPU+リードPU
ブリッジ リードPU (ToneノブがRとのブレンド) リードPU リードPU

*1 センターブリッジの間のポジションミックストーン
*2 高域が大幅にカットされたプリセットトーン

改造

そのパーツの組み上げ方式からフェンダー社製のギターパーツ交換・改造が容易であり、テレキャスターも改造を施し使用する者が多いモデルである。

出荷時に搭載されているシングルコイルピックアップは低出であるため、パワーアップを狙いアルバートコリンズ、ロビー・ロバートソン、キース・リチャーズらはフロントを、ジェフ・ベックは両方をハムバッカーピックアップに交換している。コーネル・デュプリーはミドル・ポジションにグレッチ・デュアルモンド・ピックアップを増設し音色のバリエーションを増す改造を施していた。

クラレンス・ホワイトカントリーで多用されるペダル・スチールに似せた効果を得るためにザ・バーズの僚友ジーンパーソンズとともにボディ裏側を大きくザグって搭載するB-ストリングベンダーを開発、使用していた。 

著名な使用者

関連動画

3大ギタリスト (Clapton, Beck, Page)

UK Rock

US Rock

Soul/R&B

Country

Blues

Punk/Pub

関連商品

50's Model Reissue

関連コミュニティー

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

テレキャスター

27 ななしのよっしん
2011/01/16(日) 19:28:56 ID: g03qUT40VQ
布袋にフェンダーイメージいわ
28 ななしのよっしん
2011/01/26(水) 20:18:09 ID: c1hG7xq7mc
ジミー・ペイジも忘れたらいかん
レスポールの方がイメージ強いけど
29 ななしのよっしん
2011/03/21(月) 23:39:06 ID: ts1ktFHxQD
天国への階段はテレキャスだしな
ステージ映えしてテレキャスに音が似てるからレスポール使ってたらしいし
30 ななしのよっしん
2012/01/09(月) 14:48:28 ID: F1W7y9hN/c
ボリュームを70位にしたときの狂ったような高音がたまらん
31 ななしのよっしん
2013/01/02(水) 17:20:51 ID: WyVuifaCJQ
テレキャスの便座あったら売れるんじゃね?

とか思ったが既に製品化されてた
32 ななしのよっしん
2013/05/10(金) 23:14:43 ID: FSs2ipQUyx
New American Vintageシリーズ弾いてみたけど、これはすごくいいものだよ。
カスタムショップチーム・ビルドにも劣らない、素晴らしいギターだったよ。
33 ななしのよっしん
2014/01/13(月) 16:31:22 ID: 2eMTd8cWae
テレ使って長いけど今日初めて知った・・・エスワイヤーなんだ・・・エクスワイヤーじゃないんだ・・・
34 ななしのよっしん
2014/02/05(水) 14:29:23 ID: K5UFu0tLOn
テレキャスターってなんでこんなかっこいいんだろう
冷静に見てピックガードの形やボディシェイプはどう見てもダサいのに、全体で見るとすごくかっこいいのが不思議
もしくはそのダサさこそがかっこいいのか
35 ななしのよっしん
2014/05/10(土) 16:32:32 ID: 2eMTd8cWae
シンプル。ただただシンプル
36 ななしのよっしん
2016/02/07(日) 14:50:31 ID: Ip9vcJB8Bt
単体だとダサいのに人が持つとかっこいい不思議な楽器

急上昇ワード