テンパイ単語

テンパイ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

曖昧さ回避

  1. 聴牌……麻雀の一種である。本項で解説。
  2. ゲーム実況プレイヤーアイガの項を参照のこと。
  3. JRAに所属していた競走馬1998年プロキオンステークス(G3)を勝利している。

概要

聴牌(テンパイ)とは、麻雀において有効が来れば和了となる状況のことである。要するに、この状態で有効ツモってくることが出来れば、ツモ和了となり、他のプレイヤーが打したが有効であればロン和了となる。対義不聴ノーテン)

どう足掻いても麻雀では聴牌に到達することが出来なければ和了出来ないわけだから、如何にはやく聴牌に到達出来るか、というのは麻雀の対局の肝でもある。

この聴牌に到達するまでに必要な有効の枚数を用いて○向聴シャンテン)と言われることもあり、あと1枚有効が来れば聴牌の状況は一向聴(イーシャンテン)と呼ばれる。

門前で聴牌をすれば、リーチを宣言することが出来る。また、荒流局時に聴牌しているプレイヤーは不聴のプレイヤーから不聴罰符(ノーテンバップ)を受け取ることが出来る。

また、現実世界で切羽詰まった様子のことを「テンパ」というが、これは麻雀の聴牌より来ている言葉である。和了が近づく→焦ってしまうという生であると考えられる。

聴牌に関する言葉

黙聴

ダマテン。闇聴(ヤミテン)と呼ばれることもある。

門前で聴牌してもリーチを宣言しないことをす。副露している場合は、そもそもリーチを宣言できないので、黙聴という言葉を用いることはない。

形式聴牌

ケイシキテンパイ。形聴(ケイテン)と略されることもある。

聴牌をしているものの、役が存在しないことから和了出来ない聴牌のことをす。門前であれば門前清模和で和了出来るし、その他の偶発役で和了出来る場合があるため、必ずしも形式聴牌だと和了出来ないというわけではない。

但し、形式聴牌を聴牌と見做さないルールもある。

空聴

ラテン。純ジュンカラ)と言われることも。形式聴牌と似ているものの、和了出来る状況であるが、既に有効が全て場に見えて(ドラ表示副露、捨て)和了出来る可性がない聴牌である。ちなみに自分で有効を潰している(下の例を参考)場合もありえる。

例:2s2s2s2s4s4s4s4s発発牌裏3s3s牌裏(待ち3s

基本的にはこれも聴牌であるが、有効を自分で使い切っている場合には聴牌と認められないルールもある。

振聴

フリテン麻雀では以下の条件を満たす場合には振聴となる。振聴は聴牌ではあるが、ロン和了は出来ない聴牌である。

  1. 自分の和了を自分自身が捨てている時
  2. 自分の和了が捨てられてから、次の自分のツモ番までの間
  3. リーチを宣言した後に自分の和了が捨てられた後

気をつけたいのはここでいう和了というのは実際に和了可とは限らないという点である。

例:2m3m4m2p3p5p5p6s7s8s y3s2s4s 待ち1p4p

この場合、待ち1p4pであるが、1pの場合は役がないため、和了出来ない。ところが、上の1,2のケースでいう「和了」というのは実際に和了が可かどうかを含まない。よって1pを自分が捨てていたり、かがすてた直後に4pが打された場合であっても和了が出来ない。

2のケースについては次の自分のツモ番の後に打されればロン出来る。

振聴は聴牌として認められるケースが一般的だが、振聴立直を認めない、というルールの場合は1の条件を満たした状態でリーチしたり、3の条件を満たしてしまう(即ち和了を見逃す)と錯和になる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

テンパイ

1 ななしのよっしん
2013/02/08(金) 09:24:57 ID: gsGvCC41Xz
ひとまず聴牌はしたけど役がなかったり和了が売り切れてたりして和了れない場合を形式聴牌(通称ケイテン)といいます。
ルールによっては、この状態を聴牌とみなさない場合もあるので要注意です。
2 ななしのよっしん
2013/02/24(日) 22:32:55 ID: 5Vu3xeqT4l
ゲームだと罰符を回避するためにケイテンにするのはよくあるな
3 ななしのよっしん
2014/03/09(日) 20:15:58 ID: shBzaa7/qp
テンパってるっていう言葉はやっぱりここから来てるのかな
かなりニュアンスが違っててムズムズするんだが
4 ななしのよっしん
2015/11/16(月) 10:18:34 ID: osqg76uXiA
>>3
高い手をってるはやっぱり明らかな危険でも押したりすることがあるわけで
だから普通じゃやらないような奇行を冒すのは「あいつはテンパってるからだ」、と
こんな感じで生まれたんじゃないかな
5 ななしのよっしん
2016/07/12(火) 17:11:01 ID: 9TZ6hw0+0N
不幸の厄満がテンパってていつ放するかわからない状態なんじゃないか?
昔は釣り糸のテンションりきれてて切れそうって意味かと思ってた
6 ななしのよっしん
2016/12/14(水) 17:12:56 ID: shBzaa7/qp
>>3-4
似たような意味の temper という英単があって
どちらが元か決着がつかないらしい
7 ななしのよっしん
2018/09/08(土) 15:05:19 ID: j7IC13YjDt
聴牌の定義は
A 1枚加えればアガリになる状態
B 1枚捨てて、1枚加えればアガリになる状態
の2通りがあるね。

子が存在しないとすれば、Aの場合は13枚、Bの場合は14枚。

何切る」問題でよくある「東をツモってテンパイした。何を切る?」という使われ方は、Bの用法。

急上昇ワード